2012/09/08

米軍人が見た韓国駐留米兵の為の性奴隷

3年以上前に旧ブログに上げたエントリーだが、資料性が高いと思われたので再度紹介。(追記:コメント欄でも指摘されたように、これを書いたのは、現在テキサス在住のGerry Bevers氏らしい。 https://www.blogger.com/profile/14311939520870098017)



今月7日(2009年1月)のニューヨーク・タイムズの記事は、2chや方々のブログで取り上げられて話題になったようだ。

このニュースに対するネット(日本人)の反応はと言えば、見たところ「マイク・ホンダのダブルスタンダード!」と「産経が売春婦を慰安婦と誤訳!」といった感じに二分されているような印象。それぞれ一理あるわけだが、自分には「売春婦か慰安婦か」はあまり重要な事のように思われなかった。むしろこの記事を読んだ在韓米軍に配属歴のある、とあるアメリカ人がネットに投稿した文章の方が気になった。

The Marmot’s Hole Korea… in Blog Formatの中のgbeversという人物のコメント(>>10)を日本語に訳した。


悲しい時代の韓国に関する悲しい記事だ。そう、女性達は日本の慰安婦たちが奴隷であったのと同様に奴隷だったのだ。借金と甘言に縛られて。

自分は1977年から79年まで合衆国海軍軍人としてピョンテク市近郊のキャンプHumphreysに勤務していた。当時の自分はかなりの遊び人で、キャンプの外の10軒かそこらの大きなクラブで働いていた沢山の女性達と馴染みだった。自分の記憶によれば、女性の多くは、雑誌に掲載された「米軍クラブのウェイトレス 高報酬」といった広告に騙されたと言っていた。実際、自分自身そんな広告を見た。

少女達は家具つきの住居を約束されていたが、それゆえポン引きの奴隷だった。なぜかと言うと、家賃の他に家具の賃料に法外な借金を背負わされたからだ。クラブのオーナーやポン引きが彼女らに利子の話をしたかは分からないが、おそらく大抵の場合教えていなかったのだろう。たとえ教えていたとしても、彼女らの多くは自分がどんな状況に置かれているか分からなかったろう。多くの少女たちは文字通り田舎者で教養がなかったからだ。

少女たちの収入は出費に追いつかず、生きる為に必然的に体を売らざるを得なくなる。彼女らは借金から逃げることは出来ない。なぜなら、ポン引きや警察が追っかけ来て、シコタマ殴った上で連れ戻されるからだ。

警察や店のオーナーだけじゃなく、ほかの水商売の女たちまでもがポン引きの見張り役だった。だから少女たちが町から逃げ出すことは難しかった。新入りが近所の銭湯に行く時でも、信用出来る女をポン引きが見張りにつけた。

実際的に町に入ることが出来た若い女性は、売春婦と女学生だけだった。女学生は制服を着ているから、すぐに見分けがつく。

もしも警官が学生服姿でない見慣れない女を道で見かけたら、彼らはVDカードの提示を求める。VDカードは性病検査を受けたことを証明する証明証だ。基地周辺の村の若い女性は、VDカードか学生証のいずれかを持っていることになってる。どちらも持っていなければ、警察に連れて行かれることになるが、そこでは酷い目に遭わされるので女の子たちは行きたがらない。

言葉を変えれば、基地の外の町でアメリカ兵が関われるのは売春婦だけという事になる。もしもソウルから韓 国人のガールフレンドが尋ねて来て、彼女がVDカードを所持していなければ、彼女は警察署に引きづられて行くことになる。米兵は同行を許されない。

アメリカ軍の憲兵は韓 国軍の憲兵と一緒にパトロールしていたが、彼らが少女たちをクラブから救出するのは見たことがない。たぶん彼らは喧嘩がないか見回っていただけで、確証はないが汚い仕事は私服の警官がやっていたのだろう。

モンキー・ハウスについても聞いた覚えがある。性病治療の為に少女たちが閉じ込められた場所だ。ロクな場所じゃないとも聞いた。

70年代、80年代の韓国は遊び人にとって楽園だった。韓国政府お墨付きの「借金漬け 性奴隷制度」のお陰でね。

そう、自分の国の「慰安婦制度」を無視して、第二次大戦の時の日本の「慰安婦制度」に文句を言う韓国人は偽善者だ

The Marmot’s Hole 2009.1
http://www.peeep.us/9e976676


※写真は、彼が勤務していたキャンプHumphrey。1977年の写真だから、ちょうど彼のいた頃ですね。


産経がNYタイムズの記事の中のEx-Prostitutes を「元慰安婦」と訳したことについては、自分も正確ではないと思う。自分なら「慰安婦」とは訳さない。しかし、産経の記事はあくまでNYTの記事の要約なのだから、目くじら立てるほどの事かな?とは思う。最近連続で取り上げている西野瑠美子も、千葉県にあった日本軍関連施設の近くの遊郭にいた女性を「慰安婦」と呼んでいる。(追記: 当時進歩的日本人ブロガーの間で、ちょっとした「祭り」になっていた)


A sad article of a sad time in Korea. Yes, the women were enslaved in very much the same way that Japan’s comfort women were enslaved, which was that they were enslaved by the use of debt and deception.

I was in the US navy stationed at Camp Humpheys, near Pyeongtaek, from 1977 to 1979. I was quite an active barhopper and whoremonger at the time and knew a lot of the women who worked in the ten or so large clubs outside the gates of Camp Humpheys. Here is what I remember:

Many of the girls at that time told me they were lured to the bars by ads in Korean magazines promising high-paying jobs as waitresses in military clubs. I read the magazine ads, myself.

The girls were also promised furnished apartments, which was how the girls became enslaved to their pimps, because, in addition to their rent, the girls were expected to make payments on the apartment furniture at exorbitant interest rates. I do not know if the clubowners and pimps explained interest rates to the girls or not, but I doubt that many did, and even if they did, I doubt that many of the girls knew what they were getting themselves into. At the time, many of the girls were literally right off the farm and were illiterate.

The girl’s salaries were not enough to pay all their expenses, so the girls had to start selling their bodies just to keep their heads above water. They could not walk or run away from their debt because the pimps and the police would hunt them down and bring them back after giving them a nice little beating.

The police, storeowners, and even other bargirls in the camptown were the watch dogs for the pimps, so it was hard for the girls to simply slip out of town. Even when the new girls went to one of the local bathhouses, they had to go with one of the pimp’s trusted girls to help make sure the girl did not run away.

Essentially, the only young women allowed in town were prostitutes and schoolgirls, and you could easily tell them apart because the schoolgirls had to wear uniforms.

If the police spotted a woman on the street they did not recognize, and she was not wearing a school uniform, they would stop her and demand that she show them her VD Card, which was a record of the woman’s visits to the veneral disease clinic. If you were a young woman in the village outside Camp Humphey’s, you either had to have a VD Card or a school ID showing that you attended one of the local schools. If you did not have a VD card or a school ID, you were taken to the local police station, which was a place the girls did not want to go because they were often abused there.

In other words, the only Korean women the American military were allowed to associate with in the village outside Camp Humphey’s were prostitutes. If a Korean girlfriend from Seoul visited you and she did not have a VD card, she would be hauled off to the police station and you would not be allowed to go with her.

US military police patroled with Korean military police, but I never saw them taking girls out of the clubs. I think they were only patroling to make sure there were no fights. I am not sure, but I think it was the plain clothes police who did all the dirty work.

I remember hearing about the “Monkey House,” which was basically a jail where the girls were treated for VD. I also heard it was not a pleasant place.

Korea was a whoremonger’s heaven in the 1970s and ’80s thanks to government-sponored, debt-based sexual slavery.

Yes, Koreans who complain about Japan’s World War II “comfort woman” system while ignoring their own “comfort woman” systerm are hypocrites.

2 件のコメント:

  1. おー、ゲリちゃんなつかしす。

    生存確認
    http://dokdo-or-takeshima.blogspot.com/
    ガチョーン大学講師を辞めてテキサスに帰ってるみたいですね。
    https://draft.blogger.com/profile/14311939520870098017
    テキサス親父と交流したりしないんだろうか。

    返信削除