2013/10/14

日本人慰安婦の証言 「誰を恨むわけではないが・・」


反日団体のスポークスウーマンと化した一部の慰安婦のせいで、慰安婦に対する偏見が酷いことになっている。好きで売春していたとか、腹が立つのは分かるがあの時代娼婦として生きるというのがどういうことだったのか、謝罪・賠償運動とは無縁の日本人慰安婦の証言から。・・・こういった話を英訳することで、海外の人に慰安婦問題の本質を知ってもらうという手もあるのではないか。慰安婦問題というのは、貧しかった頃の日本の女性悲話である。

なお、この証言は西野瑠美子の著書より取ったものだが、読む際には注意が必要だろう。彼女は証言者を慰安婦、証言者が働いていた場所を(国内の)慰安所街としているが、厳密な意味でこれらを慰安婦や慰安所と呼ぶべきか疑問である。

 当時木更津には、三軒町と六軒町という慰安所街があった。三軒町にあった慰安所は、「純粋な」軍隊慰安所である六軒町とは異なり、一般客とともに軍人も来ていたところだ。しかし国内の慰安所の実態がなかなか見えない中にあって、そこにいた女性に会えるということは大変な巡り合わせだった。

(中略)

一九一九年(大正八年)生まれの彼女の人生は、戦争を抜きにして語ることはできなかった。

「私は埼玉の生まれなんですよ。父は新潟の生まれで、屋根まで雪が積もるような地で育ったけれど、母と結婚してから埼玉に移り住んでいました。父は鉄道に勤め、ごく普通の家庭だったのですが、私か十六になった年に、生後百日ぐらいの弟を残したまま、母は赤痢で亡くなってしまったのです。私は長女で、下には四人の弟と妹が一人いましたから、高等小学校を出るとすぐに私は弟たちの面倒をみるため家に入り、家族の世話に明け暮れました。

ところが母が死んで四年後に、今度は父が脳溢血で倒れ、そのまま亡くなってしまいました。弟たちの面倒は、長女の私にすべて降りかかってきたのです。父が残したお金はすぐに使い果たし、食べていくために私は働きに出なくてはなりませんでした。といって、その頃六人家族を支えるような給金をもらえる仕事は、そう簡単に見つかりませんでした

そんなとき、私の従姉妹が訪ねてきたのです。彼女は木更津の遊郭に五年間いたのですが、年季が明けたといって帰ってきました。そして私の事情を知ると、『あんたも木更津に行きなさい。私か紹介してあげるから』と勧めたのです。他に就職のあてもなかった私は、従姉妹の『そこに行けばお金が儲かる』という言葉に魅かれて、ついに行く決心をしました。

鈴木楼に行き、契約を済ませると一二〇〇円の前借金をもらいました。二〇〇円は私の着物代などに当て、残りの1000円を家族に渡したのです。弟たちには、住み込みの工場に働きに出るのだと言いました。どうして遊郭に入るなどと言えたでしょう。家にはばあやか来てくれることになり、弟たちの面倒の心配はなくなりました。

私か鈴木楼に行ったのは、昭和十六年のことです。私は二三歳になっていました。三軒町には、鈴木楼のほかにあと二軒の遊郭があり、女は三人から五人ぐらいの小さな家でした。六軒町は航空隊ができてから建てられたものですが、三軒町は昔からあった遊郭です。鈴木楼には(私のほかにも親に売られて秋田から来た娘もいました。主人は私に『登志子』という名前をつけました。ほかにも『かおる』『絹子』『信子』といった女性がいました。

店を入ったところに私たちの写真と名前が貼ってあり、客はそれを見て女を決め帳場でお帳場さんに料金を払い、選ばれた女が呼ばれたのです。そこに来るのは一般人に混ざって兵隊もいました。しつこい人やいやなことを要求する人もいて……ひどい乱暴を受けることはありませんでしたが。

下士官は一日おきに外泊ができ、日曜日に限らず平日でもやってきました。来ても戦争のことは一言も話しませんでした。私も聞きはしませんでした。ただ、兵隊が大勢来た日など、兵隊たちはぼっそり『明日、敵地に行くんだ』と言ったものです。そうすると私もついつい慰めてあげたいという気持ちになったものです。あの頃は、こんな商売でもお国のためになるんだと思っていました。

一時間二円で、一日十人から十二、三人ぐらいがやってきました。一晩に泊まりが五人いて、かけもちで回ったこともあります。いつも眠くて眠くて、朝飯を食べるとすぐに眠ってしまうのですが、すぐにまた起こされて。

鈴木楼にいったとき、私は処女でしたからとても辛かった……囗では言えません。でも、逃げ出したら家族に迷惑がかかると思うと、それもできませんでした

それでも楽しみもあったんですよ。毎週、木更津の映画館に行くことが許されていたんです。その帰りにおしるこを食べたり葛餅を食べたりしたこともありました。楽しい思い出といったら、それだけですね。わずかな小遣いの使い道でした。給料は、十日ごとに計算されましたが、借金や食いぶちとか雑費などが引かれて、手元には十円ぐらいしか渡されない。それも映画を観たり髪結いさんに行ったりすればすぐに無くなってしまいます。それでも弟たちのことを考えると、少しでも貯金しなくてはと思い、日掛けで一日五〇銭を貯金のため主人(楼主)に渡しました。暮れになると主人からもらって、正月の準備に使うようにと、家に送りました。もちろん正月に私が帰ったことなどありません。弟たちには手紙を出しました。工場の仕事が忙しくて帰れないと・・・・・・。

兵隊の場合は、必ずコンドームを二個ずつ持ってきました。性病の検診は週に一回、千葉から来る医者に診てもらいました。木更津にも産婦人科の医者はいたのですが。そのときに梅毒の予防だといって六〇六号の注射を射たれました。検査のときには、他の家の女たちと一緒になるのですが、ほとんど話すことはありませんでした。愚痴をこぼすことはあっても、みんな自分の素性は話しません。こんな中で、親しい友人なんてできるわけがないですよ。みんな自分のことで精いっぱい。他人を頼ろうなんて考えもしませんでした。

(中略)

一緒にいた女の中にはそのままGHQ相手の慰安所に残った人もいます

でも、私の幸せも朿の間でした。四年後に夫は事故で亡くなってしまったのです。何年かして再婚しましたが、結局子どもは生まれませんでした

(中略)

「自分の人生を振りかえると、ただただ情けない。弟や妹のために仕方なかったけれど、両親さえ生きていたなら、私はこんな人生を歩まなくても良かったのにと、ついついそんなことを考えてしまいます。生きていくためだったけれど、一度狂った人生は、もう二度とやり直すことなんてできないですよね。恨むといっても、だれを恨むわけではないが……」


13 件のコメント:

  1. 現在の先進国の基準で、こういうことを批判するのは間違いなんですよね。当時の日本にも、生きていくのに精一杯の貧しい人達がいたわけです。そして、今は東南アジアなどではごく普通に存在するわけです。
    批判するのは簡単ですが、そういう人たちの生きていける選択肢を与えなければ、富める者の驕りでしかないんでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. 当時は、生死に関わる問題であったりしたわけですからね。

      削除
  2. 「自分の人生を振りかえると、ただただ情けない
    。弟や妹のために仕方なかったけれど、両親さえ生きていたなら、
    私はこんな人生を歩まなくても良かったのにと、ついついそんなことを
    考えてしまいます。
    生きていくためだったけれど、一度狂った人生は、
    もう二度とやり直すことなんてできないですよね。
    恨むといっても、だれを恨むわけではないが……」

    この部分は西野さんの加筆もあると思いますよ、
    弟や妹を食わせていたことってそれは本人のプライドであり、
    誰でもできることじゃない大変なことなのですよ
    それを間違った人生だの、恨みだのと誰がいいましょうか?と
    作者である西野さんの意図が女性差別や地位に視点があるので
    こういう内容になるのですね。

    返信削除
    返信
    1. 西野さんの著書は何冊か読みましたが、バイアスはあると思います。嘘は書かない人だと思いますが・・・。

      削除
  3. >だれを恨むわけではないが
    これって日本人的諦観だと思います。
    韓国人だと
    「誰かを恨まずにはいられない」
    となるんでしょうね。

    返信削除
  4. 606号の注射をされたということはすでに梅毒に感染してしまったか、ほぼ梅毒感染をするということですから、公娼や軍慰安婦達の置かれた立場がいかに危険なものであったかの証拠です。話には聞いていましたが。606号は身体に害を生じるので、今日では禁止されています。こういうのを定期的に注射されていたわけですね。一体医者の倫理はどこに行ったのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 谷崎潤一郎の細雪には、良家のお嬢様が疲労回復にヒロポンを注射する場面がありますが、現在では考えられませんね。

      削除
    2. ヒロポンは日本では覚せい剤ですが、米ではアンフェタミン、俗名スピードとかクリスタル・メスとか呼ばれていますが、60年代にはもっとポピュラーでした。今日でも、風邪薬のなかに少量ですが含まれています。風邪薬を飲んで気分がすっきりするのはこの薬の効果です。

      削除
  5. 606号の注射でググるといろいろでますね。
    http://historie1.blog135.fc2.com/blog-entry-69.html
    1910年に登場した梅毒の特効薬サルバルサン606号は、
    人体に害のある投与量の3分の1程度の量で梅毒トレポネーマを
    殲滅することができた。
    魔法の弾丸と呼ばれたサルバルサンであったが、この薬には
    二つの弱点があった。
    一つは梅毒トレポネーマ以外の、他の病原性の強い微生物には
    何の効果もなかったことである。
    もう一つは、しゃっくり、嘔吐、足の硬直や痙攣などの副作用が
    起きたことである。
    そして、それほど病状の進んでいない梅毒患者がサルバルサンを
    投与されて死亡してしまう事例もあった。
    サルバルサンは数千人の梅毒患者を救う一方で、数十人の患者を
    副作用で殺していった。
    とはいっても、他に梅毒の治療薬もなかったから、サルバルサンは
    四半世紀にわたって梅毒の治療薬であり続けた。

     秦佐八郎wikiより
    1909年6月、科学者ベルトハイムが合成した砒素製剤606号と
    名付けられた試料(ヒ素化合物ジオキン・ジアミド・アルゼノベンゾール)
    の効果と急性毒性を、秦は動物実験し、
    その卓れた効果が確認された。
    サルバルサンwikiより
    ドイツのパウル・エールリヒと日本の秦佐八郎が合成した
    有機ヒ素化合物で、スピロヘータ感染症の特効薬。
    毒性を持つヒ素を含む化合物であり副作用が強いため、
    今日では医療用としては使用されない。

    返信削除
  6. ちなみに、ペニシリンが日本で普及したのは戦後でした。
     ペニシリンwikiより
    日本では、1943年にドイツの医学雑誌から存在を知った
    陸軍軍医学校で開発が始まり、翌1944年に少量ながら生産に成功。
    「碧素(へきそ)」と名付けられ、数人の患者に投与されて
    実績を挙げたが、大量生産には至らないまま終戦を迎えた[1]。
    1946年からは占領軍が招聘したテキサス大学の
    ジャクソン・フォスター教授の指導の元に日本の製薬会社各社が
    生産を開始し[2]、翌1947年から病院を通して日本中へと広まった。
    その結果、日本では抗生物質の開発及び生産が著しく増大し、
    感染症の治療法が普及し、乳児から高齢者までの全ての年齢層で
    感染症による死亡率が著しく減少し、平均寿命の上昇に
    大きな影響をもたらした。

    返信削除
    返信
    1. フレミング博士は、ペニシリンを発見しただけでなく、それまでの戦傷の治療法の間違いも正した人でしたね。当時日本にもペニシリンがあれば・・・。

      削除
  7. サルバルサンを梅毒予防目的で定期的に投与したという事例はあるんでしょうか?

    返信削除