2016/01/31

合意潰しに送り込まれた慰安婦に、竹内絵美「生きた言葉」

竹内絵美(今回のリポートと無関係)
「戦争中に何があったのか。・・・生きた言葉に耳を傾け・・・私なりに解決の糸口を模索したいと思います」

日韓合意破棄を狙いナヌムの家が日本に送り込んだのが、イ・オクソンとカン・イルチュル。彼女たちの話を聞いたテレビ朝日のアナウンサー竹内絵美の感想がこれ。ブロガーであるくっくりさんのRTで知った。

残念ながら、竹内アナが聞いたのは生きた言葉などではない。彼女らは、政治団体の主張を代弁しているに過ぎない。慰安婦団体が日本で日韓合意破棄を訴えても人は集まらない。しかし、ハルモニが「証言」するとなれば、何百人も集まるのである。

「日本は朝鮮を火の海にして、私たちを中国に連れて行った」

どちらかは分からないが、慰安婦の一人はこの日「日本は朝鮮を火の海にして、私たちを中国に連れて行った」と聴衆に語った(毎日新聞のニュース動画 [2])。イ・オクソンなどは万事この調子で、慰安所には高圧電流が張り巡らされていたとか、特に海外メディアに対しては抑制がきかないようである。

日本であれば誇張は逆効果になるから、支援団体が抑えさせているのだろう。竹内アナが「話し始めは控えめな印象」を受けたと言っているのは、そのせいかもしれない。当日「歩くのがやっとの私たちが、なぜここまで来て話をするかを考えてもらいたい」と語ったということだが、彼女は海外(証言)旅行を楽しみにしており体調を気遣う支援者が止めても聞かない。なお、火の海発言に対して朝鮮戦争の慰安婦ではないかという指摘をツイッターで頂くが、彼女が貧困家庭の出で、太平洋戦争中、慰安所かそれに類する場所で苦労したのは事実なのだろうと思う。ただ、彼女はほら吹きなので信用出来ないのである。

4年前、朝日新聞の阿久沢悦子記者が、「ハルモニ」の来日に興奮してツイッター上で橋下市長に暴言を吐き炎上。ツイッターの利用中止に追い込まれるという事件があった。竹内絵美ともども、ジャーナリストには性格的に向いていないのかもしれない。

※ 「火の海」発言がどちらの発言かハッキリしないので、文章を一部修正した。

生きた言葉に耳を傾ける

今日は番組ではお伝えできませんでしたが、集会に行ってきました。
昨日、韓国から来日した元慰安婦の皆さんの集会で、
テーマは『今つたえたいこと』です。

会場には学生や報道陣を含めて日本人など200人以上が集まり、
元慰安婦の姜日出(カン・イルチュル)さんと
李玉善(イ・オクソン)さんの
思い出すのも辛い・・・と言葉を絞りだすように話す体験談に
聞き入りました。
お二人は現在89歳と90歳で、
話し始めは控えめな印象もありましたが、
話が“どんなに慰安所で酷い扱いを受けたか”という核心に迫ると、
スピーカーから響く声が割れんばかりに語気を強めていました。
お二人は、
慰安婦問題をきちんと終わらせなければ、若い世代が健全な交流を出来ない
同じことが繰り返されてはならない
という思いで来日し大阪でも集会を開くそうです。
また、昨年12月28日の日韓合意は
当事者の皆さんに事前に何の説明も合意もなく結ばれたと、
とても残念な思いをしたそうです。
そして、講演をした中央大学の吉見先生は、
日本政府出資の10億円は「支援金であり賠償ではないことから、
日本が法的責任を認めていない」という点や、
加害者側の日本が少女像の撤去を要求していることなどを指摘していました。
元慰安婦の皆さんは、今回集会で体験を伝えるだけでなく、
安倍総理と目を合わせて話をすることを要望しています。
望んでいるのは、お金ではなく公的謝罪なんだとも話しています。
戦後70年を迎えた昨夏、戦争の体験者が高齢になり
生きた証言を聞く機会が徐々に少なくなってきていることを実感しました
戦争中に何があったのか
本や資料を見るのではなく、生きた言葉に耳を傾け、
子供たちの未来のためにも
私なりに解決の糸口を模索したいと思います。

報道ステーション 「現場リポート」2016.1.26 竹内絵美[2]

23 件のコメント:

  1. イ・オクソン。高圧電流で逃げられないようにした所は慰安所じゃなくて飛行場。拡張工事中で強制労働(草むしりや掃除)させられた。15歳前後の女子を強制労働に使っても効果ないと思うんだが、、、、。挺身隊の話を経ないと慰安婦と認定されなかったから創作したんだろう。つじつまが合わない。

    母親、食堂主1、食堂主2の三人に3回売られて慰安婦になっている。ここまでは明らかに朝鮮人の仕業。法的責任があるのに、なぜそれを問わないのか?慰安婦の主張も韓国人の主張も、全く理解できない。

    http://sikoken.blog.shinobi.jp/慰安婦証言/李玉善(イ・オクソン)

    返信削除
  2. 2/3【討論!】日韓合意の現在と未来[桜H28/1/30]
    https://youtu.be/LPIihyHct8g?t=30m37s
    このエントリの会場と同じなのか、違うのか
    わかりませんが、大高みきさんは右翼だからと
    会場に入れなかったと討論で言っていて、
    扱いの違いってなんなんでしょ?と
    おもいました。

    慰安婦問題で日本に反論=
    「合意損なう言動控えよ」-韓国
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201601/2016013100140&g=pol
    この時事通信の記事も、
    日本政府が国連に回答したものに韓国が反論という
    記事の意味がわかりません。

    返信削除
    返信
    1. このコメントは投稿者によって削除されました。

      削除
    2. 参院第2議員会館会議室と大会議室で二度行うと言われていたのでどっちでやった集会なのか。200人と規模が大きいので後者でしょうか?議員会館は新築されたので旧来とはシステムが変わっているかもしれません。議員事務所があって寝とまりもするのでセキュリティは強いと思います。

      動画で女性の方が断られたのは民間の会館です。労働組合の活動家のみしか入れないのなら、労働組合名をなぜ公開しないんでしょうか。是非知りたい。彼らの組合費が国連でのNGOの活動費になっているなら資金源を絶たないと。

      国連に聞かれたから答えるのだから合意に反してはいない。
      聞かれもしないのに言うのは合意違反です。

      削除
    3. 動画での議論は的が外れてます。
      「外務省を外して別組織が外国に広報するような法律を作る」
      「自民党は頼りにならないから、議員立法で法案を提出する。」
      「国会に請願をする事から始めて、、、」
      こんな無駄なことに力を使っては行けません。運動を妨害するつもりなんですか?この人たち。

      国連の委員会が話を聞いてくれた結果、質問が行われ政府の答弁書が出たという事は絶賛されていい結果です。くだらない議論やってないで、ここを全面的に支援すべき。

      削除
    4. 日本は国連に聞かれたから答えただけで、韓国政府が委員会に対して発言する立場にはなく、日本政府の行為は合意違反とまでは言えないというのが韓国政府の立場のようです。
      【 また、「国連女子差別撤廃委員会でわが政府が直接訴えられる仕組みはない」とした上で、「(今後)日本政府は慰安婦合意の精神と趣旨から外れる、事実と異なる話をする場合、わが政府としても当然対応する」と強調した。日本政府の強制連行の否定が慰安婦合意に反するかどうかに関しては、「(合意は)被害者たちが1人でも多く生きている間に解決しようとするもの」として、「(合意の履行が)良く行われる方向で督励してほしい」と述べるにとどめた。】(聯合ニュース 日本語版)

      削除
    5. NGOの国連の委員会での主張が、委員会の日本政府に対する質問を生み、日本政府がこの機会を利用して、合意が強制連行を認めたものではないと国連に説明した事になります。NGOの偉大な成果です。もう少しどなたか経緯を詳しく説明してくれるといいのですが。
      【委員会が「最近慰安婦の「強制的な移送(forcible removal)」を立証する証拠はない公的な発言を接した。その情報に言及してほしい」と質疑のに答えだった。】(聯合ニュースgoogle訳)

      合意英文が添付されていますから、これで合意英文が誤解される可能性は無くなったと思いますが、どうでしょう。
      【日本政府はまた、昨年12月28日、日韓合意を通じて、「日本政府と韓国政府は、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認した」と記して、日韓合意プレスリリース専門の英語訳を添付した。】(同上)

      削除
  3. 日本側は賠償と認めていないというのは交渉の過程でそのように話し合われ双方了解したので、両国がそのように説明しているにしか過ぎません。正式の合意文には政府が10億の金を出すことしか書かれていないため、記録として読めば賠償金とも解釈できます。今賠償金と韓国側が言えば合意が流れるのでそう言っているに過ぎません。状況証拠としては海外メディアの多くが報道しているように賠償の位置づけです。日本政府は法的な責任を示す賠償ではないと言っているといくつかのメディアも書いていますが、10年後にその理屈が通るのでしょうか。韓国外交部のQ&Aでは今回の合意は日本政府の責任を明確に表明していると書き、今後も慰安婦問題を取り上げていくとはっきり宣言しています。日本側も国連女性差別撤廃委員会に強制連行を示すエビデンスはないと回答したらしいですから、両政府のdisputeは今後も続きます。
    そしてどちらかが切れたら合意が流れます。日本側としては、韓国側の都合で流れる可能性(国内事情で)が高いので、その責任を押し付けられないよう脇をしめていかなければなりません。

    返信削除
    返信
    1. 十年後でも二十年年後でも理屈は通りますよ。
      首相と外相の国会答弁は1ヶ月すれば議事録の文字になります。

      その答弁の中で平成十九年の質問主意書に対する答弁書の見解と変わらないと言っていますから、さらに重みが増します。閣議決定された答弁書は、外相合意や官房長談話(河野談話)よりもはるかに権威があります。外国政府や国連も無視できません。あとはそれを外国に広報する力遺憾です。性奴隷説を広めたのは日本のNGOですから、この政府見解を広める事も民間組織でできます。

      脇を閉めて責任を押しつけられないようにって、具体的にどういう事を

      削除
    2. 韓国の支援団体がこれからもずっと、日本は法的責任を認めていない、国家賠償をしていないと、世界に向けて最大限の声で叫び続けるでしょうから、そう簡単に日本が法的責任を認めて国家賠償したなどという誤解が世界に広がることはない気がしますね。

      女性差別撤回委員会での日本の発言から、どういう議論に発展していくのかは興味のあるところですね。日本は悪いことをしていなかった、国際社会として日本に辛く当たりすぎたという方向に行くのか、直接日本人の兵隊が強制連行しなかったから無罪だとは、よくそんなことを恥ずかしげもなく言えるものだという方向に行くのか、興味深く見守りたいところですね。

      削除
    3. 【軍慰安婦合意以後、「最終的・不可逆的解決」を強調してきた日本政府が、国際社会で慰安婦問題の強制性を否定する動きに本格的に乗り出したことはないかという分析が出ている。】(聯合ニュースgoogle訳)
      この記事の下にある、合意や韓国政府を批判する投稿のトップ3の賛成数が一万を超えています。
      賛成 反対
      13239,291
      10666,185
      10060,130

      非常に大きなダメージになっているとが分かります。

      削除
    4. >日本が法的責任を認めて国家賠償したなどという誤解が世界に広がることはない気がしますね。

      いやあ、すでに常識化してます。

      削除
  4. この報道は野田政権時にイミョンバクとの
    慰安婦問題交渉でいわゆる佐々江案を提示した佐々江さんの
    外交の見識を示すいい例なのですかね?とおもいました。

    尖閣国有化前に対中協議を要請 クリントン氏メールで判明
    毎日新聞2016年2月1日 東京朝刊
    http://mainichi.jp/articles/20160201/ddm/007/030/119000c
    当時の佐々江賢一郎外務事務次官(現駐米大使)が、
    中国は最終的に
    理解してくれるとの考えだったことも明らかになった。
    米国が日中関係の悪化を懸念した一方、
    日本は中国の反発を十分読み切れていなかった。

    まあ、外務省にしたら女性基金の活動後も
    フォローアップ事業として毎年一千万円ちょっとを
    計上していたので、それで三億と提示し
    二十億円と韓国にふっかけられたので十億円に値切ったぞという
    これって技術的なことで、そんな事情は
    国民にとってはなんだ、また十億かとなりますもね。

    桜の討論動画で不満だったのは、
    在韓日本大使館前の慰安婦像について
    軽く見すぎてることかですかね。
    あれのせいで、国際的に
    慰安婦像が広まったといって過言ではないので
    撤去して移動が無理ならば
    ほんとなら、もうあそこの日本大使館は空き家状態に
    せざるえないと、日本政府は韓国政府に言うべきでしょうね。
    それくらいの決意がなきゃ、韓国の人々は黙らないでしょう。

    返信削除
  5. ちょっと思い直してみたら、クリントン氏の私用メールの件は
    尖閣に日中の領土問題はないという立場を今も日本はとっているので
    米国に日中関係を心配されても、佐々江さんにしたら
    こう返答せざるえないのも、理解はできるものの
    なら、都の所有のままにあの時はしておいてともおもえ・・
    いろいろ考えたニュースでした。

    返信削除
  6. 認知症老人の発言は「生きた言葉」とは言わない。亡くなった山口美江の父が認知症で、自分の娘にプロポーズしたのは有名な話し。

    「生きた言葉」は千田夏光の本から2002年刊の「ナヌムの家歴史館」あたりまでだろう。それ以降の証言集には認知症特有の症状が散見される。

    返信削除
  7. 国連への政府の回答
    内容が詳しく報道されませんね。回答(2)(3)と添付された両外相の合意時の声明は省略します。

    Question 9
    The Committee has been informed of recent public statements that there was no evidence that proved the forcible removal of “comfort women”. Please comment on this information. Please also indicate whether the State party intends to take compensatory measures on behalf of “comfort women” in countries other than those covered by the Asian Women’s Fund, including in China and Timor-Leste, and prosecute the perpetrators. Please indicate whether the State party intends to reintegrate into school textbooks references to the issue of “comfort women”, and raise awareness among the population of the issue.

    (Answer)
    1. With the recognition that the comfort women issue continues to impact the development of Japan-ROK (Republic of Korea) relations, Governments of Japan and the ROK agreed at the Japan-ROK Summit Meeting held on November 2, 2015, to continue and accelerate consultations on the issue toward its conclusion as promptly as possible. Subsequently, intensive bilateral consultations, including the Director-General consultations between the diplomatic authorities of the two countries, were carried out. On December 28, the Foreign Ministers of Japan and the ROK met and made an announcement (see Attachment) at a joint press occasion. Later on the same day, the leaders of Japan and the ROK spoke over the telephone and confirmed the content of the announcement. With this agreement, the Government of Japan (GOJ) and the Government of the Republic of Korea confirmed that the issue of comfort women is resolved finally and irreversibly.

    ​2. Under the above-mentioned circumstances, the GOJ answers the questions posed by the committee as follows:

    (1) Regarding the question on the “recent public statements that there was no evidence that proved the forcible removal of ‘comfort women’ ”:
    The GOJ has conducted a full-scale fact-finding study on the comfort women issue since the early 1990s when the issue started to be taken up as a political issue between Japan and the ROK. The fact-finding study included 1) research and investigation on related documents owned by relevant ministries and agencies of the GOJ, 2) document searches at the U.S. National Archives and Records Administration, as well as 3) hearings of relevant individuals including former military parties and managers of comfort stations and analysis of testimonies collected by the Korean Council. “Forceful taking away” of comfort women by the military and government authorities could not be confirmed in any of the documents that the GOJ was able to identify in the above-mentioned study.

    返信削除
    返信
    1. 内閣府のHPにあります。
      第7回及び8回報告審査に関する女子差別撤廃委員会からの質問事項に対する回答
      英文
      http://www.gender.go.jp/international/int_kaigi/int_teppai/pdf/response_7-8_e.pdf
      日本語仮訳
      http://www.gender.go.jp/international/int_kaigi/int_teppai/pdf/response_7-8_j.pdf

      削除
    2. 日本語訳、安倍総理の意向を反映しているような印象ですね。気のせいかもしれませんが。ありがとうございます。

      削除
  8. 慰安婦像に関しては、できた時点で大使召還しない外務省の失態。
    だから、外務省は当てにしてはいけない。だいたい国際法違反だから、日韓合意とは無関係に撤去を要請、聞き入れなければ大使召還=>大使館閉鎖ぐらいやるべき。

    国連への回答に関しては、世界ではほとんど相手にされていない。つまり、このままでは慰安婦=性奴隷報道に対する解決にはならない。

    サヨクガほとんど沈黙していて、韓国メディア以外は無視されている。これがいい兆候なのか悪い兆候なのかは不明。

    返信削除
    返信
    1. 小さな一歩って、その時は気づかないものです。
      10年後はどうなっているのでしょう?

      削除
  9. >どちらかは分からないが、慰安婦の一人はこの日「日本は朝鮮を火の海にして、私たちを中国に連れて行った」と聴衆に語った(毎日新聞のニュース動画 [2])。

    姜日出のほうみたいですよ。
    https://www.youtube.com/watch?v=9RUoRabQ47o

    返信削除
  10. 匿名と呼ばれた男2016年3月11日 12:28

    うわー文章変えてるよ(笑)

    返信削除
    返信
    1. 「ご挨拶とお断り」に予め断ってありますけどね。

      削除