2013/10/13

テロリスト英雄視の代償 (靖国放火模倣犯の誕生)


先月起きた靖国神社放火未遂事件、新大久保等のヘイトスピーチが社会問題化する中だったから、日本のメディアはこのニュースの扱いに困ったかもしれない。なお、その後の報道(今月9日)で、カン・ヨンミン(姜庸珉)容疑者が所持していたのが、トルエンでなくシンナーであったことが明らかになった(ネット上では、一時期購入が難しいトルエンを所持していたという初期の報道から、協力者の存在が噂されていた)。

2年前、朝鮮人慰安婦の孫を自称する中国人が靖国神社に放火した後、ソウルの日本大使館に火炎瓶を投げ込んだ事件があった。韓国の裁判所はこれを「政治目的との関連性が認められる」と見なし、韓国政府は日本政府の犯人引渡しの要請を拒絶した。反日団体は「劉強は、単なる放火犯ではなく勇気と気概のある若者だ。劉を日本に送らず中国に送り、日本の右翼に警鐘を鳴ら」せと犯人を英雄視、犯人は「私に大きな関心を見せてくださった韓国の多くの方々と報道機関に感謝している」というコメントを残し無事中国へと出国した。この時、朝鮮日報も「日本は靖国放火犯引き渡し拒否の意図を読み取れ」「日本も韓国の判断を尊重すべきなのは言うまでもない」などと煽っていた。

けっきょくこうした反日無罪を通り越したテロ行為を礼賛する風潮が今回の模倣犯を生み出したのではないのか?

靖国に不法侵入の韓国人「火を付けるために来た」 放火未遂容疑での立件も視野 警視庁公安部 

靖国神社(東京都千代田区)に不法侵入したとして建造物侵入容疑で逮捕された韓国人の男(23)が、傘にライターで火を付けようとしていたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。男は「火を付けるために神社に来た」と供述しているといい、警視庁公安部は放火未遂容疑などでの立件も視野に調べる。

公安部によると、男は姜庸●(=王へんに民)容疑者(23)。22日夜、神社拝殿に向かい、ペットボトルに入った引火性のトルエンとみられる液体を投げかけようとしたところを警備員に取り押さえられた。その前後には、リュックサックの中からライターを取り出し、傘に火を付けようとしたという。

姜容疑者は21日に韓国から入国しており、液体は国内で購入したとみられる。公安部はスマートフォン(高機能携帯電話)を押収し、閲覧履歴などの解析を急いでいる。

産経 2013.9.26

靖国神社に放火未遂、韓国人の男を逮捕

靖国神社に引火性物質を持って侵入したとして、韓国人の男(23)が日本の警察に逮捕された。靖国神社は太平洋戦争当時のA級戦犯らを合祀(ごうし)している神社だ。

在東京韓国総領事館が26日発表したところによると、今月22日夜、日本の警察に現行犯で逮捕された男は、25日に裁判所が逮捕状を発行し、身柄を拘束された状態で取り調べを受けている。男はトルエンとみられる液体が入ったペットボトルとライターを持ち、靖国神社に侵入したところを、パトロール中の警備員に見つかり取り押さえられた。共同通信は捜査関係者の話を引用し、男が「靖国神社に火を付けるため立ち入った」という趣旨の供述をした、と報じた。


今月の報道から。翌日に出国してしまえば、犯行がバレても日本に引き渡される恐れがないとふんだか?

靖国神社に放火目的でシンナー用意 「参拝に反発」韓国人男を追送検

靖国神社(東京都千代田区)に放火するためにシンナーやライターなどを用意したとして、警視庁公安部は9日、放火予備容疑で、韓国籍でアルバイトの姜(カン)庸(ヨン)珉(ミン)容疑者(23)=建造物侵入容疑で逮捕=を追送検した。

公安部によると、容疑を認め、「日本の国会議員らの靖国参拝に反発を覚え、神社を燃やせば参拝できなくなると思った」と供述。来日前にインターネットでシンナーの購入場所などを調べ、事件翌日の韓国行きの航空券を持っていたことなどから、公安部は計画的な犯行とみている。

追送検容疑は9月21~22日、都内でシンナー4リットルを購入し、ペットボトル2本に移し替えた上で、ペットボトルやライター、点火用の軍手などをリュックサックに詰め込などの放火の用意をし、靖国神社に侵入したとしている。

姜容疑者は21日に入国した後、靖国神社を下見し、都内のホテルで放火道具を用意。22日夜に神社のトイレ裏に隠れていたところを警備員に見つかり、シンナーを投げかけて軍手などに火をつけようとしたが、ライターが着火せずに取り押さえられたという。

産経 2013.10.9

「靖国神社に火をつけるため」シンナー、ライター、軍手…人知れず準備を重ねた韓国人男の放火計画 法廷で自説主張か

何の恨みがあって、英霊の眠りを妨げようとしたのか。靖国神社(東京都千代田区)に放火するため、シンナーやライターなどを用意するなどしたとして、韓国籍の姜庸●(=王へんに民)(カン・ヨンミン)容疑者(23)が11日、放火予備罪などで起訴された。犯行動機を「日本の国会議員らの靖国参拝に反発を覚えた」と語り、韓国内でインターネットを使って日本でのシンナーの購入先などを調べ上げ、日本に来てからもホテルで黙々と準備を重ねていた。親にも内緒で決行したという強い覚悟とは-。

「警備が手薄になるまで…」 トイレの陰で4時間潜伏

彼岸中の9月22日。夕闇が落ち始めた午後5時ごろ、リュックサックを背負った姜被告は、靖国神社南門近くのトイレの陰に身を潜めた。同6時には門が閉じられ、すっかり静まりかえった。「警備が手薄になるのを待とう」。さらに、3時間がたった。

「こんなところで何をしているんだ」

男性警備員に見とがめられ、外に連れ出されそうになったが、突然、振り返り、拝殿に向かって走り出した。リュックサックからペットボトルを取り出し、中身の液体を投げかけようとしたところで、警備員に追いつかれた。

液体は拝殿に届かずに石畳にこぼれ、シンナー特有の臭いが立ち上った。さらに、リュックサックに入っていた折りたたみ傘の先端に軍手をつけ、ライターで火を付けようとしたものの着火せず、その場で取り押さえられた。

警視庁公安部は建造物侵入の現行犯で姜被告を逮捕。リュックサックの中には、シンナー入りのペットボトルがもう1本入っていた。「靖国神社に火を付けるために来た」。姜被告は素直に容疑を認め、こう語ったという。

ネットで下調べ 夏休みを利用して犯行

公安部の調べで、姜被告が念入りに犯行の準備を進めていた様子が浮かび上がった。

前日の9月21日に韓国から成田空港に到着し、都内の塗装用品店でシンナー4リットルを購入。日本橋駅(中央区)近くのビジネスホテルにチェックインした。

ホテルの部屋にシンナーを置き、靖国神社に行って潜伏場所などを下見。2リットル入りの水のペットボトル2本を買って、再びホテルに戻り、水を捨ててシンナーに入れ替えた。姜被告の供述によれば、「たいまつのように点火用に使うつもり」で、軍手と折りたたみ傘も用意したという。

準備は韓国内で始まっており、インターネットで東京の塗装用品店やホテル、靖国神社の場所などを調べていた。さらに、シンナーの購入に必要な身分証明書として住民票を取得し、「シンナーください」という日本語も覚えていた。

韓国内で、携帯電話のバッテリーの製造工場でアルバイトをしていたという姜被告。バイト先の夏休みを利用して日本に来たといい、犯行翌日の23日には韓国に戻るつもりで航空券も予約していたが、あえなく身柄を拘束された。

公安部は放火未遂容疑での立件も検討したが、ライターが着火しなかったことなどから、放火予備容疑で追送検。東京地検は10月11日、建造物侵入と放火予備の罪で起訴した。

「神社を燃やせば…」 法廷で主張を展開か

姜被告はなぜ、靖国神社に火を付けようとしたのか。公安部によると、「以前から日本の国会議員が靖国神社に参拝するのに反発を覚えており、神社を燃やせば参拝できなくなると思った」と供述。慰安婦問題への日本の姿勢にも不満を漏らし、強い反日感情をみせているという。

直接のきっかけは犯行の約1カ月前、終戦の日の8月15日だ。安倍政権の閣僚を含む国会議員らが靖国神社に参拝するニュースをみて、「コップにたまっていた水があふれ出るように、神社に放火することを思い立ったようだ」(捜査関係者)。

靖国神社をめぐっては、平成23年12月、神門にガソリンがかけられて火を付けられ、境内に火炎瓶が投げられる事件があり、翌24年1月に韓国・ソウルの日本大使館に火炎瓶を投げ込んだとして、韓国警察に逮捕された中国人の男が「靖国神社に放火した」と犯行を認める供述をした。

警視庁公安部は放火容疑で男の逮捕状を取り、日韓犯罪人引き渡し条約に基づき、身柄の引き渡しを要求していたが、男は韓国内で服役後に「政治犯」と認定され、中国に帰った。

今回の事件と、火炎瓶事件に直接の関係はないとみられる。公安部によると、姜被告は軍隊での経験があるが、思想的な背景ははっきりしない。親にも日本に来ることを伝えていなかったという。いずれにしても姜被告は起訴されたことで、日本の法廷で裁かれる。警視庁幹部は一抹の不安をのぞかせる。

「今のところ、積極的に動機を語りたがらないが、裁判になれば、改めて自分の主張を明らかにするのではないか。法廷で堂々と日本を批判すれば、韓国で英雄扱いされるだろう

産経 2013.10.19


8 件のコメント:

  1. テロ礼賛の国民性は変わりませんね。
    結局、積み木を積めない子供が、隣の子の積み木をひっくり返しているということです。

    返信削除
    返信
    1. 大手の新聞が煽っているのは問題ですね。

      削除
  2. 慰安婦問題の拡大阻止 92~93年、東南アで調査せず
    2013年10月13日8時29分
    http://www.asahi.com/politics/update/1013/TKY201310120357.html

    他にも社説で
    【朝日新聞】 「慰安婦問題…一衣帯水の隣国なのに、日本と韓国の間では
    不信の連鎖が続く。政治の意志があれば、歩み寄りは可能だ」
    http://www.logsoku.com/r/newsplus/1381605061/

    朝日新聞社こそ、この問題に火をつけた当事者の一社なのに、
    いったい、このぬけぬけと正義感ぶる新聞社ってなんですかね?
    河野談話のはそもそも日韓交渉の側面が強かったし、その後の村山談話で
    インドネシアやらアジアのも調査はしたので、問題にならないのにと

    返信削除
    返信
    1. 私も一連の記事を読んで呆れると共に腹が立ちました。

      削除
    2. つくづく朝日・毎日の報道にはうんざりです。
      毎日のほうは、「原発部品40%無検査で輸出」という見出で、あたかも部品メーカーが品質検査せず、不良品を海外に売っているようなイメージの記事を書き、韓国メディアに喜ばれているという有様。
      実際は、原子力規制庁が、事務処理引き継がなかったせいで、国の輸出保険事務が滞っているという話。原発反対といっても、欠いていいことと悪いことがある。
      そもそも、脱原発宣言したドイツでさえまだ原発稼動している。

      削除
  3. 日本側の個人行動として8月14日に行われた、韓国の日本大使館前「水曜デモ」に、抗議にしたM氏。

    翌日には釈放、無事帰国となっていたようです。
    http://ameblo.jp/seife/entry-11604505070.html

    逮捕の動画は英語版も出ていますね。
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=AJVqDAqi97o

    撮影者のブログです。
    http://eireiwomamoru.blog.fc2.com/blog-entry-1.html#comment1

    鈴木氏の「杭テロ」もそうですが、日本側はまだ物理的な損害行為(?)には至っていません。これは何だかんだと言われても「遵法」を重んじる教育と、犯罪行為としてきっちり裁かれる国家体制であるからでしょうね。

    最近の「新大久保デモ」でも双方逮捕者が出ているようですが、この辺の感覚がマヒしてしまうのが心配です。

    返信削除
    返信
    1. M氏は、英語字幕入りの動画まで作っていたのですね。

      >この辺の感覚がマヒしてしまうのが心配です。

      同感です。これ以上エスカレートする前に、手を打った方がいいのかもしれませんね。

      削除
    2. 英語版の動画のご紹介ありがとうございます。

      今まで冷静にと思っていた多くの人の堪忍袋もさすがに切れてきていると思います。老婆の一人が戦後の人生も日本のせいで最悪だったと言いながら、その大嫌いな日本で数十年間、プロ(?)の歌手をやっていたと聞いて(ナヌムの家) そのあたりから、もうなにがなんだかw

      削除