2015/12/28

[資料] 間もなく共同記者会見 挺対協の主張


間もなく共同記者会見が始まるというので、コメントはせず、これは素のまま出すことにした。日本には挺対協のシンパグループが幾つか存在し、同じ物を拡散している。今現在の挺対協の言い草である。

[挺対協報道資料] 12.28日韓外相会談に向けて

「平和の碑」の撤去といった前提条件付きで日本軍「慰安婦」問題を解決することは不可能です。

光復70周年をこのまま終えるのが惜しいのだろうか。安倍首相が2015年もあと数日という今、世論づくりの主人公として踊り出た。
いつもそうだった。緊急で重要な外交問題を、メディアを通して暴露し、世論はこれに踊らされ惑わされてきた。その波紋は、あたかも真実であるかのように、直ちに歴史を変えるかのように、世の中を騒がせた。過ぎて見れば結局何らの進展もなく、内容のないパフォーマンスに過ぎなかった。その中で、被害者たちは「今度は本当に可能性があるのか?」と期待し、「やっぱりダメなのね」と天国と地獄を行き来する。このような日本政府を見て「まるで私たちをからかっているみたい」と言う。
この度の事態は、安倍晋三首相が25日、岸田外相に「慰安婦」問題妥結のため年内に韓国を訪問するよう電撃的に指示したという日本のある放送局の報道から始まった。韓国メディアも一斉に日本発のニュースを報道し始めた。外交の相手国である韓国政府との間でやりとりされている重要で緊急な外交議題を、このようにメディアを通して流し、世論づくりをして日本政府の立場を固めようとする下心が実に見苦しい。そして、そのように騒々しく登場した「年内妥結」努力の中身は空疎としか言いようがない。
日本のメディア報道によると、安倍首相が責任をとるという解決の中身は「被害者支援のためのアジア女性基金のフォローアップ事業を拡大して1億円規模の基金を創設することと、安倍首相の謝罪の手紙」だという。これでは10年前、日本政府が法的責任を否定して掲げた「補償に代わる措置」としてのアジア女性平和国民基金のやり方と何ら変わらない。アジア女性基金は、被害者の反対にあって既に失敗した日本政府の政策だった。
私たちは、緊急に開かれる2015年最後の日韓外相会談では真に日本軍「慰安婦」問題解決のための正しい協議がおこなわれるよう願い、以下のように明らかにする。

1. 解決の内容に何が盛り込まれるべきか。

すでに私たちは何度も日本政府と韓国政府に要求している。2014年、東京で開催された第12回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議で採択された提言で、また2015年にソウルで開かれた第13回アジア連帯会議の決議で求めた内容だ。
第一に、日本軍「慰安婦」問題解決のために日本政府は、①日本政府および軍が軍の施設として「慰安所」を立案・設置し管理・統制したこと、②女性たちが本人たちの意に反して「慰安婦・性奴隷」にされ、「慰安所」等において強制的な状況の下におかれたこと、③日本軍の性暴力に遭った植民地、占領地、日本の女性たちの被害にはそれぞれに異なる態様があり、かつ被害が甚大であったこと、そして現在もその被害が続いているということ、④当時の様々な国内法・国際法に違反する重大な人権侵害であったという事実と責任を認めなければならない。
第二に、このような事実認定に基づいて、①翻すことのできない明確で公式な方法で謝罪すること、②謝罪の証として被害者に賠償すること、③真相究明のため、日本政府保有資料の全面公開、国内外でのさらなる資料調査、国内外の被害者および関係者へのヒヤリング、④再発防止措置として義務教育課程の教科書への記述を含む学校教育・社会教育の実施、追悼事業の実施、誤った歴史認識に基づく公人の発言の禁止、および同様の発言への明確で公式な反駁等をおこなうことである。

2.解決に前提条件はありえない。日本政府は責任を尽くさなければならない。

解決の前提条件として「平和の碑」の撤去と「二度と問題を蒸し返さないという約束」を提示していることは、安倍政権が表向きには日本軍「慰安婦」問題の解決を口にしながら、実は日本軍「慰安婦」問題を解決する意思がないのだとしか解釈できない。さらにこれは、仮に日本軍「慰安婦」問題が未解決のまま残された場合に、その責任を被害者側である韓国社会に押しつけるための術策ではないかとさえ思われる。
「平和の碑」は、1992年1月8日に始まった水曜デモが2011年12月14日に1000回を迎えた日に、20年以上も毎週水曜日にその場所で訴えてきたハルモニたちと私たちの歴史を記憶するために建てたものだ。過去の辛い歴史を記憶することを超えて、被害者と市民の1000回もの叫び、20年もの歳月あきらめずに水曜デモをおこなってきた過程を表現したものである。そして、戦争を経験していない若い世代に、生きた歴史教育の場として、人権と平和教育の教室として、被害者の人権擁護活動の象徴として積み重ねてきたその歴史を前向きに評価し、褒め称えて「平和の碑」を建てたのである。ところがこれの撤去を条件とすることは、加害者が被害者の問題解決の歴史を抹消しようとする暴力的な動きであり、新たな障害を作り出すものである。
「二度と問題を蒸し返さないという約束」をしろという前提条件も、加害者側が出してはいけないもので、ありえないことだ。それは、日本政府の正しい責任履行によって実現されることで、韓国政府が前提条件として約束する事柄ではないからである。

3.私たちは、日本軍「慰安婦」問題解決のため、25年間、諦めずに走ってきた。その成果が国連と国際社会の決議採択、日本政府への勧告を引き出し、韓国憲法裁判所の判決を生み出したのだと思う。また、このような圧力によって、日韓政府が日本軍「慰安婦」問題を外交議題として議論するようになったのだと思っている。12月28日に予定されている日韓外相会談は、25年もの間努力してきた、このような被害者たちの活動とアジアの被害国の女性たち、そして国際社会の努力が実を結ぶような形で結果が引き出されなければならない。万が一にも懸念される、外交辞令でお茶を濁すような解決ではなく、被害者が心から納得できる、受け入れることのできる、速やかで正しい解決を願う。

※金福童ハルモニの立場
「安倍が謝罪の手紙を出して、10億ウォンで解決するって? そんなことで解決はできないよ。こっそり、誰も分からないように手紙を出しておいて、後でまたそんなことしてないって言うつもりじゃないの? 記者をみんな集めて、その記者たちの前で宣言しなきゃ。日本が、安倍の時代にやったことではないけど、祖先たちが私たちに悪いことをしたってこと、戦場に私たちを連れて行って、あんな凄惨な状況で軍人たちにされたこと、申し訳なかったって、許して欲しいって言わなきゃ。それも、一人でやるんじゃなくて、日本政府の公式的な立場でやらなきゃ。それから10億ウォン、私たちがお金が欲しくてこんなに長い間こうしてきたと思ってるのかね? 私たちも、今では韓国政府が生活支援金もくれるし、民間団体でこうして面倒もみてくれてるんだから、お金がなくて言ってるわけじゃないじゃない。法的に賠償しろってことなんだよ。それは、犯罪国家として、罪をおかしたということを認めろってことよ。そうじやないですか? それから少女像を撤去しろってことだけど、それと問題を解決するのとは関係のない、全く別のことだと思うんだけど、どうしてやたらと少女像をなくせって言うのか分からないね。私たちの国に私たちが建てたのに、どうして日本がああしろこうしろって指図するの? 少女像は私たちの過去の歴史、過去にああいう辛いことがあったってことを、後生に伝えて二度と同じようなことがないように、歴史の勉強をさせる目的で建てたのに、なぜ歴史を消せ、なくせって言うのか分からない」

2015年12月26日
韓国挺身隊問題対策協議会共同代表
ユン・ミヒャン、ハン・グギョム、キム・ソンシル

8 件のコメント:

  1. あ~あ、情けない。最後までタカられてATMをやっちゃいましたね。
    安倍さん、何が日本を取り戻す、だよ。
    ごまめの歯軋りをしてもしょうがないから、今後、法外なカネを目の前にぶらさげられて、金の亡者と化す婆あどもの醜い姿を見るとしよう。幾らカネがあっても、あの世までは持っていけないんだよ。

    返信削除
  2. まさに河野談話の延長(誤読されないようにはなっているだろうけど)、アジア女性基金のフォローアップといった感じですね。
    何か新しいことを追認したわけでもなく、10億払って言質を得たというわけでしょうか。

    しかし、某掲示板はネトウヨ層?を中心に沸騰しておりますね。
    「朝日が捏造を認めた!」で止まってる人は、謝罪の言葉ですら許せないようです。

    返信削除
  3. これで終わるのか始まるのかわかりませんが。

    多分日本の大きな終わりだと思ってます。

    これで日本は嫌韓確定。

    従軍慰安婦問題が出始めた頃に、類似の事例がないか、日本政府は調べるべきだったんです。
    そしてどの国も黙っている。なぜ黙っているかといえば、こうした問題で罪を犯した兵、体を犯された女性の双方がどの国にも存在しているからです。

    前にも書いた気がしますが、昔は慰安婦問題を皮切りに「性と戦争」の問題が日本での被害者への補償へつながるかなと思ってたけど、そんなはずはなかったんだと最近思い知らされました。

    これで第二次大戦中の「戦場の性の問題」は日本一国が悪魔化されて終わりでしょう。
    RAAも満州や沖縄の暴虐も知らんふりされて終わり。性にだらしないのは日本、従軍慰安婦をさらって買った日本、というイメージ付けはずっと続くでしょう。

    一方で日本政府が外国の被害者に補償してばかりで日本の国内の被害者に補償しなかったことも、知られ出しました。

    これってナチスが出来たきっかけの一つですよね…。法外な賠償ふっかけられて、悪魔的イメージダウン一方的にさせられて。
    その結果ドイツはWW1以上に、本当の悪魔になってしまったわけですが。

    laughing Salesmanさんみたいにどんと構えていたいけど、ひょっとしたらアメリカ政府中枢は韓国中国に騙されてるんじゃなくて、意図的に慰安婦の真相を知りつつ、各州での慰安婦像設立運動を野放しにしたんじゃないかという仮説も立ちます。(各州の現場では日本軍慰安婦に限らない同時期の問題に関しては詳しく知らないのではと私も思ってます)

    日本を見捨てるためか、それとも日本を苛立たせて中国と戦わせて介入、いざとなったら日本が全て悪いというイメージダウンのために。

    我ながら妄想と思いたいですが。

    返信削除
    返信
    1. ちょっとネガティブ過ぎるのでポジティブな見方を。
      私は、女郎の身の上話に最後まで向き合った日本こそ、
      戦時性暴力に背を向ける世界各国に対して、謝罪を促す権利を得たと考えます。

      今回の合意は誤った言説へ反論することを封殺するものではないのですから、日本を悪魔化する勢力に対しては今までどおり反論していけばいいのです。

      あと、嫌韓感情は高止まりのままでしょうね。
      殴ってこないという理由で人を好きになることは出来ませんから。

      削除
    2. 私もポジティブな見解を。

      今回の外相訪韓の背景に、アメリカの意向があったことは間違いないと思います。共同記者会見の直前に「合意なら米国政府は歓迎する」という報道がありましたからね。「合意しろ。さもなくば敵とみなす」と脅しをかけたも等しいと思います。誰を脅したかって、当然、韓国です。

      10億円は手切れ金でしょう。日本人としては、いまいましい限りですが、3-4階の建物ひとつ作れば終りになる額です。それでも欲張り婆あどもの分断工作には充分な金額です。受け取るべきでない派と受け取りたい派に分かれるでしょうね。

      日本がカネをむしられている被害者に見える効果も大きい。あまりにも、あからさまですからね。スワ、次は米軍慰安婦が訴えてくるのか、とアメリカ人はきっと冷や汗を掻いていますよ。

      ひょっとすると、アメリカにはもう、慰安婦碑は立たないかもしれません。これだけ騒ぎ立て、日本からカネをむしりとって、まだやるのか、という声は大きくなると思いますよ。

      それから、これが大きいですが、少なくとも今後数年間、外交の場でのパククネのイガン汁を封じることになります。そうなると慰安婦問題は完全に学術論争の範囲に収まってしまう。学術論争の範囲に収まっているうちに、これまで反論の提示をネグってきた相手、例えばクマラスワミ報告に反撃できる。

      削除
    3. >layman様
      >laughing Salesman様

      お返事ありがとうございます。まとめレスで失礼します。

      ふた晩たってみれば、日韓共に評価が割れているようで、逆に言えば日本側の大損ということもなかったのかなと思います。

      私は特に運動していないからいいのですが、海外で慰安婦像反対運動に関わる人のブログでは「見捨てられたのか」という人もいらっしゃいますが、まだ様子を見ようという意見もコメント欄に出てきています。

      蒸し返さない範囲が、学術的な再検討などにも及ぶのではとも不安になりますが、逆に素人の方で下手に動くと韓国側有利になってしまいますね。

      やはり気になるのは台湾・中国の動きですね……どうなるのか。

      ところ前便でRAAや米軍慰安婦の問題を書きましたが、これをアメリカに認めて謝罪して欲しいかどうかは私個人としても微妙なところです。
      今度はアメリカが日本の立場になって、「発展させてやったのは誰のおかげだ」みたいな今の嫌韓な感じをアメリカが日本に対して抱くのはどうかとも思いますし。
      発掘するべき事象ではなかったのかもな……と。

      果たして類似事例が再検討されることがあったとして、それが誰かを幸せにするかどうかはわからないと思うんです。

      いずれにせよ前便は、あまりにネガティブすぎる書き込みだったと思っています。

      おかげさまで浮上できました。 ありがとうございました。

      削除
  4. 「両政府間でこうした事業を着実に実施するという前提で」

    こういう文言が入っていましたね。これは事業が着実に実施されるならば、この合意は有効だという意味でしょうか。つまり挺対協が拒否するなら合意はチャラになると考えることも出来ます。

    国内ではこれでは従軍慰安婦を認めることになるから、許せないという言葉も聞かれます。これを歴史戦と銘打って軍や政府にはまったく責任はなかったのだと、国際的にアピールしている人達にとって、これはかなりの打撃になるでしょう。その観点からすれば、これはとんでもない合意ということになります。

    しかし日本に責任があったことは認め、その上で韓国と和解すべきという勢力にとっては歓迎すべき事でしょうね。

    いずれにせよこの合意を生かすも殺すも挺対協の判断次第ということでしょうか。それぞれに立場によって挺対協に求めることは違ってくるでしょうが、日本にも挺対協のシンパがいて、政府の方針に沿ってこの問題を終わりにしたいのであれば、彼らはこの合意を受け入れるように挺対協に働きかけるべきかも知れませんね。

    返信削除
  5. 挺対協のユン代表の周辺は逮捕された人がいて
    親北は本人も認めているのに、
    今まで当局に逮捕されていないのは
    前から不思議に思っていました。
    まあ、韓国政府はそこまでしないのかな・・

    返信削除