2012/11/09

インドネシアで韓国大統領慰安婦問題言及


イ・ミョンバク大統領に対する自分の評価は甘かったと、最近反省している。

慰安婦問題、日本の反省求める インドネシアで韓国大統領 世論形成狙いか

韓国の李明博大統領は8日、インドネシア・バリ島で開かれた国際会議「バリ民主主義フォーラム」で基調演説し「第2次大戦中の(旧日本軍の)従軍慰安婦被害者に対する人権じゅうりんについて、当事国の率直な反省を求める」と述べた。聯合ニュースが報じた。

 名指しはしていないものの、事実上、日本に対して慰安婦問題での対応を迫った形。韓国と同様に元慰安婦の女性がいるインドネシアで同問題に言及することで、日本の対応を求める国際的な世論形成を図る狙いもあるとみられる。

 李大統領は「北東アジアの歴史問題について、人類普遍の価値に立脚し、正しい歴史認識を基に解決策を探らなければならない」と強調した。(共同)

産経 2012.11.8

0 件のコメント:

コメントを投稿