2012/08/25

橋下的なものと朝日的なもの

中央日報が、河野談話が強制性を認めているのに強制連行の証拠はないと言うのかと橋下市長を批判しているが、マスメディアの撹乱戦法の元祖は朝日新聞。

「 問題の本質は、尊厳を踏みにじる行為が本人の意に反して行われ、そこに国が関与していたことだ」と今日の社説でも朝日らしさは健在だった。おまけに、それを否定する発言は「日本の立場を弱める」と一人ボケ。

竹島提訴―大局に立つ日韓関係を

竹島の領有権問題をめぐり、日本政府が韓国政府に対し、国際司法裁判所(ICJ)に共同で提訴するよう求めた。

 韓国に応じる気配はなく、裁判が開かれる見通しはない。

 それでも、領土問題という感情的対立に陥りやすい問題を、国際法で公平に解決しようという呼びかけは、説得力がある。

 日本政府が韓国の不法占拠に対し、自らの立場を国際社会に訴える意味合いもある。

 日本は長年、韓国に配慮して提訴を控えてきたが、李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸は一線を越えるものだった。天皇に謝罪を求める発言への反発も強い。対抗措置は当然のことだろう。

 韓国側は野田首相の親書を送り返すという。外交では異例なことだが、不協和音を強めるだけでは出口が見えない。北朝鮮や中国を見据えると、北東アジアの安定にとって、日韓関係はますます大事になっている。

 野田政権は閣僚同士の対話延期も打ち出した。経済や科学技術など他分野の対話を止めれば、日本にも不利益が生じる。対抗措置と大局に立つ外交を賢く組み合わせる必要がある。

落ち着いた関係を築くには、歴史問題にも、もう一度向き合わざるを得ない

李大統領は竹島上陸の理由に、慰安婦問題で進展が得られなかったことを挙げた。

日本政府は1965年の日韓協定で解決済みとの立場だが、93年の官房長官談話で旧日本軍の関与を認め、謝罪した。民間主導のアジア女性基金を通じ、償い事業も行った。

そうした努力自体は韓国の人たちにも理解してもらいたい。その上で、まだ出来ることがあるのか、両国で考えればいい。

残念なのは、日本側で歴史認識への疑問を呼び覚ますような言動が繰り返されることだ。

2007年には当時の安倍晋三首相が、当局が無理やり連行する「狭義の強制性」はなかったと主張。米下院が日本に謝罪を求める決議を採択するなど、国際社会で強い批判を浴びた。

問題の本質は、尊厳を踏みにじる行為が本人の意に反して行われ、そこに国が関与していたことだ。こうした発言はかえって日本の立場を弱める。

このところ、経済的に存在感を増す韓国に対し、日本は自信喪失気味だ。韓国にとっての日本の位置づけも変わり、人的パイプも以前ほど太くない。

韓国では12月に大統領選があり、李大統領の求心力は低下している。次期政権も見据えて、政治、外交、民間の各層で関係を築き直す必要がある。

朝日新聞社説 2012.8.25

朝日新聞は前日の社説でも、非難の応酬でだれが得をするのか、頭を冷やせ、日韓関係に刺さったトゲを抜けなどと読者に訴えていた。

一方の橋下市長だが、彼はむしろこういった論点逸らしが問題を創り出したと見ているのかもしれない。



慰安婦問題とは何か。軍はどのような関与をしたのか。慰安婦の強制連行はあったのか。慰安婦の存在、慰安所の存在は当時の時代背景からしてどのように評価すべきか証拠としてどのようなものがあるのか。韓国の怒りは前述のどこにあるのか。再度、腰を据えて取り組むべきだ。

twitter 2012.8.25


2 件のコメント:

  1. ednakano

    捕鯨問題や環境問題でも、疑義をはさむと「倫理にもとる」という連中がいる。本能的に論的な議論では負けるので、感情に訴えるというたちの悪い左翼の常套手段だ。

    返信削除
    返信
    1. 捕鯨問題と慰安婦問題はよく似ていると思います。

      削除