2015/12/26

アン・セホン ニコンに勝訴

「私は検閲されている」
世界中に支援を訴えたアン

自分はアン・セホンという人物に対してあまり好感を持てないのだが、判決は妥当だと思う。日本の司法は公平だった。日本人や日本の司法に守られて、今後も彼は日本で政治活動を続けて行くだろう。自国の(慰安婦)問題には口を閉ざしたまま。彼には、パク・ユハ教授が在宅起訴されたことについても、コメントしてもらいたいところである。

慰安婦展拒否で賠償命令=韓国人写真家、ニコンに勝訴—東京地裁

旧日本軍の従軍慰安婦をテーマにした写真展開催をめぐり、展示施設を運営するニコンから協力を拒否され損害を受けたとして、韓国人写真家安世鴻さん(44)=名古屋市=が同社側に約1400万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であった。谷口園恵裁判長は「ニコンの対応に正当な理由はなく、不法行為に当たる」と述べ、110万円の支払いを命じた。

谷口裁判長は、ニコンが写真展への抗議や非難を理由に中止を即断したことについて、「関係者に危害が加えられる現実の危険が生じていたとは認められない」と指摘。ニコンは安さんと協議して警察に支援を要請するなどの努力を尽くすべきで、「一方的に開催を拒否したのは正当化できない」と結論付けた。

安さんは判決後に記者会見し、「表現の場の重要性を認めてくれた」と笑顔を見せた。 

時事 2015.12.26[2]

1 件のコメント:

  1. 外国の方の政治活動を認める司法はどこまで許されるのですかね
    GHQ配下の日弁連も併せ反日、反米は憂慮出来ないとこまできてる
    日米同盟強化連携にこれも含むわけで。

    返信削除