2011/11/16

聯合ニュースが伝える「外務省包囲デモ」



様々なルートを通じて参加の呼びかけが行われているが、これに対抗するカウンターデモも計画されている。韓国でも日本の「呼応デモ」には注目している。勝負は規模だけではない。説得力を持てるかどうか。共感してもらえるようなイメージ作りも大切だと思う。双方に日本人らしいデモを期待したい。


慰安婦問題解決訴え「人間の鎖」で外務省包囲=来月

韓国で旧日本軍の元従軍慰安婦らによる1000回目の「水曜デモ」が12月14日に開催されるのに合わせ、日本でも市民団体が同時行動に出る。

市民団体「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動2010」は15日、公式資料を通じ、12月14日正午から1時間、「人間の鎖」で外務省を包囲する計画を明らかにした。同団体の野平晋作氏は、「600人が手をつなげば外務省を取り囲むことができる」と話した。

同日は元従軍慰安婦の被害者らが日本政府に法的責任の認定と謝罪、補償を求め、ソウルの在韓日本大使館前で行ってきた「水曜デモ」の1000回目に当たる。

また市民団体関係者らは、この日、衆議院第二議員会館で集会を行い、慰安婦問題は1965年の韓日基本条約により完全かつ最終的に解決済みという日本政府に対し、韓国政府との協議に応じるよう訴えた。

0 件のコメント:

コメントを投稿