2011/07/17

NYTレビュー「天皇の名の下に」



30万人が殺され最初の6週間で二万人の女性が強姦されたレイプ・オブ・ナンキン・・・を検証するのは本サイトの主旨ではないが、南京事件と慰安婦を結びつける論調は多い。これもその一つで、推定20万人の、主に朝鮮人からなる女性を戦地買春宿で働くことを「日本政府」が「強制」したと書かれている。またこれは「組織的」なオペレーションだったと。

「組織的」「強制(性)」は、日本の強制連行派が旗色の悪くなった強制連行説を強弁する為に多用した言葉である。バイアスのかかった情報が、外ではなく日本国内から発信されて来たのが、慰安婦騒動に限らず日本の歴史問題全般の特徴なのかもしれない。

ニューヨークタイムズ紙の映画レビュー(In the Name of the Emperor)。

In the Name of the Emperor (1995)

A documentary on the Rape of Nanjing which took place in 1937 when Japanese Imperial troops invaded Nanjing (aka Nanking) then the capital of China. Survivors of the massacre estimate that about 300,000 were killed and 20,000 women were raped and killed in the first six weeks of the Japanese occupation. Because of these rampant rapes and the alarming spread of veneral diseases among the soldiers, the Japanese government began the systematic operation of the now-infamous "comfort stations", forcing women to serve in military brothels. By the end of the war, an estimated 200,000 women, mostly Koreans, had been shipped as "war supplies" to serve as "comfort women" in Japanese military stations all across the occupied territories, from Manchuria to New Guinea.

0 件のコメント:

コメントを投稿