2012/08/11

ソウル練り歩く慰安婦鎮魂行列 日本大使館へ

そもそも日本叩きからして韓国の国民的娯楽と呼んだ人もいたが(黒田勝弘?)、慰安婦騒動はもうお祭りである。いずれ慰安婦鎮魂祭をユネスコの無形文化遺産に、などという声が出てくるかもしれない。行列は光化門広場を出発し、日本大使館前に違法に設置された慰安婦像の前へ。何でもありの無法地帯と化し、反日の聖地となった大使館の正門前では当てつけのパフォーマンスが執り行われた。

鎮魂祭を主催したのはナヌムの家や慰安婦博物館。サユリのような「良心的日本人」が寄付したお金は、実はこうしたパフォーマンスの為に散財されているのではないのか。


行列は光化門広場を出発。ソウルの街を練り歩き・・・

日本大使館前で慰霊祭を開催
慰安婦像に額づく

日本糾弾のプラカードを手に、子供達も見守る

行列には大勢の若者の姿が

「被害者英霊の棺」 慰安婦の魂を鎮める

慰安婦被害者ための鎮魂祭

日本軍慰安婦被害者の魂をなだめるための鎮魂祭が8日午前ソウル、光化門広場で開かれた。 李舜臣将軍の銅像を出発した満場(?)と賞与行列がソウル市鍾路区、中学洞の日本大使館へ向かっている。 200人余りが参加した鎮魂祭は慰安婦被害者支援団体である「ナムヌの家」が用意した。

(1)ソウル新聞 2012.8.8

慰安婦鎮魂祭

8日午前ソウル、中区、中学洞駐韓日本大使館の前平和碑少女像(慰安婦像)でナムヌの家と日本軍慰安婦歴史館、国際平和人権センター主催で日本軍慰安婦被害者の魂を慰める鎮魂祭が開かれている。

(2)ニューシス 2012.8.8

日本大使館前で慰安婦鎮魂祭

日本軍慰安婦被害者を供養する鎮魂祭が8日、ソウル鐘路区中学洞の在韓日本大使館前で行われた。日本軍慰安婦被害者支援施設の「ナヌム(分け合いの意)の家」と共に鎮魂際を開催した高陽(コヤン)ソンコンカム・キムカムヨク・サンヨ・フェダジソリ(伝来の葬式儀式や歌の一種)保存会のキム・ウギュ会長(75)は、「どこに埋葬されたのかもわからない被害者を供養するため、鎮魂際を準備した」と話した。


本当に鎮めるべきは、この人たちの魂だろう


※1
위안부 피해자 위한 진혼제

일본군 위안부 피해자들의 넋을 달래기 위한 진혼제가 8일 오전 서울 광화문광장에서 열렸다. 이순신 장군 동상을 출발한 만장과 상여 행렬이 서울 종로구 중학동 일본대사관으로 향하고 있다. 200여명이 참여한 진혼제는 위안부 피해자 지원 단체인 ‘나눔의 집’이 마련했다.

※2
위안부 진혼제

【서울=뉴시스】김영욱 기자 = 8일 오전 서울 중구 중학동 주한일본대사관 앞 평화비 소녀상에서 나눔의 집과 일본군 위안부 역사관, 국제평화인권센터 주최로 일본군 위안부 피해자 영혼을 위로하는 진혼제가 열리고 있다.

2 件のコメント:

  1. 朴正熙の50代の次女が、2008年に統一教会員として合同結婚式を挙げています。再婚です。朴の時代に武器販売を通じて統一教会と連携し、朴正熙はアメリカの傀儡から反米に傾いた時点でKCIAに暗殺されたのではないかと言われています。KCIA(現国家情報員)のフロントである統一教会、CIA, 武器、慰安婦キャンペーン・・・・資金には事欠かないでしょう。

    返信削除
    返信
    1. 90年代の前半までは、挺対協の会計の不透明さを批判する元慰安婦もいたんですけどね。

      削除