2013/07/27

米国を代表するホロコースト博物館で慰安婦関連イベント


今までにもマイナーなホロコースト博物館で日本軍慰安婦に関する展示会等が催されたことはあったが、今度はアメリカにおける二大ホロコースト博物館の一つと言われるロサンゼルスのサイモン・ウィーゼンタール・センターのホロコースト博物館で、現地時間の29日、元慰安婦キム・ボクトンを招いてイベントが開催される。予想されたように、「慰安婦=ホロコースト」キャンペーンは、着実にステップアップしている。

この催しは、挺対協、ソウルの慰安婦博物館、カリフォルニア州韓国系米国人フォーラム(KAFC)、サイモン・ウィーゼンタール・センター、反人身売買団体CASTの協賛となっている。サイモン・ウィーゼンタール・センターに対しても、プロパガンダであるとか原理主義者といった批判があるようだが、韓国の反日団体がここと本格的に連携するようになると、かなり厄介な事になるかもしれない。

ホロコースト博物館(ミュージアム・オブ・トレランス)


ガス室の中でホロコースト生存者の証言を聴く

洗練された展示は、挺対協にとって良い手本になるだろう


8 件のコメント:

  1. 反人身売買団体CASTも現在の在米慰安婦の問題を扱わずに、こんなところで、コリアンマネー当てにして活動中ですか

    返信削除
    返信
    1. CASTについては、どういう団体かまだ調べていませんが、ちょっと気になりますね。

      削除
  2. 在米日本人2013年7月28日 12:07

    在米韓国人達は自己満足でやっていることで
    アメリカ人はロス近郊で韓国人売春婦がいっぱい捕まっていることを知っています。
    私の周りの人達は コリアンはおかしな行動をする人達ーーみたいに思っています。
    韓国女性=セックススレーブ。
    「貴方はコリアン?セックススレーブで有名な?」なんて、、。

    返信削除
    返信
    1. Glendale News-Pressの記事なんかも・・・。

      削除
    2. あの風刺漫画のことですが。

      削除
  3. 在米日本人2013年7月28日 13:49

    ユダヤ人と日系人部隊
    http://www.youtube.com/watch?v=CA7i2XSBw-E
    ホロコースト博物館も、、

    返信削除
  4. 朝鮮系アメリカ人の中に、いわゆる脱北女性の中国における性奴隷問題を訴える人たちがいます。戦術的にはむしろ、この活動を日本が支援してはどうでしょうか。米中問題にも関わるので、リスクがあるかもしれませんが、政府ではなく民間団体でもいいので、協力することが出来ないでしょうか。
    韓国は、太陽政策以降北朝鮮や中国を非難しなくなり、現在進行形で行われている性奴隷問題にはびた一文出しません。
    日本の未来志向と人権問題への正当な取組をアピールできるのではないでしょうか。

    返信削除