2014/04/06

ナヌムの家、人権センター作ったり記念公園作ったり

着工式 (2014.2.28)

ナヌムの家絡みのニュースを二点。まず2月のニュース。ナヌムの家が「人権」と「平和」を訴える人権センターを建設中という話。また日本からも多額のお金が寄付されるのだろうか?

「慰安婦被害者人権センター」建設 年末完工=韓国

旧日本軍の慰安婦だった女性が共同生活を送るソウル近郊の「ナヌムの家」(京畿道広州市)が28日、人権保護と平和の大切さを伝える施設「日本軍慰安婦被害者人権センター」の工事を開始した。

同センターは地上3階延べ面積450平方メートルで、今年末の完成を目指す。企画展示室や資料室、セミナー室などが設けられる。

総事業費は5億ウォン(約4800万円)。募金を呼び掛け、約4000人から計3億ウォンを集めた。引き続き募金を行う計画だという。


アイディアマン、ソ・ギョンドク教授
その才能を良い事に使えば・・・

こちらは、ナヌムの家の周辺に記念公園を作るというニュース。このアイディアは、反日愛国商売人ソ・ギョンドク教授から出たものらしい。彼は現在、ニューヨークにあるホロコースト記念館に慰安婦問題を売り込むのにも一枚噛んでいるらしい。あの話か?

慰安婦ハルモニ、ナムヌの家に「追慕公園」作る

日本軍慰安婦ハルモニが居住する京畿広州市退村面のナムヌの家に「追慕公園」が入る。

4日、ナムヌの家などによれば、3月に追慕公園設立のための実態調査を終え、今の歴史館の周辺に300坪規模の公園の設計に着手した。

設計と施工は㈱ガドギエンジとカンマで才能寄付することにしたし、8月15日の光復節に合わせて開園する予定。

追慕公園設立を企画した人はウォールストリートジャーナルなどに日本軍慰安婦広告を掲載してきた韓国広報専門家ソ・ギョンドク誠信女子大教授だ。

ソ教授は「アメリカやドイツ・オランダなどホロコースト記念館に訪問してナムヌの家に最も必要なのが追慕公園だと判断した」としながら「亡くなったおばあさんの魂を賛えて市民と外国人観光客に休息・文化空間を提供してさらに多くの人々がここに探すようにすることが目標」と伝えた。

追慕公園設立と共にナムヌの家人権センターが来年に完工する。 市民4000人余りが寄付した3億ウォンで建設中で、2億ウォンの追加建設費も国民寄付で用意する計画。

ソ教授は現在のニューヨークにあるホロコーストセンター常設日本軍慰安婦展示館を設置してニューヨークタイムズに日本軍慰安婦広告を掲載する方案を推進中だ。 また、今年の下半期にリリースする慰安婦関連ミュージカル「꽃신」の製作も援助している。

NEWSis 2014.4.4


日 위안부 할머니 나눔의 집에 '추모공원' 짓는다

변해정 기자 = 일본군 위안부 할머니들이 거주하는 경기 광주시 퇴촌면의 나눔의 집에 '추모공원'이 들어선다.

4일 나눔의 집 등에 따르면 지난 3월 추모공원 설립을 위한 실사를 끝내고, 현재 역사관 주변에 300평 규모의 공원 설계에 착수했다.

설계와 시공은 ㈜가덕이엔지와 콤마에서 재능기부하기로 했으며, 오는 8월15일 광복절에 맞춰 개소할 예정이다.

추모공원 설립을 기획한 사람은 월스트리트저널 등에 일본군 위안부 광고를 게재해 온 한국 홍보 전문가 서경덕 성신여대 교수다.

서 교수는 "미국·독일·네덜란드 등 홀로코스트 기념관에 방문하면서 나눔의 집에 가장 필요한 것이 추모공원이라고 판단했다"면서 "돌아가신 할머니들의 넋을 기리면서 시민과 외국인 관광객에게 휴식·문화공간을 제공해 더 많은 사람들이 이 곳에 찾도록 하는 것이 목표"라고 전했다.

추모공원 설립과 함께 나눔의 집 인권센터가 내년에 완공된다. 시민 4000여명이 기부한 3억원으로 건립 중에 있으며, 2억원의 추가 건립비도 국민 성금으로 마련할 계획이다.

서 교수는 현재 뉴욕 소재 홀로코스트센터에 상설 일본군 위안부 전시관을 설치하고 뉴욕타임스에 일본군 위안부 광고를 게재하는 방안을 추진 중이다. 또 올 하반기에 선보일 위안부 관련 뮤지컬 '꽃신'의 제작도 돕고 있다.

0 件のコメント:

コメントを投稿