2016/01/15

「最終的解決」に触れない福島瑞穂



福島瑞穂について、以前のエントリーに書いたことを繰り返すことはしないが、彼女は慰安婦騒動の仕掛け人の一人であった。池田信夫の評(リンク先参照)は多少辛すぎるかもしれないが、今回の合意について触れようとしないというのはどうなのか?合意がなった昨年12月の28日から今日に至るまで、この件について触れていない(少なくともツイッターでは)。


12月27日から1月1日分

2 件のコメント:

  1. 山路 敬介2016年1月16日 5:44

    慰安婦問題が政界進出のきっかけであり、ライフワークだったはず。
    論評すらしないのはいかにも不自然。

    返信削除
    返信
    1. 本音は反対だが、もはや国内はそんな事を言える雰囲気ではないのでコメントしないのではないかと。同志たちの手前もあって。

      削除