2014/03/12

[報道] 河野談話「検証するが継承する」 菅官房長官


海外の識者の中には、安倍政権が河野談話の検証を認めることで国内の保守派を慰撫すると同時に、韓国政府には河野談話の見直しはないと約束することで外交関係を復活させようとしているのではないかという見方が出ているらしい(要確認)。

そんな感じがする。かなり冷静な舵取りをしているのではないか。

「河野談話検証は国民への説明責任」

菅官房長官は、記者会見で、いわゆる従軍慰安婦の問題を巡る河野官房長官談話を、安倍内閣として継承する考えを重ねて示したうえで、談話の作成過程を検証するのは、国民に対する説明責任を果たすためだと強調しました。

この中で、菅官房長官は、いわゆる従軍慰安婦の問題を巡り、政府の謝罪と反省を示した平成5年の河野官房長官談話について、「安倍政権は、第1次安倍内閣で答弁書を閣議決定しているように、河野談話を継承する方針に全く変わりはない」と述べました。

そのうえで、菅官房長官は、「当時の石原官房副長官から、『河野談話の発表で決着した問題が、再び韓国から提起されている状況をみて残念だ』という話があった。同時に、日韓ですりあわせが行われた可能性についても発言があった。そういう証言がある以上、国民に対する説明責任があるので、当時の状況を検証する必要がある」と述べ、談話の作成過程を検証するのは、国民に対する説明責任を果たすためだと強調しました。

NHK 2014.3.12

2 件のコメント:

  1. やはりこれは来年の新談話に向けての布石か?

    「村山・小泉」談話に対し「安倍談話」、「河野談話」に対し「菅談話」。
    ともに前談話を否定・撤回することなく未来志向も基調にしたものになるいのではないかと推測します。


    返信削除
    返信
    1. 河野談話に補足説明か(明確化)、新談話が現実的な選択だと思います。河野談話の撤回はないのではないでしょうか。少なくとも安倍政権ではないでしょう。

      >未来志向も基調にしたもの

      作るならいい物を作って欲しいと思います。

      削除