2013/10/01

ソウル市、慰安婦に月60万


今の市長がこの問題に熱心だからという分析もあるようだ。それにしても、韓国人「ハルモニ」にこれ以上の「人道援助」は必要なのか?朝日新聞に問いたい。死亡時には弔意金100万ウォン(9万円)が支援団体に渡る。挺対協がおこぼれにあずかるのは何時ものこと。

ソウル市、慰安婦ハルモニに月60万ウォン(5万5千円)支援

生活費・診療費各30万ウォン

ソウル市が日帝強制占領期間従軍慰安婦被害ハルモニに毎月30万ウォンの生活補助費と30万ウォンの診療費を支援する。

ソウル市は27日、第12回条例・規則審議会を開き「対日抗争期強制動員被害女性勤労者支援条例公布案」を可決したと30日明らかにした。

制定された条例案は慰安婦ハルモニの生活安定を図り、正しい歴史観を確立するためのもので、「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会」が被害者と認定したソウル市在住のハルモニに、毎月生活補助費30万ウォン、診療費30万ウォンを支給することにした。

また、死亡時弔意金100万ウォン(9万円)を支援し、慰安婦ハルモニ被害関連調査・研究事業団体に事業経費を支援する根拠を用意した。

(中略)

市価議決した条例案をソウル市議会第250回定例会に提出すれば条例は来月4日、規則案は17日公布される。

ニュース1 2013.9.30

ソウル市、慰安婦に月60万ウォンサポート

生活費・診療費各30万ウォン

ソウル市が日本植民地時代従軍慰安婦被害おばあさんたちに毎月30万ウォンの生活補助費と30万ウォンの診療費を支援する。

ソウル市は去る27日、第12回条例・規則審議会を開き、「対日抗争期強制動員被害女性労働者支援条例公布ない」を議決したと30日、明らかにした。

制定された条例案は、慰安婦お婆さんたちの生活の安定を図り、適切な歴史観を確立するためのもので、「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会」が被害者に決定したソウル市在住の祖母に毎月の生活補助費として30万ウォン、診療費30万ウォンを支給するようにした。

また、死亡時ジョウイグム100万ウォンを支援し、慰安婦被害関連調査・研究事業団体に事業経費を支援する根拠を用意した。

ソウル市に居住している慰安婦被害おばあさんは16人で、全国的に50人が生存している。

市はまた、児童福祉を改善するための「児童の貧困の予防及び支援に関する条例公布ない」、「児童福祉審議委員会の構成及び運営に関する条例公布ない」を議決した。

市場が貧困児童が福祉・教育・文化などのポリシーで疎外と差別を受けないように法的制度的装置を用意して、児童福祉審議委員会がサポート事項を審議するためにした内容が盛り込まれた。

この他にも青年たちに良質の雇用を提供するために、定員30人以上の市傘下の公企業の青年義務雇用率を3%以上に定めた「青年雇用基本条例公布ない」、建設下請関連代金を統合管理する「代金eすぐシステム」の法的根拠を用意した「工程下請けと共生協力に関する条例公布ない」改正案がも可決された。

今年の年末終わる予定だった1万ウォン以下少額タクシー料金のカード決済手数料サポートを2ニョンド延長する「タクシー料金のカード手数料サポートのための条例」、伝統的な市場と商圏活性化エリアで最初の2時間の間駐車料金を半分割引してくれる」駐車場設置及び管理条例」の改正公布ないなども32個条例公布眼科1つ条例案、7つの規則案を審議・議決した。

時価議決した条例案をソウル市議会第250回定例会に提出する条例は来月4日、規則案は17日公布される。

0 件のコメント:

コメントを投稿