2013/07/16

ソウル市、元慰安婦に生活補助金


この人たちは本当に補助が必要なのだろうか?むしろ、この女性たち←こそ支援を必要としているのでは?
ソウル居住の元慰安婦女性ら 来年から生活補助金受給

元慰安婦の女性らに来年から毎月70万ウォン(約6万2000円)の生活補助金が支援される。

ソウル市議会によると、独島領土主権守護および日本植民地被害者支援特別委員会が発議した「ソウル特別市日帝日本軍慰安婦被害者支援条例案」が12日の定例会で可決した。条例案はソウル市が元慰安婦の女性らに生活補助金70万ウォン死亡時に弔慰金100万ウォン(9万円)を支援することを盛り込んでいる。来年に発効する。

 支援を受けるのは、関連法律に基づき生活安定支援対象者に指定されている元慰安婦のうち、ソウル市に居住する女性ら。対象者は30~40人程度で、年間1億8700万ウォン(1700万円)の予算が必要になるとみられる。

特別委の委員長は「元慰安婦の女性らに対する生活安定と名誉回復活動支援を制度的に明文化したことで、慰安婦問題に対する歴史的観点を確立し、元慰安婦の女性らの人権を保護するもの」と説明した。

8 件のコメント:

  1. 慰安婦も格差社会の影響で振り分けられるのですか?

    日本軍慰安婦であれば、それなりにお金を残せた人もいるのですが、朝鮮戦争の慰安婦はまともな報酬が無かったのではないですか?

    格差の上に格差か。

    返信削除
    返信
    1. 前のエントリーになりますが、数十年かかっても借金が返せなかったというようなことが、日本軍の慰安婦の場合にもありえたのかどうか。

      削除
    2. 業者が朝鮮人の場合はあり得たでしょうね。
      米軍の聞き取り調査した例のミャンマーのケースは日本人の業者でしたから、契約もちゃんとあったし、慰安婦の聞き取りからも、前借返せばやめられtのでしょうけどね。
      今の韓国人の売春のやり方見ていると、ありえたのかなと思います。

      削除
    3. その辺は軍がチェックしていましたから、朝鮮人事業者であっても、日本軍慰安婦の場合は契約がキチンとされていたと思います。後は、その契約が守られたかどうかですが。

      削除
  2. 在米日本人2013年7月17日 0:29

    お婆さん達はアメリカでも大活躍をしています。
    http://www.washingtontimes.com/video/national-news/wwii-korean-comfort-woman-visits-nj-monument/

    ベトナムの女性達は?アメリカ軍の慰安婦は?って言いたいです。

    返信削除
    返信
    1. >在米日本人
      さっそく朝鮮日報でも報じてますね。

      http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/07/17/2013071700733.html?ent_rank_news

      >15歳のとき、近所を歩いていたら日本軍に無理やり連行された。

      >日本軍の憲兵は「二度と逃げられないようにしてやる」と言って軍刀を李さんの腕や足に打ち下ろした。李さんが袖をまくると、右腕に4-5センチの刀痕が2本くっきりと現れた。

      >日本帝国主義の軍隊により性的奴隷にさせられた韓国と中国、台湾、フィリピン、オランダ、インドネシア出身の数十万人の女性と少女たちを追悼する」と記されている。

      削除
    2. 在米日本人さん

      彼女らのこうした活動も、あと数年が限度でしょう。

      削除
    3. 日本談児さん

      イ・オクソンですね。彼女は海外メディアの取材をよく受けますが、証言者としては、ちょっと問題があるように思います。

      削除