2012/01/07

日本好きの韓国人増加も慰安婦問題が壁


みな薄々感づいていたと思うが、日韓の不和の原因を作っているのは、実は日頃「和解」やら「未来指向の日韓関係」などと言っている良心的日本人である。慰安婦騒動などはまさしく朝日新聞がマッチポンプ役を務めた典型的なイベントである。

<日中韓世論調査>中国好き韓国人は減少、日本好き韓国人は増加―韓国紙

2012年1月6日、韓国紙・東亜日報は「日中韓共同世論調査」について報じた。韓国人の中国に対する好感度が減少。一方、日本に対する好感度は上昇していた。環球網が伝えた。

日中韓共同世論調査は、昨年12月に朝日新聞、東亜日報、チャンネルAが実施したネット調査。19歳以上の韓国人1000人が回答したが、「中国を好き」と答えた比率は12%と2005年の20%から減少した。「中国を嫌い」が24%から40%に上昇。「対中関係は良好だ」が51%から31%にまで減少した。

一方で「日本は好き」との回答は8%から12%へ。「日韓関係は良好だ」が6%から31%に上昇している。最も「歴史問題が日韓関係の障害だ」との回答は31%から61%へとほぼ倍増しており、慰安婦問題などの課題が大きな壁となっていることが浮き彫りとなった。

なお「韓国を好き」との回答は中国で44%、日本で17%。中国の回答者は「韓国のドラマや映画など韓流を通じて親近感を持った」との項目に42%が同意している。


0 件のコメント:

コメントを投稿