2012/09/22

挺対協、韓日軍事情報包括保護協定に反対でペナルティ

挺対協のユン代表は、この決定に批判的な新聞記事などをRetweetしてはいるが、本人の口から政府を非難することは控えている様子。ちなみに彼女は現在ハルモニを伴い来日中。

日本では、彼女ら外国人であっても何を発言するのも自由。彼女たちは、そんな日本の「自由」を最大限利用して日本を糾弾している。しかし、彼女たちが批判を抑制している北朝鮮には拉致被害者が抑留され、現在も人権を侵害され続けているし、韓国政府は自国の軍隊の性の問題を非公開にしている。

北と共同声明発表 慰安婦支援団体に過料=統一部

旧日本軍の従軍慰安婦にされた女性らを支援する市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」が韓国政府の承認なしに、北朝鮮側の慰安婦被害者団体と共同声明を発表したとの理由で過料処分を受けたことが21日、分かった。

   同会は19日に統一部から通告を受け、事前承認なく北朝鮮側と声明を発表したため過料50万ウォン(約3万5000円)を科された。同会の尹美香(ユン・ミヒャン)代表が明らかにした。

   同会は従軍慰安婦問題解決を求め毎週水曜日に行われる「水曜集会」で、植民地解放記念日の光復節(8月15日)に北朝鮮側の団体と共同声明を発表した。

   声明には、日本の植民地支配に対する謝罪要求、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)推進反対などの内容が含まれていた。

   尹代表によると、北朝鮮側から共同声明発表を提案するファックスを受け、統一部に声明発表の計画を申告した。しかし、韓日軍事情報包括保護協定に反対する内容が含まれていたことから、統一部はこれを受理しなかったという。

   「南北交流協力に関する法律」では、統一部長官は南北交流・協力や公共の利益を損なう恐れがある場合、南北接触に関する申告の受理を拒否できると定めている。

   尹代表は過料支払いについて「まだ公式的な立場は決定していない」と話した。

中央日報 2012.9.21

7 件のコメント:

  1. この方達は 麗水順天事件 済州島四三事件の事を知っているのでしょうか?
    当時出版された雑誌を読むと、日韓併合は韓国の政府がどうしようもなかったような事を書いています。
    日本が併合しなければ、中国かロシアの植民地になっていたはずです。ある本では日本はロープで縛るけれど、ロシアは鎖でつないだだろうって書いていました。
    1933年のナショナル ジオグラフィック マガジンに韓国を訪れた方が写真を取り歴史を書いた記事が載っています。
    海外で出版した本を読み、海外から見た当時の韓国を知ってもらいたいです。

    返信削除
    返信
    1. 余裕があれば、昔の報道や本も紹介していきたいと思っています。また色々教えて下さい。

      削除
  2. 海外の出版物、海外の写真家の写真、海外のメディアの記事をまとめれば、日本のさまざまな主張が一方的ではないことを論理的に証明するのは、それほど困難ではないはずです。これまで外務省や代議士がいかに怠慢だったかを実感していますが、一般国民も同じく脳天気で怠慢過ぎたと反省しています。

    朝鮮半島に内在する問題は、2012年現在もしっかりと存在しています。基本的にも中国も同じですが、これこそが日本にとっての突破口だと思います。少し大げさ過ぎたかもしれませんが、答えは「現在」にあると言うことです。

    返信削除
  3. 追伸。少し補足します。
    これまで、日本が本気で中韓に反論して来なかったのは、広義にはアジア全体の安定や安寧を念頭に置いていたからだ。こういう点も確かにあるとは思います。ですが、冷戦終結を境に世界の様子は大きく変わって来ていますので、もはや今までのやり方は受け入れられないと言うことだと思います。

    返信削除
    返信
    1. 日本は長く「金持ち喧嘩せず」を地で行っていたのでしょう。それから中国や韓国を対等に議論するに値しない国と見下してもいたのでしょう。それを自分の寛大さと勘違いしていたのではないかと思います。

      削除
  4. 古本で明治期からの中国、琉球、ロシア、韓国のことを書いた古本があります。
    A History of The Japanese People by Cap.F ,Brinkley.R.A
    Baron Kikuchi

    1912年に書いた本で当時の事がわかるかと思います。
    日本で出版した本が信用されないなら 
    その当時に海外で出版した本を探して、
    (もちろん 全世界の人が日本に良い評価したとはおもいませんが)
    今は資料を探して、もう一度さらに深く研究し、
    話し合うことが必要なのではと思います。
    (中韓は受け入れないかもしれないですが)
    戦争時に自分はまだこの世にいなかったので、
    「日本は悪くなかった」とか、言えません。
    その頃の海外の新聞や 雑誌を読み自分なりに考えて行きたいと思います。ごく普通の主婦がここまで『日本について』考える事ができるようになったのは 中韓のおかげかもしれません。

    私だけでなく 平和ぼけしていた多くの人達の目を覚ましてくれたのは こういった行動をしている人達がいるからでしょう。

    返信削除
    返信
    1. >私だけでなく 平和ぼけしていた多くの人達の目を覚ましてくれたのはこういった行動をしている人達がいるからでしょう。

      李明博大統領が大騒ぎしてくれたお陰で、多くの日本人がこの問題を意識するようになった気がします。ブログをやっていても、それを実感します。

      削除