2014/04/29

[メモ]


和田春樹。秦郁彦からは、アジア女性基金に巣食うシロアリと呼ばれた男。パク・ユハからは良心的日本人と呼ばれる男・・・。それにしても「河野談話の発表から続く歩み」とは何だろう?負の連鎖のことか?

和田春樹氏「市民団体が慰安婦問題解決の先頭に立つべき」

和田春樹東京大名誉教授は29日、ソウル市内のプレスセンターで市民団体「東アジアの未来を考える人々」が開催したシンポジウムに出席し、慰安婦被害者や韓日両国の市民団体、また外交当局が合意できる解決案を出せば、韓日首脳も合意できると主張した。

 和田氏は、安倍首相が旧日本軍による慰安婦問題に対し肯定的な返事をする意向がないと指摘した上で、市民団体などからの慰安婦問題解決に向けた解決案提示の重要性を説いた

 また、日本政府が謝罪の意を示すために「アジア女性基金」を設立し、補償事業を始めたが、責任者の処罰と賠償を要求する韓国の民間団体「韓国挺身隊問題対策協議会」によって拒否されたと説明した。

 さらに日本で河野談話を再検討しようという議論が公然と行われていると紹介した上で、それが1993年の河野談話の発表から続く歩みに逆らうと評した。

4 件のコメント:

  1. 解決へ「第三の声」を=慰安婦問題でシンポ-韓国
    2014/04/29-19:57
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014042900468
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014042901002155.html
    日本のメディアは朴裕河教授の話を中心にしたようですね。

    返信削除
    返信
    1. 記事を追加します。ありがとうございます。
      挺対協の立場が微妙になってきましたね。

      削除
  2. 従軍慰安婦巡り「一線を画した議論」
    4月30日 4時12分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140430/k10014114661000.html

    返信削除
    返信
    1. 参加した方のツイートによると、日本のマスコミが伝えないような発言もあったようですね。

      削除