2012/08/07

米国の高速道路に巨大慰安婦看板



またソ・ギョンドク教授の悪ノリといったところ。こんな広告に意味がないのは当人も知っているはず。教授の売名行為と・・・自分のようなウォッチャーにとっては、慰安婦騒動の本質を再確認する貴重な資料の提供。真面目に感謝。

米テキサス州・ヒューストンを走る高速道路の出口付近に今月1日、旧日本軍従軍慰安婦問題に対する日本政府の謝罪を促す大型看板が登場した。

看板は、ヒューストンに暮らす韓国人13人が設置費を出し合い、韓国広報専門家として知られる誠心女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)客員教授がデザインしたもの。

慰安婦問題の解決に向け、ソウルの日本大使館前で毎週水曜日に開催される「水曜集会」でこぶしを振り上げて叫ぶ元慰安婦らの写真がデザインされ、その横には「この声が聞こえますか?日本政府は元慰安婦らに心からの謝罪と補償をすべきです」と書かれている。

看板設置に向け、現地で募金を呼びかけたコリアンジャーナルのヤン・ドンウク編集局長は7日、「今年は米国でも慰安婦問題が大きな話題になっており、ヒューストンの人々にこの問題を知ってもらうために制作した」と話した。看板は来月1日まで掲げられる予定。

どこまで本気なんだか・・・

米に日本軍慰安婦ビルボード広告看板再び、登場「ソ・ギョンドクの力」

米国、ヒューストン韓国人海外同胞13人と韓国広報専門家ソ・ギョンドク誠信女子大教養教育院教授がヒューストンのダウンタウン高速道路に位置した屋外広告看板に日本軍慰安婦広告を出して話題になっている。

今日8.15光復節をむかえてヒューストン韓人会で主導的に広告費募金運動を繰り広げたしその結果13人の韓国人が参加して今回の広告の誕生をみた。

屋外(ビルボード)広告はヒューストン ダウンタウンで1-10高速道路西側'Exit764'に位置し、日本政府は日本軍慰安婦ハルモニに真心に充ちた謝罪と補償をしなければならないという内容だ。

今回の広告の核心的役割をしたヒューストン・コリアンジャーナル編集局長ヤン・ドンウク氏は「今年米国内でも日本軍慰安婦問題が大きなイシューになった状況で、ヒューストン市民により広く知らしめてみようと今回の屋外広告看板を製作することになった」と伝えた。


特に今回の広告デザインを引き受けたソ教授は「ニューヨークタイムズとウォールストリートジャーナルに全面広告を出した'DO YOU HEAR?'のデザインを活用し、製作したし屋外広告特性上遠くからもよく見られるように白黒を強調した」と話した。

また、ソ教授は「ニューヨークでは海外同胞の自発的な力で追悼碑[キ・リム碑]が立てられてまた、ヒューストンでは屋外広告が作られることのよう、私たちの海外同胞のこういう小さい力が集まって日本政府を圧迫していくことが最も重要だ」と付け加えた。

一方ヒューストンの韓国人社会は屋外広告看板をすぎるたびに「クラクションを鳴らす」キャンペーンを実施し、より多くのヒューストン市民に日本軍慰安婦の実状を持続的に知らせる計画だ。

中央日報 2012.8.7

美에 일본군 위안부 빌보드 광고판 또 등장 ‘서경덕의 힘’

미국 휴스턴 한인 교민 13명과 한국 홍보 전문가 서경덕 성신여대 교양교육원 교수가 휴스턴 다운타운 고속도로에 위치한 빌보드 광고판에 일본군 위안부 광고를 올려 화제다.

오늘 8.15 광복절을 맞아 휴스턴 한인회에서 주도적으로 광고비 모금운동을 벌여왔고 그 결과 13명의 한인이 동참하여 이번 광고가 탄생할 수 있었다.

빌보드 광고는 휴스턴 다운타운에서 1-10 고속도로 서쪽 'Exit764'에 위치하며 일본 정부는 일본군 위안부 할머니들에게 진심어린 사죄와 보상을 해야만 한다는 내용이다.

이번 광고의 핵심적 역할을 한 휴스턴 코리안저널 편집국장 양동욱 씨는 "올해 미국 내에서도 일본군 위안부 문제가 큰 이슈가 된 상황에 휴스턴 시민들에게 보다 널리 알려보고자 이번 빌보드 광고판을 제작하게 됐다"고 전했다.


특히 이번 광고 디자인을 맡은 서 교수는 "지난 뉴욕타임스와 월스트리트저널에 전면광고를 냈던 'DO YOU HEAR?'의 디자인을 활용하여 제작했고 빌보드 광고 특성상 멀리서도 잘 보일수 있도록 흑백을 강조했다"고 말했다.

또한 서 교수는 "뉴욕에서는 교민들의 자발적인 힘으로 기림비가 세워지고 또한 휴스턴에서는 빌보드 광고가 만들어 지는 것 처럼 우리 교민들의 이런 작은 힘들이 모여 일본 정부를 압박해 나가는 것이 가장 중요하다"고 덧붙였다.

한편 휴스턴 한인사회는 빌보드 광고판을 지날때마다 '경적 울리기' 캠페인을 실시하여 더 많은 휴스턴 시민들에게 일본군 위안부 실상을 지속적으로 알릴 계획이다.

0 件のコメント:

コメントを投稿