2011/10/22

韓国慰安婦問題持ち出さず[日韓首脳会談]



「野田総理の訪韓に合わせソウルの日本大使館前では、竹島の領有権や従軍慰安婦への賠償をめぐる問題で日本政府に対する抗議集会が相次いで行われ韓国政府は慰安婦問題を持ち出さず」・・・やはり(もっとも日本側も竹島問題を持ち出さなかったが)。韓国政府にとっても慰安婦問題は今やお荷物。写真は野田首相の訪韓を前にした19日にソウルの光化門の前で挺対協が繰り広げていたキャンペーンの様子。こうした市民団体が、日韓友好の妨げになっている。

些末な事だが、TBSは「従軍慰安婦」という言葉を使うようである。


野田総理にとって初のアジア外交となった日韓首脳会談。竹島や従軍慰安婦などの複雑な問題については具体的な議論は行われませんでした。

今回の日韓首脳会談。朝鮮王朝時代の行事を記録した文書「朝鮮王室儀軌」などの一部を引き渡したことについて、イ・ミョンバク大統領からは「日韓の未来に向けた象徴」との評価を受けました。

また、会談終了後にはわざわざ2人で歩いて昼食会の会場まで一緒に向かい、「個人的な信頼関係の構築」にも力を入れたといいます。

野田総理の訪韓に合わせソウルの日本大使館前では、竹島の領有権や従軍慰安婦への賠償をめぐる問題で日本政府に対する抗議集会が相次いで行われました。今回の首脳会談で韓国側からこれらの懸案が取り上げられるのか、注目されましたが・・・

(Q.竹島問題は今日の会談で出たのか?)
「今のご指摘の問題も出ていません。慰安婦の問題も具体的な話は出ていません」(野田佳彦 首相)

こうした動きについて韓国政府関係者は、「首脳レベルで突き詰めていくと相手の政治的負担が大きくなる」と解説。日本の政権の安定についての配慮もうかがわせました。

野田総理にとっては無難なアジア外交のスタートとも言えますが、ストップしたままとなっているEPA(経済連携協定)の交渉再開といった韓国側の具体的な動きを今後どう引き出していくのかが課題として残っています。

TBS 2011.10.20

関連エントリー: 日韓友好に水を差した朝日 玄葉外相の苦悩

0 件のコメント:

コメントを投稿