2013/07/03

東京オリンピックを阻止する署名運動に賛同2万5千人


歴史問題やヘイトスピーチを理由にしているが、実は、こういった署名運動のルーツにも日本に対するヘイトがあるのだろう。もちろん、新大久保のデモの背景にもヘイトはある。この署名活動に対するツイッター上の呼びかけはここ←にまとめてある。といっても、最初の数日分だけだが。

この赤ん坊にも日本に対するヘイトは伝えられていくのだろうか?


米国のサイトで「東京五輪阻止」を呼びかけ 署名すでに2万5000件、大半は韓国から

アメリカで運営されている請願サイトで、東京五輪開催を阻止する署名活動が行われ、3か月余で2万5000件に達した。戦争犯罪への反省がない日本には開催資格がないとするもので、韓国からの支持が多いようだ。

「親戚や友達に知らせてほしい。そして、署名をするように頼んでほしい」

請願サイト「Go Petition」で2013年3月16日に署名活動を始めた米ニュージャージー州在住というDon Towさんは、書き込みでこう訴えた。

「日本は戦争犯罪への謝罪がない」と非難

米請願サイトで署名集め

「2020年の夏季五輪開催地に、東京を選ぶな」。こんなタイトルが、署名には付けられている。

Don Towさんは、第2次大戦中に慰安婦の強制連行(ブログ主注:「第二次大戦中20万人以上の女性や少女が日本帝国陸軍により性奴隷制度に強制された」と書かれている)や南京大虐殺があったにもかかわらず、日本の安倍晋三政権がそうしたことを認めようとしないとし、歴史に学ばなければ再び繰り返すと主張した。そして、欧米の議会からは日本を非難する決議がなされており、IOCが五輪開催地に東京を選ばないように、署名活動に協力してほしいと訴えている。

署名には、韓国からと記すケースがかなり多く、7月2日夕時点までに2万5000件ほどにもなった。韓国のコミュニティサイト掲示板などで、署名活動が紹介されたことが大きいらしい。この数は、請願サイトで57位に入っている。上位の署名活動は、20万件ぐらいあった。

コメント欄には、日本は戦争犯罪への謝罪がないと非難する声のほかに、原発事故で放射能汚染が進んでいて開催地にふさわしくないといった書き込みも多かった。

署名を始めたDon Towさんは、ブログのプロフィール欄を見ると、現在は70代で、物理学の博士号を持っているらしい。韓国との関わりは不明だ。
東京を選ばないようIOCに働きかける動きは、ほぼ同時期に韓国内でも始まっている。

韓国の団体もIOCに反対書簡を送る

韓国の聯合ニュースによると、サイバー外交使節団として韓国の広報活動を展開している「VANK(Voluntary Agency Network of Korea))」は2013年4月5日、東京五輪に反対する書簡をIOCに送付した。さらに米国のニューヨーク・タイムズ紙やCNNといった主要メディアにも同様な書簡を送ったという。

その理由は、日本の嫌韓デモヘイトスピーチは、平和と人類愛を掲げる五輪精神に反しており、それを黙認している日本には、五輪開催の資格はない、というものだ。

VANKはこのほか、日本の竹島を韓国領土と主張したり、日本海を東海の呼称に改めてもらうよう呼びかけたりする運動も同時に続けている。

東京五輪阻止に向けた韓国の動きについて、日本のネット上では、冷ややかな反応が多い。

「日本人差別を堂々と世界にアピールしてどうすんの」「W杯の行動を考えたら韓国に嫌われるのはむしろプラス」「もし東京に決まったら 韓国は出ないんだろうな?」といった声が相次いでいる。

なお、ヘイトスピーチをしたグループについては、警視庁が6月に、対立グループとともに、暴行の疑いで数人を逮捕する事態になっている。

J-Cast 2013.7.2

Do not select Tokyo to host the 2020 Summer Olympics

Petition published by Don Tow on Mar 16, 2013

Target: International Olympic Committee

Region: GLOBAL

Petition Background (Preamble):
During WWII, more than 200,000 women and girls were forced into sexual slavery (so-called “comfort women”) by the Japanese Imperial Army. During approximately a six-week period starting on 12/13/37, about 300,000 Chinese (including many women and children) were slaughtered and about 20,000 women and girls were raped in the city of Nanking alone. During WWII, thousands of chemical and biological weapons of mass destruction were deployed in more than a dozen provinces in China killing more than hundreds of thousands of Chinese, and permanently maiming many more.

Yet Mr. Shinzo Abe, Japan’s current prime minister and her prime minister during 2006-2007 has repeatedly said that “there was no coercion of women into sexual slavery during WWII, and there is no testimony from anyone in Japan.” Shintaro Ishihara, Governor of Tokyo, said in an interview in 1990 that the Nanking Massacre “is a story made up by the Chinese.” Takashi Kawamura, mayor of Nagoya, said in 2012 that “there was no Nanking Massacre, only the results of conventional acts of combat.”

All of these are lies, as these atrocities were well documented by many eye witnesses, including western journalists, businessmen, diplomats, missionaries, educators, and other international observers. Furthermore, the Japanese teacher and journalist Tamaki Matsuoka has interviews of over 250 former Japanese soldiers, with many of these interviews video-recorded, confirming the Nanking Massacre.

Sixty seven years have elapsed since the end of WWII. The Japanese government still has not officially acknowledged and apologized for the massive and inhumane atrocities that the Japanese Imperial Army inflicted on Asia during WWII. Furthermore, their leaders, including prime ministers, have regularly paid tribute at the Yasukuni Shrine in Tokyo where 14 convicted and executed Class A war criminals are enshrined. This is analogous to German chancellors paying tribute at a memorial for Hitler. In addition, starting in the early 1980s, the Japanese government has rewritten their textbooks so that generations of Japanese already do not know about this part of WWII history.

Many governments have already passed resolutions condemning Japan’s position on the comfort women issue, including resolutions passed in 2007 by U.S. House of Representatives, Canadian Parliament, Lower House of the Dutch Parliament, and European Parliament. Apparently words alone are not sufficient to change Japan’s position.

If we don’t learn from history, then history can repeat itself, in the form of another Pearl Harbor attack, Nanking Massacre, Bataan Death March, sexual slavery, germ warfare, etc. For the sake of world peace, the world must take more serious actions than just words.

Therefore, we petition the International Olympic Committee not to select Tokyo, one of three finalists (together with Istanbul and Madrid), to be the host city for the 2020 Summer Olympics.

We ask all peace loving people of the world to sign this petition to urge the International Olympic Committee and the various national Olympic Committees not to select Tokyo to host the 2020 Summer Olympics, unless the Japanese government officially acknowledges and apologizes for their WWII atrocities.

Petition:
Sixty seven years have elapsed since the end of WWII when the Japanese Imperial Army inflicted massive and inhumane atrocities on Asia. Yet, the Japanese government still has not officially acknowledged and apologized for these atrocities.

Instead, Mr. Shinzo Abe, Japan’s current prime minister, has repeatedly said that “there was no coercion of women into sexual slavery during WWII, and there is no testimony from anyone in Japan.” Shintaro Ishihara, Governor of Tokyo, said in an interview in 1990 that the Nanking Massacre “is a story made up by the Chinese.” Takashi Kawamura, mayor of Nagoya, said in 2012 that “there was no Nanking Massacre, only the results of conventional acts of combat.”

All of these remarks are lies, as these atrocities were well documented by many eye witnesses, including western journalists, businessmen, diplomats, missionaries, educators, and other international observers. Furthermore, the Japanese teacher and journalist Tamaki Matsuoka has interviews of over 250 former Japanese soldiers, with many of these interviews video-recorded, confirming the Nanking Massacre.

In order to keep history from repeating itself and to promote world peace, we the undersigned call on the International Olympic Committee in their upcoming September 7, 2013 meeting, as well as various national Olympic Committees, not to select Tokyo (competing with Istanbul and Madrid) to be the host city for the 2020 Summer Olympics, unless the Japanese government officially acknowledges and apologizes for her WWII atrocities.


GoPetition 2013.3.16

10 件のコメント:

  1. 在米日本人2013年7月3日 15:44

    http://www.nj.com/warrenreporter/index.ssf/2013/07/suspect_in_hackettstown_school.html

    http://www.nj.com/warrenreporter/index.ssf/2013/07/man_who_called_from_south_kore.html#incart_river

    ニュージャージー州に住む市民は
    韓国人に対して、どう思っているか、、聞いてみたいです。

    返信削除
    返信
    1. 地元の感情は複雑なのかもしれませんね。いつもありがとうございます。

      削除
  2. カウンター側のしばき隊らの日当一万八千円~三万円って本当らしいですね。
    元締めは、一回、数千万円用意しているそうです
    資金源は、韓国系の不動産会社とされていますが、俺は民団、総連、
    韓国も無関係じゃないよねと見ています。
    さすがに日韓外相会談で新大久保のデモはもう勘弁してくれと
    日本に頼んだそうですね。
    ええ、オリンピック招致活動の妨害工作にいずれ使われるだろうと
    見ていましたら案の定のパターンですね。

    返信削除
    返信
    1. >オリンピック招致活動の妨害工作にいずれ使われるだろうと見ていましたら

      間違いなく、今後も外交カードとして利用されるでしょうね。

      削除
  3. 憲法9条の存在そのものが、日本の謝罪だとチャルマーズ・ジョンソンがかつて言っていましたが、日本は戦後70年近くも戦争放棄を誓ってきました。その状態に韓国や中国がイチャモンをつけて煽っているのは本末転倒でいったい何がしたいのかサッパリ分からないです。その間、韓国は何をしてきたのでしょう。日本人の慰安婦や日本人の一般国民に対する行動について旧戦勝国も韓国も一度でも謝罪をしましたか? 安倍晋三がまたこうやって、長州を強く意識したパフォーマンスをこの時期にやるところが、わたしには韓国とメンタリティーが五十歩百歩だと思うのですよね・・・ 
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130703/k10015760181000.html

    返信削除
    返信
    1. 反省するのが日本だけでは、いつまで経っても世界が平和にならないわけですね。

      削除
    2. 凧さんの指摘された韓国のナショナリズムと安倍首相のメンタリティーの類似性は、私も前から感じていました。

      周回遅れの韓国、中国と競り合っても仕方ないとおもいますが、一方で韓国メディア・政治団体の常軌を逸した反日民族主義を見ていると、文句を言いたくなる気持ちも分からなくはないですが、、、。

      削除
    3. 韓国のナショナリズムと安倍首相の
      メンタリティーの類似性??
      まったく感じられません。
      日本の反日メディアが 
      腐ってるのはわかります。

      削除
    4. 安倍氏のは長州イズムですから、一国の総理でありながら山口県のことばかり考えているようではいつか来た道だと思うわけです。韓国の「碑」ブームに対決(?)するのに自分の出自をからめてくる必要もないと思いますし、彼の皇国史観は国家神道という長州イズムに他なりませんね。それまでの日本の長い歴史とは無縁です。安倍氏にとっての靖国神社参拝は、国民を見下ろしているあの大きな大村益次郎の銅像に会いに行く長州神社参拝だと思っています。ときどきハトが頭の上にとまっていますが・・・東京オリンピックの開催地選定に、韓国主催の署名運動が影響を与えるとはまったく思いませんが、無私になれず何かと日本の歴史を私物化したがる傾向がある安倍氏が、必要以上に中韓を煽ってしまうのは日本にとっていいことだとは思えないのです。仮に近い将来、改憲という流れがきたとしても安倍氏の手による改憲はご免被りたいです。

      削除
  4. >韓国のナショナリズムと安倍首相のメンタリティーの類似性

    韓国の報道に影響を受けているからそう感じるんでしょう?
    挑発していると感じるのも韓国のソースからのイメージです。
    あるいは朝日新聞や毎日新聞・NHKなどの報道からのバイアスともいえます。

    距離感と反論に関しては適正だと思います。

    返信削除