2011/11/19

日韓基本条約は無効 元慰安婦が挨拶



いろいろな場所でスポークスウーマンとして活躍する元日本軍慰安婦だが、その中でもイ・ヨンスはエース格。野球に例えればダルビッシュかマー君かといったところ。

日韓基本条約が有効な条約であるというのは歴史認識の誤りから来る誤解(併合条約がそもそも無効)、と主張する団体が韓国で旗揚げ。写真は、その発足式で挨拶をするイ・ヨンス・ハルモニ。

韓日請求権協定の再交渉求める市民団体 韓国で発足

国交回復の際に締結された韓日請求権協定(1965年)の全面再交渉を求める市民団体「韓日協定の再交渉国民運動」が18日、ソウルのプレスセンターで発足式を行った。

同団体は創立宣言文で、協定は1905年に韓国の外交権を日本の外務省に一任した「乙巳条約」(第二次日韓協約)と1910年の韓日併合条約が法的に有効だとする誤った歴史認識に基づいていると説明。韓国を植民地化した日本の反省はどこにも見当たらないと指摘した。

また、日本の独島に対する領有権主張が続き、当時被害を受けた韓国国民の個人的賠償問題が解決されない根本的な理由は不当に締結された韓日請求権協定のためだと強調した。

メンバーには前政権で、開かれたウリ党(現民主党の前身)議長を務めた李富栄(イ・ブヨン)氏や挺身隊問題対策協議会、民族問題研究所など市民団体関係者ら620人余りが名を連ねている。

同団体は政府と国会に協定無効を公式に発表することを促す一方、強制動員被害者の訴訟支援、日本に持ち出された文化財の返還運動などを展開する。

聯合ニュース 2011.11.18

0 件のコメント:

コメントを投稿