2013/10/26

共産党、しつこく「バタビヤ軍法会議がぁ!」


当り前である。共産党の党員が事件を起こしたら、今後は無条件にそれを日本共産党の組織犯罪として対応していくのかという話である。軍規違反と戦時動員の話をごっちゃにする。

「政府が発見した資料の中に『バタビア軍法会議記録』が含まれていることを初めて認めました」

別に今までだって否定はしていないだろうし。そもそも河野談話の「官憲等が直接これに加担したこともあった」という部分は、スマラン事件の事だと言われている

「収容所から慰安所に連行し、売春を強制しても『強制連行』でないとすれば、どんな強制連行も安倍内閣のいう『強制連行』に当たらないということになる」・・・いいえ、なりません。日本政府は慰安婦以外の強制連行(戦時動員)については認めていますが、安倍内閣に限らず歴代のどの内閣も慰安婦の強制連行は認めていません。いい加減にしろ。

政府資料の強制性否定

「慰安婦」問題 安倍内閣が強弁

赤嶺議員に答弁書

 安倍内閣は25日、日本軍による「慰安婦」の強制連行を示す資料=「バタビア臨時軍法会議の記録」について、強制連行を示す証拠はないとする答弁書を閣議決定しました。日本共産党の赤嶺政賢衆院議員の質問主意書への答弁。

 安倍内閣は6月18日、政府が発見した資料の中に「バタビア軍法会議記録」が含まれていることを初めて認めました(赤嶺氏の質問主意書への答弁書)。

 同記録は、日本軍がインドネシアで抑留所に収容中のオランダ人女性らを「慰安所に連行し、宿泊させ、脅すなどして売春を強要するなどした」と明記しています。

 6月18日の答弁書は一方で、同記録に関しても強制性を否定。赤嶺氏は「国民の常識では理解できない」として、記録にある日本軍人らによる強制連行は安倍内閣の言う「いわゆる強制連行」に当たらないという認識かと再度質問主意書を提出しました。しかし、政府は再度、強制性はないとする答弁書を出しました。

 赤嶺氏は、「日本軍人らが女性を収容所から慰安所に連行し、売春を強制しても『強制連行』でないとすれば、どんな強制連行も安倍内閣のいう『強制連行』に当たらないということになる。まったくの虚構であり、こうした見解は撤回すべきだ」と語りました。

赤旗 2013.10.26

15 件のコメント:

  1. 誰がやったかが問題であり、軍令違反と軍命令の区別がつかないあたり、共産党も近頃ますます調子にのって、非常識ぶりに拍車がかかってきた。

    返信削除
    返信
    1. 分かってて言ってるんでしょうけどね。

      削除
    2. 町で共産党が広報活動してるときは 抗議することにしてます。

      削除
    3. 糠に釘でしょう? w

      削除
  2. この事件について、Sarah Soh のThe Comfort Womenのなかに面白い記述が出てきます。SohはJan O'Herneにインタビューしていて、O'Herneの言として、ある日、日本軍兵士が彼女のところにやってきて、「仲間がすまないことをした。これは一晩、あなたを買った泊り券だ。今日だけは休んでくれ」と言って、彼女とおしゃべりやゲームをしただけで指一本触れず、彼女はベッドに寝かせ、その兵士は床に寝た、という。(p194)

    「私は売春をしていたのではなくて、日本軍兵士の一員だったのよ。他の兵隊を戦わせるための兵士の一員だった。日本は戦争をしていたのだから、誰かがお世話しなきゃ、しょうがないでしょ。」と強く言う朝鮮人元慰安婦の言葉も出てきます。

    250頁中200頁まで読みましたが、基本となっている情報の量と正確さ、思想的偏見のない、バランスのとれた多角的分析において、この本は極めて優れた学術研究だ、と考えるようになりました。よくもまあ、これだけのものを作ったものだ、と感心しますよ。吉見の本の英訳や吉田清治のウソを基礎にしたヒックスの本しか英語の記述がなかった頃に比べると、この本の出版は一時代を画すほどの効果があると思います。

    この本の出版は今年の8月、つまり、グレンデールに少女像が立った直後です。
    今後、慰安婦碑建立を思い立つ自治体は、この本を参考文献とするでしょうから、もう韓国人団体による一方的な運動の高まりで碑が建つことはない。と確信できます。

    返信削除
  3. 追記:

    5分の4まで読んで感じることは、日本軍兵士による朝鮮人慰安婦に対するまっとうな人扱いというか誠実さですね。そりゃあ、戦争なのだから非道な事件もあったと思いますよ。でも、それは、あくまで事件。引用されている慰安婦の証言のなかに、日本軍兵士にプロポーズされたとか、兵隊は休日に餅つきをやって、その餅を分けてくれた、揚げ物にしたらすごくおいしかったとか、馴染みの兵隊が飴とかようかんとかの慰問品をよく持ってきてくれた、戦地に去って行く兵士に恋心を持っていたとかいう言葉がでてくるのだから、しょうがない。

     このあたり、私が鬼婆扱いしている今の元慰安婦たちの日本に対する悪意に満ちた証言の内容と印象がずいぶんと異なります。その理由の一つは、著者によるインタビューが、主に1990年代から2000年代前半にかけて行われていることと関係があるかもしれない。つまり、慰安婦問題が「反日オモチャ」に使われる前の証言である、ということ。

     もう一つは、もっと根本的なことだけれども、朝鮮において女は人扱いされていないという事を、朝鮮人慰安婦自身が体験を通してよく知っていて、前線の慰安所が若い男女が戯れる場としては、なかなかによく出来ていたのではないか、と思えることです。そこで彼女らは初めて、自分は女として同じ人間として、きちんと扱われていると感じたのではないかってことです。そもそも食堂が一緒だということは、同じ釜のめしを食っている仲間だということでしょう。日本人の感覚からしたら、そこに一段下の別人種を見るような格差扱いなんかありません。

     兵隊だって日本の貧しい家庭から来ている若い純朴な連中が大半ですよ。政治のプロパガンダを取り去ってみれば、そこに人間どうしの素の付き合いがあったに決まっている。

     兵隊も慰安婦も、身を絶えず敵の来襲の危険に晒しているという点では「戦友」です。いったん「戦友」になってしまうと、生まれも身分も人種も、いっぺんにすっ飛んだはずで、さてこそ、「私は売春をしていたのではない。日本軍兵士の一員だった」という言葉が出てくると思うのですよ。

     こういうことに気づかされた、それだけでもSarah SohのThe Comfort Womenは価値ある一冊だと思います。

    返信削除
    返信
    1. 私もサラ・ソー氏の本は、これまで英語で書かれた中で最良の本だと思います。その一方、彼女には吉見義明氏や秦郁彦氏ように、軍関係の資料を読み込むだけの日本語力と専門知識がないことが惜しまれます。彼女は、慰安婦の総数を2万人とした秦氏の分析に関して、賠償問題を懸念して数値を下方修正したと仄めかしていますが、恐らくこれは誤解でしょう。

      削除
  4. Sarah SohのThe Comfort Women を全部読みました。

    最初から終りまで問題にすべき箇所はありませんでした。この本は、慰安婦について英語で書かれたものとしては現時点で最良の学術書と判断してよいと思います。

    伝えられる報道によれば、秦郁彦教授は英語の文献が吉見義明やG・ヒックスの本しかなく、しっかりした学術文献がないことに危機感を持っておられるようですが、本書は、その不足部分を充分補うものといえる、と思います。

    惜しむらくは、朝鮮警察が女衒による誘拐の取り締まりにあたっていたこと、日本軍が17歳以下の慰安婦業従事を禁じ、本人を騙すなどの不正行為がないよう本人に面接して仕事の内容が「醜業」であることを伝えるなどの不正募集防止の努力をしていた観点が欠落していますが、そこまでの完璧さを求めるのは無理というものでしょう。

    また、この本は「慰安婦」がどういう存在だったかについて客観的かつ多角的に分析していますが、「慰安婦問題」を扱っていないので、河野談話や米下院の対日非難決議、米国における少女像建立の動きについては何らコメントしていません。Sarah Sohは純然たる研究者の立場から「慰安婦」にスポットライトを当てているので、「慰安婦問題」が今、日韓両国の間で政治的・外交的にどれほど障害になっているかについては分析していません。従って、この問題が、直接には責任のない日本の後世の人々(つまり我々)を不当に苦しめているという感覚は欠如しているように思います。

    しかしながら、英語国民が「慰安婦」にまつわる様々な問題を真剣に理解しようと思えば、この本はやや詳細な入門書として重要な通過点になるに違いなく、そのような文献を提供したSarah Sohの功績は評価すべきであると考えます。

    返信削除
    返信
    1. お疲れ様でした。
      日本に対するシンパシーが無いほうが、資料としては説得力があるという皮肉な面もありますね。というか、日韓のこの状況は秦から見ると理解できないと思いますけどね。特に日本側の辛抱強さが理解できないと思います。

      削除
    2. 外務省の対応が「もう謝罪はした」みたいに、きちんとした「反論」ではない、そこを秦教授は憤っているのでしょうね。

      このSara Sohの本は挺対協の言い分に正面から反論はしていませんが、読み進めて行くうちに慰安婦の知識が深まることで充分な「反論」になっていますよ。

      あとがきの部分に書いてありますが、1)Sara Sohは1995年に韓国に行った際、挺対協から「慰安婦問題を世界に広めて欲しい」と依頼された。2)ある程度まとめたものを米国の学術会議で発表したところ、大きな反響があった。3)研究を深めていくうちに、挺対協がいうような単純な問題ではないと気がつき、関連する様々なテーマを研究対象に盛り込んでいくことになった。4)慰安所を設け慰安婦を動員した主体は日本軍であるけれども、これに手を携える形で協力したのは朝鮮社会であることにも気がついた、等々。

      結果として、A) 挺身隊と慰安婦を混同させている挺対協や韓国マスコミは欺瞞だ、B)多数の同国民を公娼制度に放り込んで、娘たちの犠牲のうえに平然としているのが朝鮮社会だ、C ) 日本は兵隊や娘たちの面倒見が良かった(つまり、sex slaveではない)、と読み取れるわけです。

      Sara Sohはフェミニストではあるけれども、日本でよく見る原理主義的フェミニストではなくて、「日陰の存在で無視されている慰安婦の存在に、世界の人々はもっと目を向けて欲しい」というのが、この本の執筆動機だったように見受けられます。(おそらく、その動機を生んだものは、早くから英国に留学ができたなど恵まれた環境に育った自分の、貧しい家庭に生まれた慰安婦たちの境遇に対する同情心と負い目がある。)

      Sara Sohが考慮していない重大な部分は、我々現代の日本人が、大使館前やアメリカ国内に慰安婦碑を建てられて憤怒していることです。8月に出版なら執筆の完了はその数ヶ月前だから、これはやむを得ませんけれどもね。

      削除
    3. 私も、なぜカウンター側がこの本を使って反論しようとしないのか、前々から不思議に思っていました。

      削除
  5. 慰安婦問題を肯定したい連中のNEVERのHPです。

    http://matome.naver.jp/odai/2138238867118488501?page=2

    典型的な反論なんですが、視野の狭さがなんとも。

    返信削除
    返信
    1. マニュアル通りと言うか・・・。

      削除
  6. 「しんぶん赤旗」沈黙 身内に甘く 「共産党首長」の大島町長飲酒問題
    2013.10.27 01:37
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131027/stt13102701370000-n1.htm
    川島氏は共産党員で、全国で8人いる「共産党首長」の1人。
    進退論が浮上しているが、政治家の不祥事に厳しい「赤旗」も
    身内には甘いようだ。

    スマラン事件ってこういう話なのですよね
    4ヶ所の慰安所は日本軍司令部が閉鎖させているし

    返信削除
    返信
    1. 身内に甘いのは、社会的動物である人間の性ですね。

      削除