2012/08/17

米国務省「性奴隷」を公式用語に・・・の真相?

質問に答える国務省の報道官

一番ありそうな話だし、米国政府の基準は妥当である。慰安婦だって、特定のケースでは「セックスを強制された性奴隷」と呼ばれるのが適当な場合もあったろう。例えば、スマラン事件の被害者のようなケースだ。

「慰安婦」と「性的奴隷」の使用を継続 米国務省

【ワシントン=犬塚陽介】米国務省のヌランド報道官は16日の記者会見で、いわゆる「慰安婦」の呼び方について、国務省は「慰安婦」や「性的奴隷」などの言葉を「互換が可能な用語として使っており、(今後も)継続していく」と述べた。

国務省は2007年に公表した国別の人権報告書で「慰安婦」と「強制された性奴隷」の文言を併記したことがあり、状況に応じて用語を使い分ける方針を改めて確認した。「慰安婦」の用語をめぐっては、韓国の一部メディアが、より実態を反映する「強制された性奴隷」を使うようクリントン国務長官が国務省高官に指示したなどと報じていた。

ヌランド報道官は日韓などの関係国に対し、国務省が複数の呼び方を使っていることを明確にしており、「特段のミステリーは存在しない」と語った。

外交筋によると、米政府は状況に応じて「慰安婦」に関する用語を使い分けており、統一された呼び方は確認されていないという。

ただ、ヌランド報道官はクリントン長官が米韓外相会談の席で「性的奴隷」の言葉を使っているかとの質問には、非公開の場での発言には「言及しない」として確認を避けた。

玄葉光一郎外相は7月10日の参院予算委員会で、クリントン長官が「性的奴隷」と表現するよう指示したとの報道が事実なら「最も効果的な方法で『違いますよ』と申し上げる」と述べていた。

産経新聞 2012.8.17

このニュースは、韓国のメディアも報じている。やはり、議会はともかく、米国政府が日韓どちらか一方に肩入れするとは考え難い。これが真相だろう。

「慰安婦」と「性奴隷」を併用=米国務省

【ワシントン聯合ニュース】米国務省のヌーランド報道官は16日の定例会見で、旧日本軍に強制動員された女性に対し、「慰安婦(comfort women)」と「性奴隷(sex slaves)」の用語を併用する方針を明らかにした。韓国と日本政府に伝えたという。

クリントン国務長官が3月、韓国との外相会談で慰安婦を「強要された性奴隷(enforced sex slaves)」と表現。同名称を公式化する考えを示したことに関しては、「私的な長官間の対話については言及しない」と述べ、具体的な言及を避けた。

李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島訪問で表面化した韓国と日本の外交問題について両国の立場に配慮したものとみられる

ヌーランド報道官は日本政府が独島問題を国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方針を検討していることに関しては、「両同盟国がこの問題を解決することを望む」と述べ、原則的な立場を表明するにとどまった。

4 件のコメント:

  1. アメリカは米軍慰安婦のことを意識しているのではないでしょうか。ご存じのように米軍と韓国人慰安婦の関係は、戦時中の日本の比ではない長さと深さがあります。そして、韓国(軍ではない)はこの点について、おそらくアメリカのことを背後から脅迫していますね。

    韓国としては、日本とアメリカの両方を辱めることができれば一石二鳥なのでしょうが、問題は韓国人自身がこの問題にどう関わってきているかです。半島のヒモやエージェントや仲介人は何をしてきたのか。さらには、現在の韓国内の成人女性、そして海外に住んでいる韓国人の女性が実際に関わっている売春の規模の大きさを考えると、平時における、一般の韓国人男女の性に対する価値観もかなり特徴があると思います。双方が楽しんでいる性ならば何も問題はないのですが、どうもそうではない。

    アメリカ国内の韓国人売春婦の相手は米軍だけではなく、韓国系のビジネスマンだと言われています。純粋に韓国人のためのサービスです。韓国内では冗談を抜きにして、理髪店が風俗を提供しているように、一般的な韓国系男性の韓国系の女性に対する性的な態度は対等ではなく、著しい上下関係(あくまでも性の意味で)だという話は、よく耳にします。これは、文化の違いですので、なかなか日本人には理解できませんが、そのような前提のある社会が、「韓国がそうだから他国もそうであるに違いない。まして侵略されていたのだから」という論理を組み立てているから、やっかいなのです。

    日本と朝鮮半島を隔てている海は、それほど広いわけではありませんが、この2つの地域の文化的な差は、われわれが思っている以上に大きく、そして韓国のことをわれわれは、こういう言い方が正しいかどうかは分かりませんが、かなり過大評価してきたように思います。

    返信削除
    返信
    1. 韓国やアメリカ政府のダブルスタンダードは気になりますね。韓国軍の慰安婦とは別に、70年代までは米軍相手の娼婦を韓国では「慰安婦」と呼んでいたようです。これらの中には、韓国政府が斡旋した者もおりました。

      削除
  2. さらに複雑なのは、韓国系アメリカ人の立場と、韓国人は必ずしも同じではない点だと思います。

    前回のコメントの、韓国と日本の文化の差、あるいは過大評価しているという意味を補足すると、これはどちらかが上だと言う意味ではありません。われわれも韓国も、お互いのことを知らなさすぎるのではないのかと言う意味です。そして、在日の中にも、誤った情報を朝鮮半島に伝えている方々が少なからず存在するのだと思います。両国の橋渡しの逆ですね。やっかいですが、ピンポイントで慰安婦問題を解決するのが、なかなか難しいのであれば、慰安婦問題の周辺に存在している文化の違いについて(過去も現在も)、韓国に、そして諸外国に理解してもらえるよう努力を続けていくことが、とても重要になってくるのかもしれません。五輪で韓国が世界に発信した唯我独尊な態度もそうなのですが、突破口は意外と別のところにあるのかもしれないです。

    返信削除
    返信
    1. >突破口は意外と別のところにあるのかもしれないです。

      私も正面突破を繰り返していることが、日本がこの問題で負け続けている原因だと思います。アプローチの仕方を変えていく必要がありますね。

      >両国の橋渡しの逆ですね。

      この人たちこそ、日韓友好を妨げているのだと思います。

      削除