2014/08/07

[慰安婦報道検証] 朝日は追い詰められていたのか?

NHKにも報じられる

なぜ今になって朝日新聞は、過去の慰安婦報道を検証しようと考えたのか?(関係者のツイートを見ると、検証自体はもっと早くから行われていたようなのだが)この問題が主因となって日韓関係が救いようのない状況に陥っている。元凶の一人として追い込まれているのだろうか?

相変わらず「被害者を売春婦などとおとしめることで自国の名誉を守ろうとする一部の論調が・・・問題をこじらせる原因を作っている」などと責任を転嫁している。前にも元取材班の一人が「黒田さんが『慰安婦狩り証言はウソだ』という記事をバーンと書いて、日韓関係もぐちゃぐちゃになった」と責任転嫁していたが、原因を作ったのは他ならぬ自分である。

「似たような誤りは当時、国内の他のメディアや韓国メディアの記事にもありました」というのはその通りなのだろうが、当時朝日のソウル特派員だった前川惠司は「韓国社会を熟知している各社の特派員は、吉田氏の証言を端から疑っていた」とも証言している。NHKのディレクターだった池田信夫は「私は当時、植村記者と同時に取材したが・・・常識だ」と批判している。当然、読売や産経は反論している。

読売新聞にも当初、女子挺身隊や吉田氏に関して、誤った記事を掲載した例があった。だが、90年代後半以降は、社説などを通じて、誤りを正している。(読売
その後、本紙は取材や秦氏らの実証的研究をもとに、証言が「作り話」であることを何度も報じている。(産経

誤報自体が問題なのでなく、朝日新聞が訂正せずに20年も30年も垂れ流しにしてしまったことが責められているのだと思う。一方で、朝日新聞のこの一連の検証を「朝日新聞が安倍首相に反撃」と報じたのは、韓国メディアであった。ある意味必死なのかもしれないが、朝日が韓国メディアの橋頭堡となっていることを証明しているようにも見える。

今さら撤回しても韓国メディアは聞く耳持たず

「隣国と未来志向の安定した関係を築くには慰安婦問題は避けて通れない課題の一つです」。そうなったのは誰のせいなのか。おまけに勢い余ってボスニア紛争の集団強姦まで持ち出している。ボスニアの集団強姦とは、民族浄化を目的とした「戦争の手段としてのレイプ」であった。反日団体がしばしばこの戦争犯罪と慰安婦問題を並べて国際世論に訴えて来たのは当然悪意からであろうが、朝日新聞は単に鈍感なのだろう。

「アジア女性基金が元慰安婦に償い金を渡す際、歴代首相はこんな一節も記した手紙を添えました。・・・和解へ向けて歩を進めようとする政治の意思を感じます」。朝日新聞がアジア女性基金をこれほどまでに高く評価しているとは知らなかった(やや棒読み)。この辺も過去の報道を検証した方がいいのではないか?

「私たちはこれからも変わらない姿勢でこの問題を報じ続けていきます」・・・反省してないというか、自覚がないというか・・・。

慰安婦問題の本質 直視を

編集担当 杉浦信之

日韓関係はかつてないほど冷え込んでいます。混迷の色を濃くしている理由の一つが、慰安婦問題をめぐる両国の溝です。

この問題は1990年代初めにクローズアップされ、元慰安婦が名乗り出たのをきっかけに議論や研究が進みました。戦争の時代に、軍の関与の下でアジア各地に慰安所が作られ、女性の尊厳と名誉が深く傷つけられた実態が次第に明らかになりました。

それから20年余、日本軍の関与を認めて謝罪した「河野談話」の見直しなどの動きが韓国内の反発を招いています。韓国側も、日本政府がこれまで示してきた反省やおわびの気持ちを受け入れず、かたくなな態度を崩そうとしません

慰安婦問題が政治問題化する中で、安倍政権は河野談話の作成過程を検証し、報告書を6月に発表しました。一部の論壇やネット上には、「慰安婦問題は朝日新聞の捏造(ねつぞう)だ」といういわれなき批判が起きています。しかも、元慰安婦の記事を書いた元朝日新聞記者が名指しで中傷される事態になっています。読者の皆様からは「本当か」「なぜ反論しない」と問い合わせが寄せられるようになりました。

私たちは慰安婦問題の報道を振り返り、今日と明日の紙面で特集します。読者への説明責任を果たすことが、未来に向けた新たな議論を始める一歩となると考えるからです。97年3月にも慰安婦問題の特集をしましたが、その後の研究の成果も踏まえて論点を整理しました。

慰安婦問題に光が当たり始めた90年代初め、研究は進んでいませんでした。私たちは元慰安婦の証言や少ない資料をもとに記事を書き続けました。そうして報じた記事の一部に、事実関係の誤りがあったことがわかりました。問題の全体像がわからない段階で起きた誤りですが、裏付け取材が不十分だった点は反省します。似たような誤りは当時、国内の他のメディアや韓国メディアの記事にもありました

こうした一部の不正確な報道が、慰安婦問題の理解を混乱させている、との指摘もあります。しかし、そのことを理由とした「慰安婦問題は捏造」という主張や「元慰安婦に謝る理由はない」といった議論には決して同意できません。

被害者を「売春婦」などとおとしめることで自国の名誉を守ろうとする一部の論調が、日韓両国のナショナリズムを刺激し、問題をこじらせる原因を作っているからです。見たくない過去から目を背け、感情的対立をあおる内向きの言論が広がっていることを危惧します。

戦時中、日本軍兵士らの性の相手を強いられた女性がいた事実を消すことはできません。慰安婦として自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質なのです。

90年代、ボスニア紛争での民兵による強姦(ごうかん)事件に国際社会の注目が集まりました。戦時下での女性に対する性暴力をどう考えるかということは、今では国際的に女性の人権問題という文脈でとらえられています。慰安婦問題はこうした今日的なテーマにもつながるのです。

「過去の歴史を直視し、正しくこれを後世に伝えるとともに、いわれなき暴力など女性の名誉と尊厳に関わる諸問題にも積極的に取り組んでいかなければならないと考えております」

官民一体で作られた「アジア女性基金」が元慰安婦に償い金を渡す際、歴代首相はこんな一節も記した手紙を添えました。

歴史認識をめぐる対立を超え、和解へ向けて歩を進めようとする政治の意思を感じます

来年は戦後70年、日韓国交正常化50年の節目を迎えますが、東アジアの安全保障環境は不安定さを増しています。隣国と未来志向の安定した関係を築くには慰安婦問題は避けて通れない課題の一つです。私たちはこれからも変わらない姿勢でこの問題を報じ続けていきます。

朝日 2014.8.5

韓国メディアのウケはいいようで・・・。朝日新聞も少し救われたのではないか?困った時の友は真の友と言います。

朝日の主張、韓国メディアは好意的に報道「消せない事実」

朝日新聞が5日付朝刊に自社の慰安婦問題報道について検証記事を掲載したことについて、韓国各メディアは報道の事実を簡潔に伝えた。

夕刊紙、文化日報は、朝日新聞1面に掲載された杉浦信之編集担当の記事内容を主に伝え、2面にわたる特集記事の内容を紹介した。吉田清治氏による「済州島で連行」証言を朝日が虚偽と判断し記事を取り消したことも報じた。

しかし、「尊厳を蹂躙(じゅうりん)された慰安婦(問題)の本質を直視しよう」「性の相手を強要、消せない事実」などとの見出しを掲載。慰安婦問題についての論調に基本的な変化がみられない朝日新聞の報道に同調し、好意的に報じている。

産経 2014.8.5

23 件のコメント:

  1. 強制連行の事実が見つからなくて、吉見教授でさえ「狭義の強制連行」はとっくの昔に否定していたが、朝日は気づかぬふり。
    やっと、吉見教授らの人権問題へのすり替え路線に舵を切ったということ。

    しかし、人権問題だとすると、慰安婦問題より後に、もっとひどい事例が山のようにあるので、いずれ行き詰るのではないかと期待しています。

    少なくとも、戦争と性の問題を解決したいと思う人にとっては、もっと重要な人権問題があると思う。

    返信削除
    返信
    1. 吉見氏にまで訂正が遅すぎたと批判されてました。

      削除
  2. これも影響してるのかなと。
    冷めた心で慰安婦問題の渦中にいた朝日記者 http://goo.gl/ZUWJSP

    狭間さんもエントリーした前川氏が暴露本みたいなものを出版するみたいですね。
    『朝日新聞元ソウル特派員が見た「慰安婦虚報」の真実』 前川 惠司
    http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4093897514/ref=redir_mdp_mobile


    現在韓国にいる若宮氏も吉田証言について仄めかしていますね。

    【歴史戦 第2部 慰安婦問題の原点(2)後半】「吉田証言」重用でウソ拡散、いつの間にか内容を否定していた朝日 - MSN産経ニュース http://goo.gl/PKT5m8


    さらには、転職先にも問合わせが殺到してしまう植村元記者を守る(口封じ?)の意味もあるのではないでしょうか。
    慰安婦火付け役 朝日新聞記者はお嬢様女子大クビで北の大地へ | 特集 - 週刊文春WEB http://goo.gl/94DC1b

    いずれにしても朝日新聞は済州島で再調査をしたそうですから結構前から準備してたいたんでしょうね。
    厭戦気運が盛り上がるこの夏に間に合わせるように…。

    返信削除
    返信
    1. 私も植村記者の勇み足だった(捏造ではなく)と思っています。悪いのは20年も訂正しようとしなかった会社(朝日新聞社)でしょう。

      削除
  3. Union Cityに行っているクソ婆2人ですが、とんでもないウソを撒き散らしているようです。「日本軍が数千人の女を一日中り50-200回も強姦し、そのあと殺した」そうな。

    http://www.nj.com/jjournal-news/index.ssf/2014/08/comfort_women_from_korea_speak.html

    明らかに、ホロコーストと同一視を狙った策略ですな。それを、そのまま、独自の検証もせずに記載する地元紙って、タブロイド以下ですな。

    ただ、日本人なら「何をバカなことを」で済むが、婆あの言う事を信じるバカがいそうで恐い。

    いいかげん、うそつき婆あどもには殺意が沸いてきた。

    返信削除
    返信
    1. 滅茶苦茶ですが、これくらいの方が後で恥をかくのは彼らですから。

      削除
    2. 父の残した本や新聞を読んでると、日本の兵隊さんは慰安婦と遊んでる余裕なんてなかった。空から婆さん達に対して怒ってると思いますよ。国のため戦った兵士達を貶める婆さん達は断固として許せません。きっと地獄行きですよ。生きてる間に婆さん達の嘘を暴きたいですね。

      削除
  4. 上記参照先の文章で、ちゃっかりイガンジルもやってやがるから、一応指摘しておきました。

    返信削除
  5. もうひとつ重要な取り消しがあります。女子挺身隊との混同です。20万人説はこの混同から朝日新聞社が主張したことが明らかになった。

    「 だが、慰安婦問題がクローズアップされた91年当時、朝日新聞は朝鮮半島出身の慰安婦について「第2次大戦の直前から『女子挺身隊』などの名で前線に動員され、慰安所で日本軍人相手に売春させられた」(91年12月10日朝刊)、「太平洋戦争に入ると、主として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した。その人数は8万とも20万ともいわれる」(92年1月11日朝刊)と書くなど両者を混同した。

     原因は研究の乏しさにあった。当時、慰安婦を研究する専門家はほとんどなく、歴史の掘り起こしが十分でなかった。朝日新聞は、国内の工場で働いた日本人の元挺身隊員を記事で取り上げたことはあったが、朝鮮半島の挺身隊の研究は進んでいなかった。

     記者が参考文献の一つとした「朝鮮を知る事典」(平凡社、86年初版)は、慰安婦について「43年からは〈女子挺身隊〉の名の下に、約20万の朝鮮人女性が労務動員され、そのうち若くて未婚の5万~7万人が慰安婦にされた」と説明した。」

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。朝日新聞の検証特集については、じっくり見て行こうと思ってます。

      削除
  6. 冷静な分析いつも勉強になります。

    この、挺身隊との混同=20万人の出所、というのは「アリの一穴」の一つ目にならないかな、と若干期待しております。NYTでなくとも欧米メディアで必ず出てくるのは「20万」「強制的な性奴隷」で記事によっては「多くが殺された」というもので、この中の一つが崩れるのは結構意味があるように感じます。件の石碑にも20万とか数十万とか書いてあるそうですし。

    このあたりの「数」や「殺害」に関してもWSJとかBloombergとかの(韓国人記者以外は)あまり興味のなさそうなメディアだと、出所を示さず「歴史家が言うには」とか「証言では」とかになっていて、実は胡散臭いと思ってるのでは?と勘ぐったりもします。

    あと、直近の石碑には学校の文化祭レベルのおどろおどろしい慰安婦像がくっついてるみたいですが、あれは後々確実に敵失になるやに思います(笑)

    返信削除
    返信
    1. >おどろおどろしい慰安婦像がくっついてる

      血まみれの奴ですね。ああいう風に調子に乗ってると、後で恥をかきますね。

      削除
    2. 記念館的展示ならまだしも、屋外の公共の場所に置くものとは思えません。調子に乗りすぎですね。

      削除
    3. あのおどろおどろしい像は、失敗だったと思います。
      慰安婦問題を支援している人でも、あれはドン引きするような趣味の悪さだと思います。。。。

      削除
  7. 今回の記事以降、「あいつらはただの売春婦だからもう問題ない」と、若干脇の甘い(左の方々が道徳的に反論しやすい)意見が散見されるのが少し気がかりです。

    20万人強制連行が否定されることは、アメリカで悪乗りしてる連中には効果的でしょうが、人権問題(性奴隷的待遇)にシフトされると中々厳しいですよね。
    いくら高給を得ていようが、一人でも酷い待遇だった主張する女性がいる限り、あのピレイとかいう弁務官が「性奴隷」を撤回するとも思えません。

    それにつけても、なんで日本ばかり責められるのかという思いが日々募りますね。
    国連にも日本人が納得する説明をしていただきたいものです。

    返信削除
    返信
    1. 今後、国際社会でも、かつて日本で行われたような論点ずらしが始まるでしょうね。

      現状は、バッシングというか一種のイジメなのですが、長い戦いになりそうですね。

      削除
  8. hazamaさん、こんにちわ。
    いろいろとここ数ヶ月で動きがあったようですが、少し日本は反論の第一歩を踏み出せたのではないでしょうか?

    政府の英語版検証結果に「forcefully recruted」は確認されてないと言う言葉を記載できたのはよかったと思います、forcefully recrutedって直訳では「強制的に募集(?)」と言う感じでしょうか・・・まあもっと良い言い方はあったかもしれませんが。
    朝日新聞も訂正しましたね?徴用と吉田の証言を。
    また、秦郁彦さんが朝日新聞に載ってたのは驚きました。しっかりと秦さんの見解を載せていましたね。今までの朝日なら考えられない程の出来事ではないでrしょうか?少しは朝日を見直しましたよ笑

    ところで橋下さんが、朝日新聞に関して発言してますね
    https://www.youtube.com/watch?v=T0NkB9lIYSY#t=23
    ↑やはり慰安婦問題の見解では冷静に巧く(?)語っていると思います(笑)
    それでは!!またきます
     

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。

      >少し日本は反論の第一歩を踏み出せたのではないでしょうか?

      少しずつですが前進してますね。

      日本を取り巻く状況は厳しさを増していますが、国内は良い方向に向かいつつあるのではないでしょうか?

      >秦郁彦さんが朝日新聞に載ってたのは驚きました。

      四人の識者の内、秦氏の所だけ文末に「寄稿」と書いてありましたね。あれはどういう意味なのかなぁと。一字一句そのまま掲載させるという秦氏の意志の表れかと勝手に想像しているのですが。

      削除
  9. 朝日新聞 8月5日付 16/17面PDFを下記「バ韓国資料室」にアップしておきました。(秦郁彦さんの記事は、明日までにアップしておきます。)

    バ韓国資料室
    http://www.howitzer.jp/korea/page01.html

    返信削除
  10. 秦郁彦氏の寄稿文PDFは、明日ではなく今アップしました。「3氏に聞く」のうち、秦さん以外は吉見義明とアメの女史家で、吉見はあいかわらずの阿呆ぶりであり、女史家もたいしたことは言っていないので割愛しました。

    バ韓国資料室
    http://www.howitzer.jp/korea/page01.html

    返信削除
    返信
    1. 自国の事を棚に挙げて説教している人と、日系人強制収容所を謝った米政府を見習えと言う人と、国内の議論はガラパゴスだという人ですね。中学生でも反論出来そうな・・・。

      削除