2014/03/30

国会議員が日本大使館前でヘイト写真展

国会議員がヘイトを煽る


日本大使館の前で堂々と日本に対するヘイト(憎悪)キャンペーンが行われている。「日本がどれだけ残酷なことをしたのかを知る機会なれば」と企画者。新大久保で「在日朝鮮人の犯罪展」など行うようなものである。ありえない話である。それも国会議員が。しかも、海外での巡回展示も計画中とか。

日本の蛮行を告発する写真展 在韓日本大使館前で開催

韓国・ソウルの日本大使館前で26日、過去の日本の蛮行を告発する写真展が開催された。

写真展は韓国与党、セヌリ党の金乙東(キム・ウルドン)国会議員が日本の政治家らの間違った歴史認識や日本の軍国主義復活の動きを世界に知ってもらおうと企画した。南京大虐殺、生体実験など過去の日本の蛮行に関する写真120点余りが展示されている。今後は海外での巡回展示も予定している。金議員は独立運動家、金佐鎮(キム・ジャジン)の孫娘で、俳優ソン・イルグク氏の母。

写真展を訪れた人々の表情は厳しかった。40代の韓国人女性は「人類史上、多くの戦争があったが生体実験を行い、軍人のための性奴隷として女性を動員したことはほかになかった。日本は心からの謝罪をすべきだ」と述べた。

英国人の観覧者は「日本の戦時中の蛮行について知ってはいたが、写真を見ると実に恐ろしい。ドイツも英国も過去に犯した過ちについて謝罪したが日本は愚かにも謝罪していない」と指摘した。

この日は旧日本軍慰安婦問題の解決を目指し、市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が毎週水曜日に同大使館前で開催している「水曜集会」も開かれた。

金議員も集会に出席し、写真展について「日本がどれだけ残酷なことをしたのかを知る機会なれば」と話した。

2 件のコメント:

  1. 一時的に大使館機能を閉鎖して、日本に返すべき。外交的非礼をいつまでも甘んじて受けているからなめられる。
    少なくとも他の国でやったらそうなることが日本になぜ出来ないかというと、アメリカのさしがね。しかし、こういう問題に毅然と対処することはアメリカも反論は出来ない。

    返信削除
    返信
    1. >外交的非礼をいつまでも甘んじて受けているからなめられる。

      イ・ミョンバクの天皇発言の時のように国民が怒ってみせないと、分からないんでしょうね、彼らには。

      削除