2013/07/05

慰安婦問題は100年戦争になるのか--山谷哲夫

左右両派ともよく調べてから発言すべきと山谷
(水曜デモに参加する日本人)

山谷哲夫については、旧ブログ時代に一二度紹介した。彼は、70年代に慰安婦問題を告発したパイオニアの一人である。にも関わらず、現在の支援運動家らのやり方には批判的である。

贖罪派には、日本の戦後責任をハッキリさせる会の原田信一のような人もおり(ハッキリ会に対する評価は別)、全てに賛同は出来ないにしろ、本気で、そしてまっとうな方法で日韓の友好を模索している人たちもいるのである。ところが、悪貨が良貨を駆逐してしまい、こういう人たちは殆ど表舞台に出て来なくなった。

山谷でさえ、慰安婦問題は反日の切り札と成り果て、どれだけ謝っても無駄だと見ている。彼は、これが100年戦争になると予言する(自分は、せいぜいその半分で沈静化すると思うが)。山谷も、運動家らの発言の中にはヘイト・スピーチまがいの物があると指摘している。「これでは日本の右翼が騒ぐわけである」、テキサス親父ことトニー・マラーノも同じような事を言っていた。山谷が言うように、一部の右派の極端な慰安婦バッシングを生んだのは、この問題を反日に利用した慰安婦支援者たちの側だろう。

※ 南京事件については、私は皇軍の栄光に泥を塗る事件だったと思っているが、勉強していないので「あったか無かったか」という議論は、ここでは勘弁して欲しい。ただ、戦場になった中国やフィリピンが深刻な被害を蒙ったのは否定のしようがないだろう(韓国の運動家は、「占領地」という言葉で韓国を中国などと故意に混同させようとしている)。

「韓国の過激な糾弾、中国の重い沈黙」-慰安婦問題を支えるもの

[...]35年ぶりに再び「慰安婦」を学びなおす事にした。これは、少なくとも韓国では日本の歴代の首相がどれだけ謝っても、門前払いし、結果として膠着状態にし、反日の「切り札」とし、100年戦争になるとぼくが予測したからである。

「慰安婦」問題を支援している日韓の女性たちは、余りにも「慰安婦」の実情を知らなすぎる。あくまで、いたいけな少女たちが「強制連行」で、中国等の戦場に投入されたと決め付けている。実際はそんな少女も混じってはいたが、大半は元伎生(きーせん)か、親に身売りされた女性、もしくは元もとの売春婦だった人も多い。「強制連行」は今の所、朝鮮半島では証拠が見つかっていない。

冷静に元「慰安婦」たちの証言を読んでみれば、上記の事実が見えてくる。ぼくは「文玉珠 ビルマ戦線 盾師団の「慰安婦」だった私」(梨の木舎 96)を勧めたい。元「慰安婦」の人たちのほうが支援する人たちよりも率直だし、声高ではない。

しかし、日韓の支援者たちの間では「ヘイト スピーチ」(憎悪表現)に近いことを平気で言う人が散見される。これでは日本の右翼が騒ぐわけである。「論より証拠」、もっと事実を良く調べてから、左右両派は発言しなくてはならない。

誤解を招くことを承知で書いて置きたい。実は「慰安婦」の問題は、韓国よりも中国の方がもっと深刻である事実である。[...]特に「南京事件」では、「皇軍」兵士が一体どれだけの中国人女性を強姦し、その後に殺したことだろうか!もちろん、正確な数字は掴めない。[...]ぼくは未だに大規模な南京から告発、糾弾がないことを不思議に思う。この重い沈黙はどこから来ているのか?(以下略)

渋谷区民オンブズマン(一部) 2013.7.4 [BU]

8 件のコメント:

  1. 情報化された民主主義社会では人々の意見は多様ですが、意見のばらつきをグラフにしたときに正規分布に近くなるような場合、つまり中庸の意見が大多数で、左右の極端な人ほど少なくなるような分布であれば、その社会は安定していると言えます。

    慰安婦問題に関心を持っている日本人の意見の分布を取ると、両極端が高く、真中が低くなっているように思います。中庸の意見の人が少ないというか声が小さいというか、中庸な意見がでないため、中庸抜きで議論されるため、左右の間では意見が違い過ぎて議論は噛合わないし、罵倒がヘイトを呼び、ヘイトが更なる罵倒を呼ぶという悪循環に陥っていると思います。

    この悪循環を止めるには、中庸の勢力が拡大するしかないと思いますが、慰安婦問題について語る人たちは、大概どちらか一方に対する批判から始まるので、どちらかの敵になるか、あるいは両方の敵になってしまい、結局潰れてしまうようです。

    左右どちらも批判しないで、中庸勢力を伸ばすのは、現実問題としては難しいのかもしれませんが、この問題の解決(日本国内の意見の対立の一定レベルでの解消し、国際社会で一定の理解を得る)ためには、少しでもその方向に動くべきだと思います。その意味で山谷さんのような人が再登板するのは、プラスだと思います。


    また中庸な意見は何処に行ったら見られるのでしょうか。慰安婦問題について書かれた本やネットも大概どちらかの極端な立場で書かれたものが、ほとんどで、中立的な立場で書かれたものはほとんどないことも問題です。

    このサイトには中立的な立場を期待しています。

    返信削除
    返信
    1. 何をもって中立とするかは悩ましいところです。無理に喧嘩両成敗にすると、かえって公平さを損なってしまう場合もあります。

      ただ、韓国側にだけ原因を見つけるのでなく、騒動の本質は日本側にある、日本人が騒動の元凶だと指摘するようには心がけています。

      削除
    2. 日本人が騒動の元凶だと指摘ですか。
      日本人が 永久に責任を負い続けろと言う
      韓国人相手に 中立的な立場では 解決は無理でしょう。

      削除
    3. 韓国は中国やロシアに対しては同じことを言いません。それは彼らが相手にしないからでしょう。

      削除
  2. 慰安婦問題が正規分布しないのは、慰安婦問題を「広義の飯のタネ」にしている意見があまりに非常識だからでしょう。

    返信削除
    返信
    1. 極端に反発して、そのカウンターとして逆の端に極端が生じてしまうのは、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

      削除
    2. 正規分布の端に異常な山を作ればいびつな分布になりますよ。

      削除
    3. ええ、いびつな構造になっていますね。

      削除