2012/09/19

体操の妖精から娼婦へ


吉見理論によれば、貧しさから売春婦になるのも「強制」。彼女の場合も(ドイツ?ルーマニア?)に強制された被害者、ということになるわけだが・・・。

“ルーマニアの妖精”が売春婦に

“ルーマニアの妖精”として国民的アイドルだった元女子体操選手のフロリカ・レオニダさん(25)が、ドイツで売春婦になっていたと報じられ、ルーマニア国民が大ショックを受けている。元祖“妖精”で米国在住の五輪金メダリスト、ナディア・コマネチさん(50)も母国メディアの取材に答え、同国の体操選手の末路を嘆いた。

衝撃的な事実を最初に報じたのは、8日のドイツ紙「ビルト」。レオニダさんは2007年に現役を引退、08年からドイツで暮らし始めたものの生活が困窮。借金漬けになったため、売春婦として生計を立てているという。

同紙は「レオニダの家族は、彼女がドイツでフィットネストレーナーとして働いていたと思っていた。今年、雑誌の風俗広告に彼女が載っていたことで売春婦だと知り、父親は『もう私たちはルーマニアで生きていけない』と話している」と報じた。

レオニダさんは12歳のときに米国の雑誌「インターナショナル・ジムナスティック・マガジン」の表紙を飾るなど、将来を嘱望された。02年の欧州ジュニア選手権の平均台で金メダル、03年の世界選手権 の団体で銀メダル、06年の欧州選手権の同種目で銀メダルを獲得。“ルーマニアの妖精”となった。だが結局、五輪には出場できず競技生活を終えた。

ルーマニア紙「リベルタテア」も12日、「レオニダがドイツの売春宿で働いている!」と報じたうえで、元祖“妖精”のコマネチさんに緊急インタビューを敢行。米国在住のコマネチさんは「レオニダのことについてはコメントしたくない。ただ、ルーマニアではメダリストではない体操選手が引退した後の支援がない。米国では、引退した選手がきちんと生活していけるような様々な機関によるフォローがある」と問題点を指摘した。

もともとルーマニアでは高校、大学に行かず、体操一筋で生きていく選手が多い。しかし、五輪でメダルを取らない限り、引退した体操選手は“ただの人”どころではなく、学歴のない人となってしまい、就職は難しい。 そこが米国とは大違いのようだ。

「米国では毎年4、5月、体操選手によるショーがたくさん開かれ、そこに出てお金を稼ぐことができる。そのお金で大学に行くんです。大学に行きながら競技生活を続けてもいいし、競技生活を辞めて普通に就職するのもいい。ルーマニアではそのようなシステムがない」(コマネチさん)

 ルーマニアといえば、先月15日、日本語を教えるために現地入りした日本人女子大生・益野友利香さん (20=当時)がヴラド・ニコラエ容疑者(26)に殺害される事件が起きたばかり。1989年のルーマニア革命 によって、チャウシェスク元大統領の独裁政権が崩壊し、民主化された後、2007年にはEU(欧州連合)に加盟。 だが、治安や行政サービスなどの点でもまだまだ不安定な情勢が続いている。

東スポ 2012.9.18

8 件のコメント:

  1. 売春婦の何が悪いのか(決して誇るべきことではないにしても)という視点はないのでしょうか。

    三菱扶桑のU会長、原子力安全委員会のM委員長、東京電玉のK会長、、、、こういった人達の恥ずべき人生と比べれば、自分の体を張って生きている彼女たちが後ろ指を指されるいわれはないと思います。

    マグダラのマリアに対するイエスの視線を持ち出すまでもなく、花魁をスター扱いした伝統がある日本人は、この職業に対しもう少し寛容であって良いのではないでしょうか。(花魁には芸があったと言うなら、レオニダさんにも月面宙返り2回ひねりという特技がありました。)

    返信削除
    返信
    1. 売春婦の何が悪いのか。本人もそう思っているのではないでしょうか。彼女が自分で選んだ道でしょうし。

      削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1. >売春はする方も買う方もどっちも賎しい最悪の人間

      宮尾登美子の本などお読みになってみて下さい。

      削除
  3. お読みになって下さいってあなた何様ですか?

    返信削除
    返信
    1. >売春はする方も買う方もどっちも賎しい最悪の人間。

      なぜ、ご自分のコメントを消したのですか?

      削除
  4. だから四年もコメントなかった訳ね

    返信削除
    返信
    1. コメントを消して逃げた人も初めてです。

      削除