2016/01/23

米シンクタンクでパク・ユハが持論 墓穴を掘ったハルモニ

笑顔の反日家ダデン教授(中央)
孤独な戦い?パク教授(右)

パク・ユハ教授が世界で十指に入るシンクタンクが主催したシンポジウムで自身の慰安婦論を開陳する機会を得たのは、彼女の在宅起訴がキッカケだろう。朝鮮(韓国)人慰安婦は日本の兵隊と同志的関係にあった、少なくとも朝鮮半島においては日本軍による強制徴用は無かった・・・安倍晋三を支持する歴史修正主義者の戯言と信じていたことが韓国人の女性研究者の口から語られるのを聞いて、アメリカの識者は目を回したに違いない。なにしろこの分野の研究では、アメリカは大きく遅れているのである。

訴訟乱発で意に沿わぬ言論を抑圧して来たが、
今回は、墓穴を掘ったか(2014.6

運動家らが「ハルモニ」を利用し、法的手段で意に沿わぬ者の口を封じようとするのはいつも事だが、日本の「良識派」とも親交のあるパク教授を標的にしたことで、事態は思わぬ方向へ。朝日新聞などが英字版(社説)で起訴を批判し、ニューヨーク・タイムズがパク教授の慰安婦論を取り上げ、アメリカのシンクタンクが彼女に注目した。「ハルモニ」たちは、墓穴を掘ったのだ。

とはいえ、アメリカではまだまだ天動説が主流。産経の記事にはないが、アレクシス・ダデンの他にも彼女と一緒に187人声明を主導したジョルダン・サンドや、自国(米軍)の慰安婦利用を知らずか、他国も同じ事をしたなどと言い訳するなと日本に説法した(他にもピンボケ発言あり)マイク・モチヅキも参加している。「米国でこの問題に関心を持っている方は(支援)運動側に関心を持ってきたので、私の議論には批判的なのだろう」というパク教授の言葉は、ダデン教授だけを意識したものではなかったのではないか?

なお、このシンポジウムが開催されることについて、韓国の聨合ニュースは、「討論が日本側に有利な方向へ展開されるのではないか」と懸念を示していた(1月6日)。しかし、パク教授とアメリカの学者では、知識と理解度に差があり過ぎる。ただ一度のシンポジウムでアメリカの蒙を啓くことは不可能だろう。それでも、アメリカにも確実に変化の兆しが・・・。

「帝国の慰安婦」著者がワシントンで講演 「政府の声を唯一とするな」 学術的立場から冷静な議論を

慰安婦問題を扱った書籍「帝国の慰安婦」をめぐり在宅起訴された著者の朴(パク)裕河(ユハ)・韓国世宗大教授が11日、ワシントンのシンクタンクが開いた日韓関係に関するシンポジウムで同問題に関し、「政府の声を唯一の声とせず、ナショナリズムを人々の利益に優先させないことが重要だ」と述べ、学術的立場からの冷静な議論を呼びかけた。

朴氏は、かつて日本が設立したアジア女性基金から60人の元慰安婦が「償い金」を受給したと指摘。韓国人の多くがこうした事実を知らないと述べた。

また、強制的に慰安所に連行されたわけではなく兵士を支援したと証言した元慰安婦の存在を挙げ、「韓国ではメディアが一方向で特定の見方に迎合する傾向にあるため、このような声や見方は韓国人には聞き入れられない」と嘆いた。

その上で、朴氏は昨年12月の慰安婦問題に関する日韓合意を踏まえ、日米韓などの研究者による諮問機関を設けて事実の究明に取り組むことを提案した。

一方、慰安婦問題で日本を糾弾してきた米コネティカット大学のレクシス・ダデン教授は慰安婦問題を「日本による国家的な性奴隷制度」とし、日本政府が韓国政府に慰安婦像の撤去を求めていることを非難した。また、昭和天皇の戦争責任にも言及した。

朴氏はシンポジウム後、記者団に「米国でこの問題に関心を持っている方は(支援)運動側に関心を持ってきたので、私の議論には批判的なのだろう」と指摘。学者同士の議論がより重要になると強調した。

産経 2016.1.12

シンポジウム参加者 
浅野豊美
Wilson Center Fellow

Sung-Yoon Lee
Professor in Korean Studies, Fletcher School, Tufts University

パク・ユハ
Professor, Sejong University

Blair A. Ruble
Vice President for Programs; Director, Urban Sustainability Laboratory; and Senior Advisor, Kennan Institute

Christine Kim
Associate Professor of Asian Studies, Georgetown University

梅森直之
Professor of Political Science, Waseda University

ジョルダン・サンド
Professor of Japanese History, Georgetown University

参考: Japan-South Korea Relations and Prospects for a U.S. Role in Historical Reconciliation in East Asia [2]

10 件のコメント:

  1. 慰安婦問題の韓日合意を討論 来週ワシントンでセミナー
    http://qq4q.biz/qCGu

    >ただ、討論が日本側に有利な方向へ展開されるのではないかという懸念もある。今回のセミナーが、ウッドロー・ウィルソン・センターの研究員として在籍したことのある浅野氏を通じ日本からの財政支援を受けて開かれることが分かったためだ。 

    浅野豊美教授は去年の187人声明の時も良識派の原理主義者達からも批判されてましたな。そんな彼は慰安婦の置かれた厳しい境遇にもきちんと考察した論文を出している。

    雲南・ビルマ最前線におけ慰安婦たち一死者は語る
    http://www.awf.or.jp/pdf/0062_p061_088.pdf

    味方にこそなるのに何故か敵扱い。

    慰安婦問題は原理主義者のみが異論を封殺しながら生き残る修羅の世界か...。

    返信削除
    返信
    1. >187人声明の時も良識派の原理主義者達からも批判されてました

      そんな事があったのですか?知りませんでした。

      論文のURLありがとうございました。

      削除
  2. 元々はこの聯合ニュースの記事がきっかけhttp://qq4q.biz/qD2f。この記事の論調とダデン教授のコメントに対して「187人声明」の翻訳に携わった浅野教授が異議を唱えたところから始まったようですねhttp://qq4q.biz/qD2o。

    少し長いですが参考までにこちらを

    「日本の歴史家を支持する声明」についての覚書&日本の米大学への投資と「孔子学院」 http://togetter.com/li/818306

    日米歴史家、韓国メディアの"変化球"に困惑/なぜ「5月5日の日米声明」をネジ曲げるのかhttp://qq4q.biz/qD2u

    世界の日本研究者ら187名による「日本の歴史家を支持する声明」の背景と狙いhttp://qq4q.biz/qD2G

    アジア女性基金を考え直す/10 在外研究者らの声明http://qq4q.biz/qD2O

    私は英語がサッパリなのでよく分かりませんが,翻訳の仕方からダデン教授の位置づけについて色々ですね。

    いずれにせよ慰安婦問題は英語での発信力がいかに重要かがわかります。日本国内だけで吹き上がってもダメなわけですね。




    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。小山氏が当時ああだこうだ言っていたのは、浅野教授のことでしたね。思い出しました。ありがとうございます。

      削除
  3. パク・ユハ氏は、1990年以降の「慰安婦問題」について、よく観察して次の本を書いたらいい。このシンポジウムが、そのきっかけとなるといい、と期待していますよ。

    「帝国の慰安婦」やシンシアリの「黒韓史」を読んでいて感じることだが、ここ数年、日本で高まっている嫌韓ムードを、パク・ユハもシンシアリも、過少評価しすぎではないのか?

    お花畑反日魔女のダデンはともかく、パク・ユハとシンシアリは、もっと深刻に受け止めたほうがいい。

    対韓民間投資がピーク時の40%減、訪韓日本人観光客がピーク時の30%減などと聞くと、早くも嫌韓ムードの悪影響が出ていると思わざるを得ない。円ウォン・スワップ再開なんて論外というのが一般の風潮じゃないかな。ドル金利も上げに転じているから、韓国経済はキャピタル・フライトの危機にあるし、マジでデフォルトが起きますよ。

    今度は、日本人は沈んでいく韓国経済を、せせら笑って見送ることでしょう。

    返信削除
    返信
    1. 日本の世論は収斂しつつある一方、韓国側は分裂しましたね。

      削除
  4. 山路 敬介2016年1月25日 9:13

    米の歴史学会の主流は、例えば発展段階説を応用したフクヤマの「結果的に世界はリベラルな民主主義に収斂される」という政治的ストーリー性を後生大事に保持しているような気がします。
    歴史に必要以上の積極的な役割を担わせる気負いがあり、慰安婦問題のように原則から逸脱した案件はアプリオリに批判可能な、事実にフタをする態度をも許容するもののようです。

    一方、一般の米国民にとって歴史とは(個々の事実は多様でとりとめのないものなので)「皆が知っている事実」を指すものである、という認識で、大変アバウトです。
    政府は政府で国益第一、その時々のご都合主義で関係国を振り回す。

    これからもこの問題は収拾しそうにありませんね。

    返信削除
    返信
    1. >これからもこの問題は収拾しそうにありませんね。

      政府軍との戦いからゲリラ掃討作戦へ。20年はかかりそうですね。

      削除
  5. 1934年生まれで昨年84歳になります。5歳の時に父が徴用で来日、つまり1939年に朝鮮で徴用されたことになります。

    しかし徴用令は朝鮮半島では適用免除の優遇措置が続き、適用されたのは1944年9月です。1945年3月には制海権を失い輸送手段が無く朝鮮から日本への徴用は終了しています。

    新聞記者は事実を捏造して読者を騙すことに何の躊躇もない人たちのように思えます。罰として、この人たちに滝行でもやらせたい。

    ----神奈川新聞------
    在日高齢者交流会「トラヂの会」の金(キム)芳子(パンジャ)さん(84)は「差別されるのは慣れているが、やっぱり腹が立つ。徴用された父と5歳のころに日本へ来て2代、3代と長い時間がたっているというのに」と嘆いた。

    返信削除