2011/11/06

安秉直教授が慰安婦強制連行の常識を否定した時の映像


video

「当初から論点は『強制連行』の有無ではなく、『強制性』であった」というのは、事実ではないだろう。それは慰安婦の強制連行(徴用)という話が疑わしくなってから一部の論者が話をすり替えたものである。かつて韓国で物議をかもした安秉直(アン・ビョンジク)のこのインタビューが、その事実を如実に表している。同じソウル大学の李栄薫が当時を知る人物から「一般行政のルートを通じて、女性たちが募集されたり動員されることはなかった」と聴きだしたのも、日本政府や朝鮮総督府が慰安婦にするために徴用(強制的に動員)したという「常識」に反論したものである。


※ 他人の作成したものゆえ、字幕に関しては責任を持てない。訳が間違っていたら、指摘していただきたい。

2 件のコメント:

  1. まともな意見である。

    返信削除
    返信
    1. Youtubeのコメント欄によると、字幕の一部が不正確であるという指摘もあるようです。

      削除