2012/11/13

[参考]性交渉をバイトと呼ぶ10代 韓国

日本にも援助交際という言葉があったが・・・。

キス・肉体関係…性交渉をバイトと呼ぶ10代

キス・性関係のコミュニティーサイト…小学生など会員数は数千人

「15歳女、キアル。レベル調整可。メッセージ待ってます」「セクアルする方、待ってます」

会員数約1000人に上るインターネットの「中学生アルバイト」専門コミュニティーサイトに掲載された書き込みだ。「キアル」はキスのアルバイト、「セクアル」は性関係を持つアルバイトを意味している。つまり、性交渉がアルバイトと表現されているわけだ。このコミュニティーサイトには、こうした隠語でつづられた書き込みが数百件以上、アップされている。

こうしたコミュニティーサイトにアクセスするのは、何も中学生に限ったことではない。あるポータルサイトで「小学生バイト」と検索すると、最も多くの会員を保有するコミュニティーサイトでは「13男/奴隷、KA(キスのアルバイトという意、実際にはハングルで表記=以下同じ)、SA(性的関係のアルバイトという意)します。真夜中でも電話取ります」「12女/友だちと遊びに行くのにお金が必要です。キアルします」などの書き込みが多数ヒットした。特に、そのほとんどの書き込みには、カカオトークなど自分が使うモバイルメッセンジャーのIDが共に掲載されている。こうしたメッセンジャーIDを通じて性交渉の場所や費用について交渉するのだ。記者が小学6年生(12)を装って、コミュニティーサイト「小学生バイトカフェ」に「キアルする」と書き込んだところ、カカオトークを通じて50件以上のメッセージが寄せられ、携帯電話は一日中鳴りっ放しだった。

インターネット空間では、性交渉を単に「バイト」と表現するほど、10代の性に対する意識水準は低下している。韓国刑事政策研究院のユン・ジョンスク副研究委員は「“性売買(売買春)があふれるサイバー環境”や“スマートフォンの普及拡大”など、さまざまな要因が複合的に作用している」と分析する。昨年、大型ポータルサイトが数十に上る性交渉関係のコミュニティーサイトを閉鎖した上「条件付き出会い」「スポン」(スポンサーの略。援助交際の意)などの検索用語も禁止語としたものの、依然としてインターネット空間には性交渉を示唆する各種の書き込みが散在している。検索ワードを「恋人代行」などのように多少変化させるだけで、誰でも関連サイトに容易にアクセスすることができる。

朝鮮日報日本語版 2012.11.11 1 2

売春女性2人に1人が性的暴行を経験

多くは家庭で暴力を受け家出

売春に携わる女性2人のうち1人が、性的暴行を受けていたことが分かった。性的暴行を受けた時期は、小学校時代が23%、中学時代が21%、高校時代が18%、就学前が10%という順になった。ソウル市で売買春の被害に遭った女性たちを支援する団体「再び一緒に」は、売春に携わる女性413人と面談し、このような調査結果を得られた、と11日発表した。

 面談の結果によると、初めて売春に携わった年齢は、13-19歳が39%で最も多く、以下、20-25歳が29%、26-35歳が19%、36歳以上が4%という順になった。「再び一緒に」の関係者は「売春に携わる女性の多くは、幼いころに家庭で暴力を受け、家出して売春に携わるようになった」と説明した。

 売春に携わる女性のうち55%は家庭で暴力を受けており、その時期は就学前が30%、小学校時代が49%と、ほとんどが幼少期だということが分かった。また、売春を行う場所は、ルームサロン(高級個室バー)や遊興酒店(日本のキャバクラのような風俗店)、チケット制喫茶店が37%で最も多かった。

0 件のコメント:

コメントを投稿