2013/05/06

韓国メディア "前駐日米国大使が慰安婦強制動員の否定に反対”

シーファーは河野談話見直しに反対としか言っていないが?

シーファー元駐日大使の発言に早速韓国メディアが飛びついてる。

「シーファー前駐日アメリカ大使『慰安婦強制動員の否定、日本の国益傷つける』」・・・いや、シーファーは河野談話の見直しに反対しただけで、強制動員云々には踏み込んでいないだろう。聨合ニュースが勝手に話を補完しているのである。

河野談話は強制連行を認めたものではないと首相を牽制する小川敏夫
この人は、何が言いたい? (2.18)

これは仕方のない面もある。河野談話は強制連行を認めたもの、という事にされてしまっているのだから。・・・にも関わらず、民主党の小川敏夫などは、河野談話には慰安婦の強制連行が事実とは書いてない(から見直す必要はない?)と言って、余計話を混乱させている(2月18日参議院予算委員会)。だったら、韓国に向けて河野談話は慰安婦の強制連行とは無関係と言ってみろという話である(絶対に反発されるから)。日韓関係を混乱させているのは、こうした政治家である。それはともかく・・・。

トーマス・シーファー前駐日米国大使「慰安婦強制動員の否定、日本の国益害する」

トーマス・シーファー前駐日米国大使は、日本政府が日本軍慰安婦動員の強制性を認めた河野談話を修正する場合「米国で日本国益を大きく害するだろう」と警告した。

シーファー前大使は、3日(現地時間)ワシントンで開かれた米日関係シンポジウムで「慰安婦問題はどのようにしても正当化することはできない」としてこのように話したと日本経済新聞が5日報じた。

日経はシーファー前大使が靖国問題に対し一定の理解を示した反面、慰安婦問題に対しては強い語調で警告したと紹介した。

それと共に新聞は「慰安婦問題を人権問題で見る米国と歴史認識問題で位置づけさせた日本の立場の違いは鮮明だ」として河野談話の修正努力が順風に帆をかけたような米日関係に波紋を起こす可能性のある要因だと指摘した。

安倍総理は昨年の9月、自民党総裁選挙戦の中で「日本が河野談話のために不名誉を抱え込むことになった」として談話の修正意思を明らかにし、保守層の支持を受けたが、昨年12月総理になって以降は「専門家に任せなければならない」として一歩後退した。

しかし安倍総理は最近植民支配と侵略を謝罪した村山談話に関連して「侵略の概念は確定していない」として修正の意志を表わし、再び歴史認識を囲んだ波紋を起こした。 聯合ニュース

ハンギョレ 2013.5.6

토머스 시퍼 전 주일 미국대사 “위안부 강제 동원 부정, 일본 국익 해칠 것”
토머스 시퍼 전(前) 주일 미국대사는 일본 정부가 일본군 위안부 동원의 강제성을 인정한 고노(河野)담화를 수정할 경우 “미국에서 일본 국익을 크게 해칠 것”이라고 경고했다.

시퍼 전 대사는 지난 3일(현지시간) 워싱턴에서 열린 미일관계 심포지엄에서 “위안부 문제는 어떻게 해도 정당화될 수 없다”며 이같이 말했다고 니혼게이자이신문(닛케이)이 지난 5일 보도했다.

닛케이는 시퍼 전 대사가 야스쿠니(靖國) 신사 문제에 대해 일정한 이해를 표한 반면 위안부 문제에 대해서는 강한 어조로 경고했다고 소개했다.

그러면서 신문은 “위안부 문제를 인권문제로 보는 미국과 역사인식 문제로 자리매김시킨 일본의 입장 차이는 선명하다”며 고노담화 수정 노력이 순풍에 돛을 단 듯한 미일관계에 파문을 일으킬 수 있는 요인이라고 지적했다.

아베 총리는 지난해 9월 자민당 총재 경선 과정에서 “일본이 고노 담화 때문에 불명예를 떠안게 됐다”며 담화 수정 의사를 밝혀 보수층의 지지를 받았지만 지난해 12월 총리가 된 이후에는 “전문가들에게 맡겨야 한다”며 한발 물러섰다.

그러나 아베 총리는 최근 식민지배와 침략을 사죄한 무라야마(村山)담화와 관련해 “침략의 개념은 확정돼 있지 않다”며 수정 의지를 드러내면서 다시 한번 역사인식을 둘러싼 파문을 일으켰다. 연합뉴스

16 件のコメント:

  1. 在米日本人2013年5月7日 1:29

    今日見つけたニュースです。
    KACEのメンバーの顔も、、
    どんな風にまた日本に迫ってくるのか、
    どう変わるか、大統領のアメリカ訪問の結果は?

    http://www.korea.net/NewsFocus/Policies/view

    しかし、韓国は結婚式とか以外ずっと白色の服でしたが、
    赤や鮮やかな色に変わってしまい、笑ってしまいました。
    アメリカの雑誌数冊には韓国の服の色は白色だと書いているのですが、、


    返信削除
    返信
    1. http://www.korea.net/NewsFocus/Policies/view

      URLを入れるとトップページに飛ばされてしまうので、記事に辿りつけませんでした。

      >アメリカの雑誌数冊には韓国の服の色は白色だと書いているのですが

      確か色つきは為政者によって禁じられていたのでしたね?色つきのチョゴリは「日帝残滓」であったはずです。

      削除
  2. 在米日本人2013年5月8日 5:38

    今日のニュースから
    http://nbcpolitics.nbcnews.com/_news/2013/05/07/18107743-obama-no-tolerance-for-military-sexual-assault#comments

    返信削除
    返信
    1. military morale についてコメントがありますね。軍規と士気の関係については、平時と戦時では異なると思いますが少なくとも韓国に駐留している米軍の軍規は沖縄と同じでこれまでは非常にいい加減だったと思います。米軍が兵士の士気を保つために韓国の慰安婦を必要としているのかどうかは別として、第2次世界大戦後に世界規模で展開している米軍の周辺には必ず慰安婦が存在します。その扱いについてですが、欧州NATO軍の周辺はアジア駐留軍と比較して、はるかに地元の社会や女性たちに気を遣っているのは言うまでもないですね。

      削除
    2. 米国(欧米)は軍隊と性の問題には厳しい。日本ではそれがあまり理解されていないような気がします。こういったニュースももっと紹介すべきですね。私もついつい後回しにしていますが・・・。

      削除
  3. シーファー元駐日大使の発言を受けて菅官房長官は河野官房長官談話の見直しを検討していないという考えを示しました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130507/t10014399081000.html

    これは従来よりの姿勢。未来志向の新しい談話でうまく対処出来るのか。

    まっ、昨今の日韓関係ではしばらくなさそうですけど。。。

    返信削除
    返信
    1. 安倍首相周辺は新談話(による事実上の河野談話修正)を考えているという話がありましたが、どうもそれすら実現出来そうにないですね。

      削除
  4. シーファー元大使の発言に安倍内閣屈服ですか、完全な外交的敗北ですね。

    河野談話が、韓国の運動家によっていかにひん曲げられて政治利用されているか、日本人相手に日本語で説明しても簡単ではないのに、世界に向かって説明するのは至難と言えます。

    安倍内閣の取り巻きには皇国史観のような人たちが多すぎるので、彼らが正面に出て説明するのは、逆効果ですね。




    返信削除
    返信
    1. 2007年の安倍首相(当時)の強制性否定騒動の時、安倍氏が米国大統領に謝ったという話が巷を駆け巡りました。私はそれはちょっと違うと思いましたし、今回の場合も、シーファー発言(米国の態度)を受けて安倍氏が節を曲げたというのではないと思っています。安倍氏は最初から河野談話の撤回は考えていなかったと思います。

      ただ、安倍氏は、一度総理をやって分かったなどと言っていますが
      http://www.youtube.com/watch?v=UVLxByqcQvk&feature=youtu.be
      総理大臣にならずともこういう事になるのは想像出来たろうに、という気がします。こういった所が情けないですね。

      >安倍内閣の取り巻き

      彼と近しい経済界の大物が、そういった(?)一部の取り巻きとは縁を切った方がいいと苦言を呈していたと記憶しています。

      削除
    2. シーファー氏は以前から同じ事を言っていましたし、
      この点は、予想とおり。

      以外なのは、マスコミが思ったよりも叩かない事、
      野党にいるいつもの叔母様や馬主さん等も同様です。

      その事にある意味、変化を感じています。

      焦らなくても良いので、着実に良い方向に進めて欲しいです。

      削除
    3. 匿名さん

      >以外なのは、マスコミが思ったよりも叩かない事

      安倍氏が事を荒立てないよう努めているというのもありますが、2007年に比べるとメディアも大人しくなりましたね。馬主さんは、隙あらばと狙ってはいると思いますが・・・。

      削除
  5. 安倍さんの方向性はあくまでも皇国史観なのですが、安倍さんと彼の取り巻きがかかげている皇国史観は、実は明治維新のときに日本に内政干渉した西洋が植えつけた西洋的な立憲君主を核としているものなのですよね。日本は政治と天皇を分離したために長きにわたり皇室が維持されたのだということと、非常に矛盾してるのです。案の定、第2次世界大戦により西洋化した日本の皇室は汚名を浴びました。安倍さんがシンボライズしているものが日本固有の文化だと誤解している流れがありますが、これはたとえば坂本龍馬などを過剰に評価するのと同じで長州、長州とやたら連呼する安倍さんが語る日本論は、日本好きの外国人が繰り広げる日本論のようで極めて矛盾したものなのだと常々、感じています。その安倍さんの皇国史観を警戒する西洋ならびにアジア諸国は、日本の社会文化のサイレントマジョリティーを見落としているのが残念です。

    返信削除
    返信
    1. 歴史に疎い私には皇国史観という物がどういった物なのか、よく理解出来ていないのですが、明治維新以後の天皇制は本当に日本の伝統なのかという気がずっとしていました。

      削除
    2. 以前にも書いたかもしれませんが、安倍総理は長州がいなければ日本に未来はなかったと信じて疑っていませんので、日本国の総理であることよりも、お里の自画自讃が重要になっています。極端な自虐史観から長州の自画自讃史観へと移行するのではほとんど意味がないと思います。そのときどきの強そうなものに事大するという意味においては、彼の考え方は実は朝鮮半島に似ています。ですので、慰安婦問題は安倍総理では問題を複雑にするだけであって解決の道筋からは遠のくばかりだと思います。

      靖国神社も実は長州が建てた長州神社なのです。皇国史観は日本人が古来より天皇に「仕え」てきたとしているのですが、明治維新までは仏教と神道は仲良く同居していました。神社とお寺が同じ敷地にあったり、天皇家が孝明天皇まで仏式で葬式を行っていたり、もちろん江戸幕府は天皇家をないがしろにしていたわけではありませんね。長州は非常に一元的なものの考え方をします。それはむしろキリスト教、ユダヤ教、イスラム教、そして韓国儒教に通じるものがあります。

      削除
    3. >靖国神社

      でっかい大村益次郎の像がありますよね。

      どういう訳か、このブログでは安倍氏に批判的な方が多い様子。

      削除
    4. そういうわけではないのですが、安部さんがことさら長州をアピールすると、「あれ?」と思うわけです。長州は官尊民卑の世を目指しましたから。江戸時代はご存じのように庶民文化がさかえました。お金を持っていたのは民でした。士農工商、すべての人々、政治をつかさどっていた幕臣にも教養がありました。維新後は華族制度(日本版の貴族)が作られ官尊民卑の文化が広がりました。安部さんは総理である間は長州藩と朝鮮半島の二者関係で物事を考えるのは、やめたほうがいいとは思いますね。

      削除