2012/09/08

NYT(2009年)の米軍基地村売春婦レポートの日本語訳


3年前に旧ブログの為に日本語訳した米軍基地(キャンプ)村買春に焦点を当てたニューヨーク・タイムズ紙の記事。これも、もう一度エントリーし直すことにした。

産経新聞がこの記事を米軍「慰安婦」の記事として紹介したことで、ネット上が少々騒がしかったが、自分もキャンプ村売春婦は韓国軍の慰安隊(慰安婦・米軍を主体とした国連軍専用のグループもあったらしい)とは、一応分けて考えておいた方がいいと思う。とはいえ、林博史も70年代まで韓国ではこういう女性を「慰安婦」と呼んでいたと認めているから、「3K新聞の捏造」とは言い過ぎだろう。写真を提供した写真家Jean Chungも、この女性たちをcomfort womenと呼んでいるわけだし。

ただ、我々の心構えとして、米軍の基地村買春の問題が米紙に報じられたことはあっても朝鮮戦争の慰安婦(慰安隊)についてはアメリカで報じられた例はない[要確認]ということは頭に入れておくべきだろう。アメリカの識者が日本軍慰安婦問題を冷静に論じられないのは、この辺も原因の一つだろうから。

(アメリカ軍が日本で進駐軍用の慰安所'RAA'を利用していた事はAP通信によって報じられたことがあるが、マイク・ホンダは強制連行を前提とした日本軍慰安所とは別物だと言って意に介す様子はなかった


Ex-Prostitutes Say South Korea and U.S. Enabled Sex Trade Near Bases
「元売春婦 韓国とアメリカ政府が米軍基地周辺での性売買をお膳立てと証言」

韓国は、帝国日本軍の為に朝鮮人などの女性を奴隷として売春窟で働かせるという、戦争の歴史の中で最もオゾマシイ出来事の一つに関して日本政府が己の責任の範囲についてグズグズ言うのを何年も責め立ててきた。

今度は、韓国の過去の指導者らを元売春婦の一団が別の理由で告発した。すなわち、指導者たちが、彼女らに北朝鮮から韓国を守るアメリカ兵の為にセックスするよう奨励したのだ。彼女らはまた、過去のアメリカ軍と韓国政府が60年代から80年代にかけて、アメリカ兵を性病から守る為に、共同で売春婦らの性感染の有無を調べ治療を施すシステムを構築することによって、直接性売買に手を染めたことを糾弾している。

彼女たちは韓国政府やアメリカの高官によって騙されて売春婦にされたとは言っていないが、代々の韓国政府が日本に対し償いを要求しながら、自国の歴史について蔑ろにしてきた偽善を非難している。

「政府はアメリカ軍の一番の美人局だった」と、女性の一人、Kim Ae-ran(58才)は最近のインタビューに応えた。

韓国政府はアメリカ軍が朝鮮半島から出て行くことを恐れたこともあって、それを引き止める為に何でもするつもりだったと、この問題の専門家は言う。

しかし、女性達は同時に、韓国政府が彼女らを朝鮮戦争後数十年に渡り、低迷する経済を支える商品と見なしていたと言う。彼女らは、政府が彼女らに英語やエチケットを教える教室を援助しただけでなく(それによってより効率的に体を売れるわけだ)、当時韓国が熱望していた外貨を稼ぐことに対して、政府は役人を派遣して彼女らを賞賛させたと言う。

「彼らは私たちに、アメリカ兵相手に出来る限り稼ぐよう促したんだ。私たちのことを『ドルを稼ぐ愛国者と』と呼んでね」

学者達は、アメリカ軍は性感染症を恐れて基地周辺の通称キャンプ村の性売買を管理するようになったと言う。

いく人かの女性たちが口にした最もショッキングな非難の一つは、アメリカ軍の憲兵と韓国の役人が1960年代から1980年代にかけて、定期的に性病を媒介している女性たちを探してクラブを乗り込んで来ては、彼女達が売春宿から強制された番号札(これによって兵士たちは容易に自分のセックスパートナーを見分けることが出来る)を頼りに引っ立てて行ったということだ。

しかる後に韓国の警察は病気を疑われた売春婦を留置した。女性たちによると、通称「モンキーハウス」と呼ばれた窓に鉄格子の入った場所に閉じ込めて監視下に置いた。女性たちはそこで、病気が治癒するまで強制的に治療を施された。

謝罪と償いを求める女性たちは、幅広い同情を勝ちとった第二次世界大戦の際に日本によって売春を強制された、いわゆる「慰安婦」と呼ばれる人達に自分たちをなぞらえる。自分の意志であろうが、生きる為だろうが、騙されたのだろうが、自分たちはみな政府の政策の犠牲者だと女性たちは言う。

「政府がそのようなキャンプ村売春を支援することに積極的に関わったのかという事であれば、関与はあったのです。韓国政府もアメリカ軍も関与しているのです」と、1997年にこれらの女性の事を「Sex Among Allies」に書いたキャサリン・ムンは言う。

女性問題を担当する韓国の女性(家族)部は、元売春婦の批判にコメントすることを拒否している。「アメリカ軍は非合法な売春や人身売買を支持も容認もしていない」と曖昧な回答をよこした、在ソウルアメリカ軍司令部も同様だ。

ニューヨークタイムズは、アメリカ軍基地近くの売春宿で働いていた8人の女性にインタビューし、アメリカと韓国の文書を調べた。それらの資料は歴史の断片に過ぎないが、女性たちの主張の多くの部分にいくらかの裏づけを与えている。女性達は、その状況が数十年続いたと主張している。

ある意味、女性達の申し立ては驚くことではない。数十年に渡りアメリカ軍基地の周辺では、韓国では売春が非合法であるにも関わらず大目に見られていたのは周知の事実だったからだ。バーや売春宿は韓国のアメリカ軍基地の周辺道路に、それこそ世界中のアメリカ軍基地の周りがそうであるように、軒を並べていた。

しかし女性たちは、キャンプ村の売春に政府がどれほど深く関わっていたかについて、ほとんどの市民は知らないと言う。

女性たちは、2006年に、彼女らの申し立てに基づき、前政府の役人からいくらかの支援を受けた。アメリカ軍とのハイレベルな交渉に関わってきたKim Kee-joeは、テレビのインタビューに「我々は積極的に彼女らに売春するよう促したわけではないが、特に州(郡?)の役人は、国家にとって悪いことだとも言わなかった」と答えている。

国会の記録によると、少なくとも何人かの韓国のリーダー達は、売春を必要悪と見ていたようだ。1960年のあるやり取りの中では、二人の国会議員が政府に売春婦の補充を促している。その内の一人が、同盟国兵士の「自然の欲求」を満たしてドルを日本でなく韓国で使わせるよう促したのに対し、当時の内務副大臣(?)Lee Sung-wooは、政府が「売春婦の補充」とアメリカ兵の為の「レクリエーション・システム」に関して改善策を講じたと答弁している。

キム氏もムン女史も、性病のコントロールが米韓両政府の動機であったという元売春婦たちの言い分を支持している。彼らは、ニクソン大統領が1969年に在韓米軍の削減を言い出し、アメリカ軍の撤退について韓国人が心配し始めた頃から、政府の関与が顕著になったと言う。

「ゲスト達にキャンプ村で快適に過ごしてもらうことで、彼らが韓国から離れる気をなくさせようという構想でした」とキム氏は言う。

Wellesley 大学で教鞭をとるムン博士は、1970年代のアメリカ軍と韓国の役人の打ち合わせのメモが、両国が性病予防にどれだけ関わったかを示していると言う。メモ類には、性病に罹患した女性を隔離して治療を施すことを奨励する内容、売春婦を登録して医療証明証を携行させる為に韓国政府が払った努力、1976年に未登録やメディカル・チェックをサボった売春婦を米韓合同で取り締まった時の報告書が含まれている。

今日でもキャンプは存続しているが、韓国経済が上向くにつれ、フィリピン人女性が韓国人にとって代わりつつある。

多くの元売春婦は表社会から切り離され、キャンプ村に住むことによって疎外されている。殆どの女性は貧しく、その一部は海外に養子に出した混血の子供たちの思い出に心を悩ませている。

名字だけを条件に話してくれた71歳のJeonは、1956年当時彼女は18歳の戦争孤児で、空腹に駆られ北朝鮮との国境近くのキャンプ村Dongduchonにたどり着いた。1960年代に息子が生まれたが、子供の将来の為にはアメリカにやった方が良いと考え、13歳の時に養子に出した。

10年ほど前、今はアメリカ兵となった息子が訪ねて来たが、自分の事は忘れるよう伝えた。

「母親として失格だったもの」とJeonさんは言う。彼女は、生活保護とゴミから漁った小物を売ることで暮らしている。「私には、子供に頼る資格がないから」

「自分の人生を考えるにつけ、私のような女が韓米同盟の最大の犠牲者だと思う」と彼女は言う。「昔を振り返ると、私の体は私自身の物ではなく、政府やアメリカ軍の物だったような気がする」


Ex-Prostitutes Say South Korea and U.S. Enabled Sex Trade Near Bases

SEOUL, South Korea — South Korea has railed for years against the Japanese government’s waffling over how much responsibility it bears for one of the ugliest chapters in its wartime history: the enslavement of women from Korea and elsewhere to work in brothels serving Japan’s imperial army.

Jean Chung for The International Herald Tribune
Bae at 29. Now 80, she lives on welfare and uses an oxygen machine.
Now, a group of former prostitutes in South Korea have accused some of their country’s former leaders of a different kind of abuse: encouraging them to have sex with the American soldiers who protected South Korea from North Korea. They also accuse past South Korean governments, and the United States military, of taking a direct hand in the sex trade from the 1960s through the 1980s, working together to build a testing and treatment system to ensure that prostitutes were disease-free for American troops.

While the women have made no claims that they were coerced into prostitution by South Korean or American officials during those years, they accuse successive Korean governments of hypocrisy in calling for reparations from Japan while refusing to take a hard look at South Korea’s own history.

“Our government was one big pimp for the U.S. military,” one of the women, Kim Ae-ran, 58, said in a recent interview.

Scholars on the issue say that the South Korean government was motivated in part by fears that the American military would leave, and that it wanted to do whatever it could to prevent that.

But the women suggest that the government also viewed them as commodities to be used to shore up the country’s struggling economy in the decades after the Korean War. They say the government not only sponsored classes for them in basic English and etiquette — meant to help them sell themselves more effectively — but also sent bureaucrats to praise them for earning dollars when South Korea was desperate for foreign currency.

“They urged us to sell as much as possible to the G.I.’s, praising us as ‘dollar-earning patriots,’ ” Ms. Kim said.

The United States military, the scholars say, became involved in attempts to regulate the trade in so-called camp towns surrounding the bases because of worries about sexually transmitted diseases.

In one of the most incendiary claims, some women say that the American military police and South Korean officials regularly raided clubs from the 1960s through the 1980s looking for women who were thought to be spreading the diseases. They picked out the women using the number tags the women say the brothels forced them to wear so the soldiers could more easily identify their sex partners.

The Korean police would then detain the prostitutes who were thought to be ill, the women said, locking them up under guard in so-called monkey houses, where the windows had bars. There, the prostitutes were forced to take medications until they were well.

The women, who are seeking compensation and an apology, have compared themselves to the so-called comfort women who have won widespread public sympathy for being forced into prostitution by the Japanese during World War II. Whether prostitutes by choice, need or coercion, the women say, they were all victims of government policies.

“If the question is, was there active government complicity, support of such camp town prostitution, yes, by both the Korean governments and the U.S. military,” said Katharine H. S. Moon, a scholar who wrote about the women in her 1997 book, “Sex Among Allies.”

The South Korean Ministry of Gender Equality, which handles women’s issues, declined to comment on the former prostitutes’ accusations. So did the American military command in Seoul, which responded with a general statement saying that the military “does not condone or support the illegal activities of human trafficking and prostitution.”

The New York Times interviewed eight women who worked in brothels near American bases, and it reviewed South Korean and American documents. The documents do provide some support for many of the women’s claims, though most are snapshots in time. The women maintain that the practices occurred over decades.

In some sense, the women’s allegations are not surprising. It has been clear for decades that South Korea and the United States military tolerated prostitution near bases, even though selling sex is illegal in South Korea. Bars and brothels have long lined the streets of the neighborhoods surrounding American bases in South Korea, as is the case in the areas around military bases around the world.

ut the women say few of their fellow citizens know how deeply their government was involved in the trade in the camp towns.

The women received some support for their claims in 2006, from a former government official. In a television interview, the official, Kim Kee-joe, who was identified as having been a high-level liaison to the United States military, said, “Although we did not actively urge them to engage in prostitution, we, especially those from the county offices, did often tell them that it was not something bad for the country either.”

Transcripts of parliamentary hearings also suggest that at least some South Korean leaders viewed prostitution as something of a necessity. In one exchange in 1960, two lawmakers urged the government to train a supply of prostitutes to meet what one called the “natural needs” of allied soldiers and prevent them from spending their dollars in Japan instead of South Korea. The deputy home minister at the time, Lee Sung-woo, replied that the government had made some improvements in the “supply of prostitutes” and the “recreational system” for American troops.

Both Mr. Kim and Ms. Moon back the women’s assertions that the control of venereal disease was a driving factor for the two governments. They say the governments’ coordination became especially pronounced as Korean fears about an American pullout increased after President Richard M. Nixon announced plans in 1969 to reduce the number of American troops in South Korea.

“The idea was to create an environment where the guests were treated well in the camp towns to discourage them from leaving,” Mr. Kim said in the television interview.

Ms. Moon, a Wellesley College professor, said that the minutes of meetings between American military officials and Korean bureaucrats in the 1970s showed the lengths the two countries went to prevent epidemics. The minutes included recommendations to “isolate” women who were sick and ensure that they received treatment, government efforts to register prostitutes and require them to carry medical certification and a 1976 report about joint raids to apprehend prostitutes who were unregistered or failed to attend medical checkups.

These days, camp towns still exist, but as the Korean economy took off, women from the Philippines began replacing them.

Many former prostitutes live in the camp towns, isolated from mainstream society, which shuns them. Most are poor. Some are haunted by the memories of the mixed-race children they put up for adoption overseas.

Jeon, 71, who agreed to talk only if she was identified by just her surname, said she was an 18-year-old war orphan in 1956 when hunger drove her to Dongduchon, a camp town near the border with North Korea. She had a son in the 1960s, but she became convinced that he would have a better future in the United States and gave him up for adoption when he was 13.

About 10 years ago, her son, now an American soldier, returned to visit. She told him to forget her.

“I failed as a mother,” said Ms. Jeon, who lives on welfare checks and the little cash she earns selling items she picks from other people’s trash. “I have no right to depend on him now.”

“The more I think about my life, the more I think women like me were the biggest sacrifice for my country’s alliance with the Americans,” she said. “Looking back, I think my body was not mine, but the government’s and the U.S. military’s.”

0 件のコメント:

コメントを投稿