2013/07/07

隣国に悪用される地方議会の「意見書」

本文とは直接関係ありません

これも何度も繰り返している事だが、日本の地方議員たちが善意から、日韓友好の為などと説明され、「(慰安婦)問題の解決」を政府に促す意見書の採択に協力させられている。

しかし、それがある種の人々により、日本に対し不当な圧力を加える目的で利用されている。世界中で55件採択されている慰安婦関連の決議・意見書。その多くは日本の地方議会で採択されたものである。日本で採択されている意見書の大多数は、慰安婦の強制動員を認める認めないといった類の物ではない。にも関わらず、「日本の地方議会は・・・慰安婦の強制動員を認めた(?)・・・『河野談話』を継承・発展させ問題を解決するよう要求している」という事にされているのである。例えば、記事の中にもある島根県の意見書の場合は、この様になっている。

女性の人権、人間の尊厳にかかる[ママ]問題であり、その解決が急がれています。[...]日本政府は1993年「河野談話」によって「慰安婦」への旧日本軍の関与を認めて、歴史研究、歴史教育によってこの事実を次世代に引き継ぐと表明しました。[...]政府におかれては以下のことを求めます。1 日本政府は「河野談話」を踏まえ、その内容を誠実に実行すること...

議員提出第6号議案 2013.6.26可決

つまり、島根県議会の議員たちは、河野談話は軍の関与を認めたものであり、この問題の研究、次世代への継承を約束したものだから、政府はそれを実行して欲しいと要請しているに過ぎない。しかし、お隣の国の政府機関にかかると、「日本の多数の地方議会でさえ・・・戦争犯罪を警戒する市民の意思を集約し、政府に問題解決を促していることが確認された」という事にされてしまう。彼らは、これを「(日本)市民の常識」と言う。日本人(社会)は、自分たちの善意が悪用されているという事に、いい加減気づくべきである。

慰安婦決議 世界で55件採択=日本地方議会は41件

旧日本軍の従軍慰安婦問題の解決を求め世界の議会が採択した決議が14年間で55件に達したことが分かった。そのうち41件が日本の地方議会で採択された。

韓国政府機関の「対日抗争期の強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者ら支援委員会」は7日、先月までに各国の議会が採択した従軍慰安婦に関連する決議が韓国を除く8カ国・地域の中央・地方議会で計55件と集計されたと明らかにした。

地域別では日本が41件で最多。米国が8件、オーストラリア、オランダ、カナダ、フィリピン、台湾、欧州連合(EU)がそれぞれ1件だった。

米カリフォルニア州下院が1999年8月23日にマイク・ホンダ議員の主導で採択した旧日本軍の戦争犯罪に関する決議が第1号で、翌日には同州上院でも採択された。

その後、連邦議員に選出されたホンダ議員の働きかけにより2007年7月に連邦下院で同様の内容の決議が満場一致で採択された。連邦下院の採択はその後、各国で慰安婦関連決議が採択される起爆剤となった。2013年にはニューヨーク州上下院、ニュージャージー州上下院、イリノイ州下院で関連決議が採択された。

米国以外では2007年にオーストラリア上院、オランダ下院、カナダ下院で、2008年にはフィリピン下院、台湾の立法院(国会)で相次ぎ採択。EU欧州議会も2007年12月に決議を採択した。

加害国の日本では1990年代以降、慰安婦問題の解決を求める市民団体の活動が活発化。2008年3月に兵庫県宝塚市議会が日本の地方議会として初めて、慰安婦問題への政府の誠実な対応を求める意見書を採択した。2013年3月に京都府議会、6月には独島問題を抱える島根県の県議会でも採択されるなど、41の地方議会で同様の意見書が採択された。衆議院、参議院での採択はない。

各国議会の決議では日本政府に対し▼慰安婦の強制動員および性奴隷化を認め、歴史的責任を受け入れること▼被害者に対する謝罪と補償▼加害事実に対する歴史教育――などを求めている。

オーストラリアやカナダなどは日本政府対[ママ]する謝罪勧告にとどまるが、米カリフォルニア州、EU、フィリピン、台湾などは被害者に対する補償を求めている。日本の地方議会は国際社会による糾弾の動きに言及し、慰安婦の強制動員を求めた(ママ)1993年の「河野談話」を継承・発展させ問題を解決するよう要求している

支援委員会は「日本の多数の地方議会でさえ普遍的人権を尊重して戦争犯罪を警戒する市民の意思を集約し、政府に問題解決を促していることが確認された」と指摘。安倍晋三首相ら政治家に対し歴史歪曲(わいきょく)の動きを中止し、市民の常識を尊重して問題解決に乗り出すよう求めた。


「安倍晋三首相ら政治家に対し歴史歪曲の動きを中止し・・・問題解決に乗り出すよう求めた」?

19 件のコメント:

  1. 今、「池上さんの学べるニュース」で「慰安婦問題」が扱われていました。

    ちょっと遅いかもしれませんが日曜日の夜の時間で民放(フジ)でとうとう「性奴隷」の言葉が。。。

    なにかゆっくりではあるが変化の兆しなのであろうか。。。


    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。私、殆どテレビを見ないもので、こういう情報は助かります。

      >民放(フジ)でとうとう「性奴隷」の言葉が。。。

      フジテレビが慰安婦を性奴隷と呼んだという事ではないですよね?運動家らによる慰安婦=性奴隷キャンペーンについて番組の中で触れられていたという意味でしょうか?

      削除
    2. すいません。放送局はテレ朝でした。

      放送内容はこちらをご参照下さい。

      http://datazoo.jp/w/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%EF%BC%88%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%EF%BC%89/15348864

      http://www.kuunel.jp/content.html?t=7478383

      >慰安婦に軍の関与を示す資料が発見されたと1992年に朝日新聞が報道。ただこの報道については解釈が違うやそもそもが誤報であると指摘する人もいる

      テレ朝としてはギリギリの表現?

      特集の最後で日本では「慰安婦・Comfort Woman」であるが、海外では「性奴隷・Sex Slave」が広まっていると解説して、あとは皆さんがお考え下さい、で締めました。

      削除
    3. 当の元慰安婦が"Sex Slave"と呼ばれることに嫌悪感を持っていることを棚に上げ、さらし者にする人権派の人たちって、人権の意味がわかってやっているのだろうか。

      削除
    4. 聖ミカエル学園2013年7月8日 15:54

      日本談児さん

      「池上さんの学べるニュース」、私も観ました。
      テレビ番組の中で慰安婦問題が、ここまで冷静で中立的に報道されたのは初めてではないでしょうか。
      一番意義があったと思うのは、池上氏が世界で慰安婦問題について曲解が広がったのは河野談話が原因だと述べたこと。
      私は未見ですが、「ミヤネ屋」でも橋本五郎・読売新聞特別編集委員が慰安婦問題と河野談話の欺瞞性について批判していたとのことです。
      少しずつですが、この問題に対するマスコミの論調が変化してきているように感じます。

      NHKの党首討論で、橋本徹・日本維新の会共同代表が安部首相に、日本政府は慰安婦を強制的に徴集した直接的な証拠は見当たらなかったと閣議決定したのだから、それを曖昧にせずに明確化せよと注文をつけていました。
      安倍首相は、いかにもバツが悪そうな表情で視線を泳がせていましたが…

      政権奪取前には、慰安婦が強制連行された証拠は無かったと閣議決定された事実が国際的に知られていないので、それを周知されるように努める、と断言していた安倍さん。
      それが政権奪取後は、「慰安婦問題を政治化しない」と事実上逃げまくっていますね。
      あれほど勇ましいことを言ってた西田昌司や山谷えり子、稲田朋美、片山さつき、新藤義孝といった議員たちも、今では口を貝のように閉ざして何も言わない。
      まあ、政権獲得後には慰安婦問題の論議がトーンダウンするととは予想してましたが、ここまで自民党がヘタレだったとは正直残念です。
      もはや、この問題で外国人に対しても臆せず主張できる政治家は橋本徹くらいしかいないんじゃないでしょうか。

      削除
    5. 聖ミカエル学園2013年7月8日 16:37

      訂正しておきます。

      「池上さんの学べるニュース」→「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」

      橋本徹→橋下徹

      削除
    6. 日本談児さん

      ありがとうございます。公式サイトの解説も、非常に気を遣って書かれているような印象です。やはりメディアの扱いも変わって来ましたね。

      削除
    7. Eiji Nakanoさん

      「○○の名誉と尊厳の回復」とか「女性の人権の問題」だとかって、分かるような分からないような。なんだか、煙に巻かれているような気がします。

      削除
    8. 聖ミカエル学園さん

      >今では口を貝のように閉ざして何も言わない。

      羹に懲りて膾を吹くという言葉がありますよね。

      >少しずつですが、この問題に対するマスコミの論調が変化してきているように感じます。

      私もそう思います。

      削除
  2. これは「慰安婦騒動」とは関係ありませんが ブログ主も関心を寄せている、
    国際司法裁判所(ICJ)における「南極における捕鯨」訴訟についての日本政府代理人 鶴岡公二外務審議官による冒頭陳述です。 

    http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/page4_000117.html


    >28.裁判所は,国家の行動の合法性について判断をします。国家の道徳や,倫理について判断するのではありません。ヒンズー教信徒にとって牛が神聖な動物であるように,ある国家にとって鯨は神聖な動物であります。我々は,5大陸にまたがって70億人が居住する世界に生きております。そして,それらの人々が平和に共存するための唯一の方法は,我々の違いを尊重し,ある人々の特定の観念を他者に押しつけないことです。


    捕鯨問題は詳しくないのですが、私には丁寧にに日本の立場と見解を述べ、他国の主張を他国に押し付けることなく尊重しあうことを真摯に訴えているように思えます。

    慰安婦問題についても、このように日本の主張を落ち着いた言説で訴える日がいつか来ることがあるのでしょうか。。。

    返信削除
    返信
    1. 慰安婦問題と捕鯨問題はよく似ていると思います。構図的に。

      >慰安婦問題についても、このように日本の主張を落ち着いた言説で訴える日がいつか来ることがあるのでしょうか。。。

      性に関わるデリケートな問題なので、なかなか難しいのでしょう。

      削除
    2. 捕鯨裁判に関しては、日本側がもともと有利で、豪政府は、なかなか起訴に踏み切れず、公約違反を国民に責められて起訴したという背景があります。

      慰安婦問題も、個人賠償に関して他国を訴えることは国際法上無効なんですけれどね。

      削除
    3. >公約違反を国民に責められて起訴したという背景があります。

      その通りです。

      削除
  3. 始めて投稿いたします。
    「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」ですが・・・
    池上さんは冷静に話しておられましたがはたして、中立的だったでしょうか?
    池上彰さんは慰安婦問題の根本のところを解説しなかったと思います。

    原因はいろいろあるようですが、一番の原因は朝日新聞が吉田喜治が強制連行したと言う嘘の本を(現在では嘘の体験談は誰もが認める嘘。でっち上げです。)
    よく調べもせずに大々的に紹介。また、中央大学の吉見義明さんが見つけたと言う軍が強制連行に関与していたと言う文書もあくどい女衒が横行している事をやめさせようとた文書であった物を、朝日新聞がまたもや大々的に報じます。
    その後も「主として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した。」と報じました。
    これは、当時勤労動員制度の「女子挺身隊」を「慰安婦狩り」と誤って報じています。

    こう言うことをきっかけに、韓国政府が慰安婦問題を外交問題にします。
    池上さんは一連の事には触れず、朝日新聞を大手新聞社とか朝日新聞系列のテレビ局だからと勘ぐってしまいました。

    今や、慰安婦問題は政治であり外交の手段になってしまったので、韓国政府は何をしても謝罪しろ、賠償しろと言ってきます。

    従軍とは従軍医師、従軍看護婦のように軍に付随しています。従軍医師は治療したからと言って兵士からお金を取ったりしません。
    はて従軍慰安婦の方はどうでしょうお金を取って商売していた公娼だったのです。職業でした。職に貴賎の区別をしてはいけません。
    可哀そうに家族のために身売りされたか、自分の意思でその職業を選んだかは判りませんが、れっきとした当時の法に則った職業だったのです。
    その事を政治に、外交に利用している韓国政府こそ恥ずべき存在です。

    朝日新聞に良心があるなら、紙面で大々的に過ちを認めこの誤解を取るべく努力するべきです。

    あと、河野談話はあたかも強制連行があったように誤解される部分があります。
    河野さんの一番の問題は歴史と言う事実をご自分の感情で受け止め発信した事だと思います。
    政治家は常に冷静に事の事実を調べ判断してほしいものです。

    今自民党が慰安婦問題に消極的になっているのはアメリカからの圧力ではないかと思われますが考えすぎでしょうか?
    日米韓の結束を強めたいとの思惑があるのではと・・・しかし、今やアメリカで慰安婦問題=日本が悪い、恥知らずと思われている事。
    この事は池上さんの言われるとおりです。
    そしてこの事が一番問題なのです。



    返信削除
    返信
    1. >池上彰さんは慰安婦問題の根本のところを解説しなかったと思います。

      私も少々物足りなく思いましたが、徹底的に客観性を保とうとすると、ああいう言い方になってしまうのかなと。

      彼としては、ソースとして用いることが出来たのは、政府の公式発表であったりアジア女性基金の公式見解だったのでしょう。例えば吉田清治の詐話は(もはや常識と言ってもいいとは思いますが)日本政府が公式に嘘と認めたわけではありませんので。

      削除
    2.  正直、当たり障りの無いコメンテータとしてメディアをわたっていくには、あの程度しか踏み込めないでしょうね。
       池上氏の存在価値は、メディアで解説する上で広く浅い知識を持ち、思想的には無色透明であることでしょう。

      削除
    3. 無色透明であろうとするのは、なかなか難しい事だと思います。我慢強さも必要ですから。

      削除
  4. 正直、当たり障りの無いコメンテータとしてメディアをわたっていくには、あの程度しか踏み込めない・・・・・そうですよね、そんなもんですよね。。

    何だかスッキリしないコメントだったので、思わず投稿してしまいました。
    このサイトには驚くような情報が満載でビックリすると同時に国際的に四面楚歌の状態の日本が情けなく、心配です。
    何か良い手立てはないものか、焦りますね。

    まずは今の現状を知ることから始めようと思います。じっくり読ませて頂きます。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。

      でも、焦る必要はないと思います。時は日本に味方します。必ず。

      削除