2013/10/01

日本はひどい、ドイツ人にも知らせなければ、(ベルリン女の会)


「(日本政府の態度は)まったくひどい」「ドイツの人にも知らせなければ」とドイツで頑張っているのは、ベルリン女の会の梶村道子ら。日本人自らが反日キャンペーンの尖兵と化してしまっている(しかも外国で)のだから笑えない。けっきょく、日本人自身が歴史を正しく語り継いでいないから、それと知らずに反日プロパガンダの片棒を担がされてしまう。

「ドイツでは戦争責任のあり方が日本とはまったく違います。韓国人の友達もいるし・・・」

彼女たちが過去(ナチス?)を反省するドイツに憧れる気持ちも理解できなくはないが、ドイツだって賠償問題だろうと言い掛かりだと思えば、ポーランドやギリシャのクレームをthere is nothing to discuss(話し合うことは何もない) already settled(解決済み)とはねつけている。そもそも事実でないことに謝罪したりはしない。

追記: コメント欄で凧さんに梶村道子が梶村太一郎の妻であることを指摘された。つまり素人ではなかったわけだ。

ドイツ首都で抗議行動

「慰安婦」問題 日本政府の態度ひどすぎます

在住日本人女性ら活動 注目集める

 ドイツのベルリン在住の日本人女性たちの会、「ベルリン女の会」が、日本軍「慰安婦」の問題を取り上げて活動し注目を集めています。

 普段はドイツで生活する上で必要な知識を交換し、日本語で話す機会をつくって活動しています。会員は日本人女性30人です。

 「会」は8月14日、ベルリンのブランデンブルク門前で「慰安婦」の写真を掲げ、行動しました。「会」のメンバー20人だけでなく、韓国人グループ、ドイツ人の人たちも参加し、参加者は70人になりました。

 この日、「慰安婦」への公式謝罪と補償を求めて安倍首相宛てに公開質問状を出しました。国連拷問禁止委員会が5月31日、日本政府に、被害者の苦難を和らげるべき立法、行政および司法上の措置を取るよう5項目にわたる勧告を出しましたが、日本政府は「勧告に従う義務はない」と否定。これが公開質問状のきっかけとなりました。

 「会」で「慰安婦」問題を担当している梶村道子さん(67)は、「(日本政府の態度は)まったくひどいと思いました。このことをドイツの人にも知らせなければとドイツのマスコミに知らせ、ドイツの市民グループに一緒に抗議しようと公開質問状をまとめました」と語ります。

 ドイツの大きな女性組織、「ドイツ女性の輪」やアムネスティ・インターナショナルのドイツ支部、キリスト教団体などが賛同し、当日は「会」の代表とともに日本大使館に申し入れました。賛同団体は現在、26団体に増えました。

 会のメンバーの一人、浜田和子さん(68)は、「ドイツでは戦争責任のあり方が日本とはまったく違います韓国人の友達もいるし、そこからさまざまな見方ができます」と話しました。

赤旗 2013.9.30

13 件のコメント:

  1. ドイツが、ドイツがという韓国人やこういう人たちは、ドイツが何をしているのかをきちんと調べていないですね。都合のいいところだけつまみ食いです。
    ある意味、ドイツ人にとってもあまり掘り返してほしくないテーマだと思いますけどね。

    返信削除
    返信
    1. 表面的な部分しか見ていないのでしょうね。

      削除
  2. Hazamaさんの過去のエントリーにも登場する梶村太一郎氏の妻ですね。 赤旗新聞に登場する梶村太一郎・・・。 梶村氏が書いた慰安婦関連の本(「慰安婦」強制連行―史料 オランダ軍法会議資料×ルポ 私は“日本鬼子”の子--ライデン大学名誉教授で聖書学者の村岡崇光、そして 週刊金曜日(株式会社金曜日)の糟谷廣一郎と共著)

    彼は、南京安全区国際委員会の委員長だったジョン・ラーベについてシンドラーと違いラーベは純粋な人道主義者であったとシンドラーと同一視されやすいラーベに関する書籍の誤訳を指摘してきたことで知られているようですね。

    強姦所と梶村が呼んでいる慰安所の女性たちの大半が、小・中・高生(の年齢)だったと彼が断言する根拠が、日本兵は女性たちに年齢を尋ねてから強姦していたから判明しているのだと主張する一方で、その残虐な行為を働いた日本兵たちを、中国政府は寛大な処置により無罪放免にしたのだと述べているようで・・。

    妻、道子氏の方は15年前にナチス戦下のベルリンを舞台に同性愛者の女性の恋愛を描いた本、「ベルリン、愛の物語―エメーとジャガー」を書いたり、「ナチズムと強制売春」(クリスタ・パウル著)の翻訳をされているようですが、夫の太一郎氏は1974年以来、28歳のときから40年近くベルリン在住だと言うことは、人生のそして日本の戦後の半分以上をベルリンで過ごしていることになりますね。戦前のベルリンは共産主義の拠点でしたが、30代、40代、50代、そして60代をベルリンで過ごしている梶村氏が1997年8月13日に木村愛二氏を、民衆扇動罪(ドイツ刑法第130条第3項 ナチス賛美やホロコースト否定主張を禁じる罰条)容疑でドイツ連邦共和国ベルリン州地方裁判所内国家検察局に告発(ガス室裁判)しているのには驚きました。

    --ベルリン州同検察局は、日本国籍者同士の問題であると言う理由で、梶村の告発を受理していないとのことですが、感覚的にドイツが自国なのでしょうね。

    3.11の地震を受けてスタートさせたブログも、ドイツの能力の高さと日本の能力の低さを延々と書いていますので、ドイツの優越感をくすぐるのには十分でしょう・・・
    http://tkajimura.blogspot.jp/2011_05_01_archive.html




    返信削除
    返信
    1. 梶村道子氏については、もう少し調べてから紹介すべきでした。いつも至らない部分を補足して頂き感謝です。梶村太一郎氏の妻となれば、素人(?)の思い込みではないですね。エントリーの本文も訂正します。

      >木村愛二氏を、民衆扇動罪・・・容疑でドイツ連邦共和国ベルリン州地方裁判所内国家検察局に告発している

      内輪もめでしょうか?

      削除
    2. 確信犯ということですね。
      さらにたちが悪い人種ということです。

      削除
  3. たまたま知ったもので違う話題の記事で恐縮ですが貼ってみます。
    慰安婦像設置を推進した議員だそうで、この別件でこの顛末だそうです。

    2013年9月29日 (日)
    ブエナパーク市の韓国人議員が詐欺罪で起訴されていた
    Korean councilman charged of perjury
    http://tonchamon.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-fb5c.html

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。エントリーと無関係な話題でも歓迎です。どうかご遠慮なく。
      Sangjin Miller Ohのこのスキャンダルについては、在米日本人さんも以前触れていましたが、どうにも胡散臭い男のようです。

      削除
  4. brittanylevine のtwitterに例のビデオを投稿したところ、翌日早々と記事がでて”しまいました”。

    ”しまいました”というのは、またまたbrittanylevineが見方の偏った記事を書いているからです。

    新しい市長がバッシングされないことを祈ります。



    http://www.glendalenewspress.com/news/tn-gnp-glendale-dave-weaver-reopens-comfort-women-statue-tiff-japan-korea-20131003,0,4312674.story

    返信削除
    返信
    1. いや、偏っていないか。少なくとも以前の記事とくらべれば。

      削除
    2. 機械翻訳で読んでみましたがさっぱり(泣)...

      しかしながら、フェイスブックのコメント欄には碑設置に対して否定的なコメントがあるように思えます。しかも現地の方のように見受けられますがいかがでしょう?

      「主要な反対」とか「アメリカは騙せれやすい」とか「デイブはソウルの食べ物を」とか、皮肉なんでしょうか?

      削除


    3. それに関しては:
      foot-in-mouth disease = 失言癖
      foot-and-mouth = 口蹄疫、家畜の伝染病

      soul food = 米国南部の黒人の伝統的料理
      Seoul food = 朝鮮料理

      ということで、
      ”デイブは朝鮮料理より伝染病に罹った牛肉の方が口に合うんだろ”

      まあ皮肉だと思いますが、 もしかしたら単なる駄洒落かもしれません。

      削除
    4. almostさんが仕掛け人でしたか(笑)
      Brittany Levine氏が画家スティーブ・カバルロ氏のように話の分かる人かどうか、今後に注目ですね。

      削除
  5. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除