2014/03/29

ナヌムの家、首相夫人篭絡作戦失敗?

これは彼らの「いつもの手」
JNNは呑気すぎる

グレンデール市長やパリセイズ市長、バーゲン郡長などナヌムの家に招かれ篭絡された外国人は少なくない。今回狙われたのは、安倍首相夫人。JNNは、「昭恵夫人の存在が、両国の最大の懸案と言える『従軍慰安婦問題』に絡んで取りざたされました」と呑気なことを言っているが、ナヌムの家の側には、ちゃんと計算があるのである。

日韓関係の修復に努める昭恵夫人だが・・・

外国政府や裁判官や(まともな)学者には泣き落としは通用しない。だから、ナヌムの家は外務省との接触を拒否する一方、昭恵夫人なら丸め込めると踏んだのだろう。そしてその申し出に対し、日本政府関係者は「薦めてみると答えた」と報じたのは聨合ニュース。時事も「日本側は本国に伝えると応じた」と報道。「思わぬ人物にスポットがあたっています」「冷え込んだ関係の雪解けにつながると評価を受けたこともある昭恵夫人」。JNNの報道は際立って能天気だった。しかし真相は、どうやら「虚偽」「事実無根」(産経)だったらしい。

 日韓関係最大の懸案となっている歴史認識の問題をめぐり、思わぬ人物にスポットがあたっています。外務省の関係者が、今月、韓国・ソウル市内で元従軍慰安婦の女性の支援者らと面会しましたが、この際、支援者側が安倍総理の昭恵夫人の韓国訪問を要請していたことがわかりました。

日韓友好のイベントに出席する安倍総理夫人の昭恵さん。関係が冷え込む中でも、文化交流に積極的に臨む様子をアピールしています。その昭恵夫人の存在が、両国の最大の懸案と言える「従軍慰安婦問題」に絡んで取りざたされました

元従軍慰安婦の女性らが共同で生活する施設「ナヌムの家」。今月17日、外務省当局者がこの施設の所長とソウルで面会し、この際、所長は「日本政府に法的な責任を認めてほしい」という元慰安婦たちの気持ちを伝えたほか、「昭恵夫人のナヌムの家訪問」を求めたということです。

韓国の政界からは、「冷え込んだ関係の雪解けにつながる」と評価を受けたこともある昭恵夫人。「ナヌムの家」側は、「韓国文化に理解があり、良い共感が形成されそうだ」として、5月3日の母の日の行事に合わせ招待状を送る予定だと明らかにしました。ただ、外務省関係者は「正式な提案とは受け止めていない」と話しています。

TBS 2014.3.28

「同じ女性として・・・共感が」。情に訴えるのが常套手段。「日本政府の関係者は・・・勧めてみると答えた」。これはアン所長の発表らしい。

元慰安婦暮らす韓国施設 安倍首相夫人の招待要請

旧日本軍の慰安婦だった女性が共同生活を送るソウル近郊の「ナヌムの家」(京畿道広州市)の関係者がこのほど日本外務省幹部らと昼食を共にしながら会談し、安倍晋三首相夫人の昭恵さんを招きたいとの考えを伝えたことが28日分かった。

「ナヌムの家」の安信権(アン・シングォン)所長は同日、「17日にソウルのホテルで外務省、在韓日本大使館関係者ら5人と会食した際に、安倍首相夫人が都合のいい時期にナヌムの家を訪問して下さるよう要請した」と明らかにした。

安所長は昭恵さんが慰安婦被害者と会い実情を知れば、同じ女性の立場で慰安婦問題に対する共感が生まれて問題解決に役立つのではないかという考えを示した。昭恵さんが韓国の食べ物や韓流のファンだということも招待の背景だと述べた。

日本政府の関係者は「ナヌムの家」の要請に対し「勧めてみる」と答えたという。

「ナヌムの家」側は会談で河野洋平官房長官談話が慰安婦問題の旧日本軍による強制性を間接的に認めるにとどまっている点を指摘した上で、さらに踏み込んだ日本政府の謝罪などを要求した。

元慰安婦たちが昨年9月に訪日した際、「ナヌムの家」は日本政府の関係者との会談を申し入れたが、実現しなかった。17日の会談は日本政府側から連絡し、実現した。


時事は日本側に確認していなかったのか?

首相夫人の施設訪問を提案=慰安婦側、外務省との接触で

韓国の元従軍慰安婦の支援施設「ナヌムの家」の安信権所長は28日、外務省の山本恭司地域政策課長らと17日にソウルで会った際、安倍晋三首相の昭恵夫人が京畿道広州市にある施設を訪問することを提案したと語った。

安氏は山本氏らとの意見交換の中で、「昭恵夫人は韓国料理も好きだと聞く。(元慰安婦と)同じ女性として、会ってみるのもお互いにとっていいのではないか」と提案したという。

この施設では5月3日、入所している元慰安婦らにボランティアが歌などを披露する定例行事が行われる。安氏は「その機会に来たらどうか」と提案し、日本側は「本国に伝える」と応じた。 

時事 2014.3.28
http://www.peeep.us/db2a378b

共同は日本側の反応については触れていない。提案はナヌムの家の安信権所長から出たものらしい。来週中にも招待状を送るのだと。

韓国、昭恵夫人を招待 元慰安婦の支援施設「会って話せば共感できる」

旧日本軍の元従軍慰安婦の韓国人女性が共同生活するソウル郊外の支援施設「ナヌムの家」の安信権所長が、17日に日本外務省当局者らと面会した際、安倍昭恵首相夫人を施設に招待したいとの意向を伝えていたことが28日、安所長の話で分かった。来週中にも昭恵夫人に招待状を送る予定という。

安所長は「昭恵夫人が韓国に関心をお持ちであることは韓国でもよく知られている」とした上で、「施設を訪問し元慰安婦のおばあさんたちと話をしてみれば、同じ女性として共感できることがあり、慰安婦問題で何らかの役割を果たしていただけるのではないか」と狙いを説明した。

外務省の山本恭司地域政策課長らは17日、ソウル市内で安所長と面会し、慰安婦問題で日本政府のこれまでの取り組みを説明し、女性らの要望を聞いていた。

産経(共同) 2014.3.28

産経の加藤達也記者は、「外務省幹部は事実無根と否定。なぜ虚偽の話が伝えられたのか、事実関係を確認していると不快感を示した」と報告している。

慰安婦施設「首相夫人を招待」報道 日本の外務省幹部「虚偽の話 事実無根」

聯合ニュースなど韓国メディアは28日、元慰安婦の韓国人女性が共同生活するソウル近郊の施設「ナヌムの家」の安信権所長が今月17日に日本外務省の山本恭司地域政策課長らと面会した際、「安倍昭恵首相夫人を施設に招待したい」との意向を伝えていたと報じた。

報道は、日本側が安所長に対して「本国に伝える」と応じたとしている。

報道について日本の外務省幹部は「事実無根」と否定。「なぜ虚偽の話が伝えられたのか、事実関係を確認している」と不快感を示した

安氏は招待の狙いについて韓国メディアに「昭恵夫人が韓国に関心をお持ちだと韓国でもよく知られている」とした上で、「施設でおばあさんたちと話せば同性として共感できることがあり、慰安婦問題で何らかの役割を果たしていただける」と語ったという。

産経 2014.3.28

ナヌムの家を訪れたパリセイズパーク市長

同じくバーゲン郡のドノバン郡長(2012)
郡の裁判所の前に慰安婦の碑を設置

2 件のコメント:

  1. 山路 敬介2014年3月29日 18:47

    この件でわかった大切な事は、「時事は日本側に確認していなかったのか?」に尽きます。
    時事に限らず、慰安婦問題のような切迫した問題に対してメディアは依然として中韓に利用され続けている、ということです。
    菅官房長官のチームでなければ、外務省も今回のように即座に反応することはなかったでしょう。
    時間がたてば当然、日本側が韓国側の友好に資する提案を一蹴した、と報じられるはずでした。
    しかし、真実で即座にレスポンスすれば韓国のやり口が赤裸々になる。
    いい教訓です。
    これは一種の闘争なのだ、という気構えはマスコミには皆無です。

    返信削除
    返信
    1. >「時事は日本側に確認していなかったのか?」に尽きます。

      韓国のメディアでは「言った者勝ち」みたいなところがあるので、こういう場合は双方に取材するのが鉄則だと思うんですけどね。

      削除