2014/08/26

ソウルの子供達の前で演じられた慰安婦の惨劇


日本人詐話師から広まったイメージが定着

子供たちは何を思う?

朝日新聞は、検証記事の中で「問題の本質は・・・軍の関与がなければ成立しなかった慰安所で女性が自由を奪われ、尊厳が傷つけられたことにある」と言い切った。「朝鮮や台湾では、軍による強制連行を直接示す公的文書は見つかっていない」とも。なら、それをこの子供たちの前で言ってやって欲しい。日韓の運動家によるキャンペーンは、未来を担う子供たちの心を歪めているのではないか?今月10日。

子供たちの目に映った「慰安婦」被害者の人生

10日午前ソウル、光化門広場で高陽市の主催で開かれた日本軍「慰安婦」被害者人権回復要求のための汎国民鎮魂祭で高揚文化院演劇団員が「慰安婦」被害者の人生を描いた演劇を上演している。

ニュース1 2014.8.10

どう見ても尊厳云々というレベルではない


아이들의 눈에 비친 '위안부' 피해자의 삶

10일 오전 서울 광화문 시민열린마당에서 고양시 주최로 열린 일본군 '위안부' 피해자 인권회복 촉구를 위한 범국민 진혼제에서 고양문화원 연극단원들이 '위안부' 피해자의 삶을 그린 연극을 공연하고 있다.

4 件のコメント:

  1. 韓国人ってのは、
    こんな被害者妄想ばかりやっていて、よく恥ずかしくないもんだ。
    実に唾棄すべき連中だと思う。

    返信削除
  2. 山路 敬介2014年8月28日 16:16

    喪黒福造様へ

    いいえ、大多数の韓国民はこれを全く恥ずかしいとは思っていないのですよ。
    真実も歴史も芸術も「恨」の前に存在しません。
    いちど「恨」が形成されてしまったあとでは、もうそれがどのように形成されたか振り返ることはないし、その必要も認められないのです。それはもう原理となり、血肉化しまっているのですから。
    悲しいかな、これが朝鮮民族の本質なのです。
    李承晩であろうが朴チョンヒであろうが、軍事政権で国をまとめる他に方法がなかったのです。
    軍事政権の抑圧行動のかわりに国民をまとめる手段が「反日」ですから、代わりのものが見つからない限り状況は変わりませんが、日本に対する「恨」は永劫続くでしょう。
    日本としては教えない、関わらない、助けない、の三無い主義を貫く他はないでしょう。
    同じアジアでありながら、日本にとって朝鮮人は西洋白人よりも遠い存在です。
    朝鮮人とは、他国の人ではありません。異星人なのです。

    返信削除
  3. そういえば、筑波大の古田博司教授がどこかのコラムで書いていたけれども、
    韓国人には卑劣ということが分からない、と。
    つまり、大多数の人が正常な感覚の持ち主で、卑劣漢が少数である社会は、
    卑劣漢は他の者から批判攻撃されるから、何が卑劣で何が卑劣でないかわかるが、韓国は全国民が卑劣なので、誰も卑劣の基準がわからないのだ、と。


     なるほど、そうか、と。妙に納得してしまう。

    返信削除
  4. 子供たちの心を歪めるような事だけは止めて欲しい。そう願うばかりです。

    返信削除