2012/09/06

[資料] 日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワークと橋下市長

論評はしない。参考資料として。日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワークによる橋下大阪市長に対する抗議の呼びかけ[1]と、公開質問状[2]

以下引用 (「慰安婦」決議に応え 今こそ解決を!

追記(9月14日): 2010年に大阪市議会が採択した慰安婦問題の解決を促す意見書に矛盾する発言があったとして橋下市長に説明を求めた日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワークだが、同じ大阪市議会が慰安婦問題は解決済みであるという新しい意見書を採択したと韓国のメディアが報じた


※1

橋下徹大阪市長による
日本軍「慰安婦」問題の事実わい曲・女性差別発言への抗議に
賛同をお願いいたします

橋下市長は、8月21日と24日の記者会見で、日本軍「慰安婦」問題について問題発言を行いました。
一つは、「慰安婦」被害者たちが訴えた裁判で認定されているにもかかわらず、「強制連行はなかった」と無責任に言い放ち、さまざまな調査を行った結果を根拠として作成され、歴代の首相が踏襲し、政府の公式立場になっている「河野談話」を否定し、見直すべきだと言ったことです。
二つ目は、日本軍「慰安婦」制度そのものについて、戦争状態であれば問題がないかのような、女性の人権侵害もはなはだしいことを言っています。

私たちは、これらの橋下市長発言をとうてい看過できません!!

すでに8月24日、橋下市長宛に公開質問状を届けました。
回答は、9月6日の予定です。

さらに、全国からの抗議の声を、橋下市長に届けましょう!!
下の抗議文に賛同をお願いいたします。

目標1万人の賛同者集めです。
2週間しかありませんので、ぜひまわりの方々に声がけをお願いいたします。

さあ、力を合わせましょう!!!

下の抗議文に賛同される方は、ぜひとも賛同署名にご協力下さい。

大阪市長 橋下徹 様

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

橋下市長による日本軍「慰安婦」問題の事実歪曲発言に抗議し、発言の撤回と被害者への謝罪を求めます  橋下徹大阪市長は8月21日および24日の記者会見において、日本軍「慰安婦」問題について発言しましたが、その内容は歴史的事実に反するばかりか、女性の人権をないがしろにする重大な問題を含んでおり、とうてい看過できません。直ちに発言を撤回し、日本軍「慰安婦」被害者に対して謝罪するよう求めます。  報道によれば、橋下市長は竹島問題をめぐる日韓関係の悪化の背景に「慰安婦」問題があるとし、「この問題に関する韓国との見解の違いは強制連行の事実なのか、『慰安婦』の存在自体の問題なのか」と持論を展開しました。そして、「強制連行が問題なら、軍に暴行脅迫を受けて連れてこられた証拠はない」「証拠があるなら(韓国に)出してもらいたい」と述べています。また、「『慰安婦』の存在そのものを問題にするのなら、戦争状態において『慰安婦』制度というのは、今から考えると倫理的に問題な制度なのか分からないけれども、当時の時代背景において、どうだったのかを議論しなければ」と発言しています。

■日本政府の公式立場である「河野談話」を否定する根拠を示してください!  被害者を再び傷つける発言を撤回し、被害者に謝罪してください!  

日本軍「慰安婦」問題についての日本政府の公式立場は、1993年の「河野官房長官談話」にもとづく「軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに荷担していたこともあった」というものです。「河野談話」は、当時の内閣官房外政審議室の調査結果に根拠を置いています。警察庁・防衛庁・法務省・外務省などの各省庁および、国立公文書館や国会図書館、米国国立公文書館などを調査対象とし、さらに被害者や元軍人らからの聞き取りに加え、歴史研究家などへも調査を行ったものです。従って、この談話は安倍元首相を含む歴代首相が踏襲し、長年日本政府の公式立場となってきました。橋下市長はこれについて疑念を呈したばかりか、具体的な根拠を示すことなく、「河野談話は見直すべきだ」「単に(「慰安婦」だった人の)証言があればいいというわけではない。その証言に信憑性があるかをあいまいにしたまま出した河野談話は最悪だ」とまで言い捨てています。  また、強制の証拠は韓国に求めるまでもありません。各国の被害者たちは日本政府の謝罪と賠償を求めて、日本の裁判所に10件の「慰安婦」訴訟を行なっています。すべて敗訴しましたが、8件で被害事実が認定されています。2004年12月の中国人「慰安婦」訴訟で、東京高裁は「日本軍構成員によって、駐屯地近くに住む中国人女性(少女も含む)を強制的に拉致・連行して強かんし、監禁状態にして連日強かんを繰り返す行為、いわゆる『慰安婦』状態にする事件があった」と認定しました。就労詐欺などによって「慰安所」に連れて行かれ、暴力をもって強かんされた被害者たちも、「強制」です。橋下市長の安易に政府の公的立場を否定し、被害者の証言や判決を無視する態度はとうてい弁護士資格を有する人の態度とは思えません。  「強制連行の証拠はない」という主張は、日本軍「慰安婦」の存在を否定したい人々の常套句です。その背景には、自ら募集に応じた「商行為」だったと言って被害者を貶め、日本政府の責任を回避しようという意図があります。市長はそうした発言を鵜呑みにせず、自ら日本軍「慰安婦」問題の歴史と事実にしっかりと目を向け、勉強してください。

■戦時下であっても、女性が性奴隷とされることを容認するような発言は女性差別の最たるものです!  

さらに、橋下市長は、「慰安婦」制度があったのは戦時下で、軍隊が行ったことをもって「日本だけか」と正当化するような発言をしています。「慰安婦」制度は紛れもなく当時の国際法に違反しており、日本の刑法にも違反する犯罪行為で、戦時下であっても決して許されることではありません。  1991年以降、アジア各国で「慰安婦」被害者が名のり出られ証言されましたが、日本政府は一貫して法的に解決済みという立場で、被害者の訴えを退けてきました。これに対し、国際社会からも解決を求める声があがっています。国連の人権委員会、社会権規約委員会、自由権委員会、女性差別撤廃委員会など様々な機関が日本政府に被害者への公的謝罪と賠償を求めています。2007年にはアメリカ下院議会を皮切りにオランダ、カナダ、欧州議会で「慰安婦」問題の解決を求める決議があがっています。いずれも背景にあるのは「日本軍『慰安婦』制度は女性に対する最大の人権侵害であり、戦時性暴力の象徴だ」という考え方であり、この問題の解決は世界の人々にとっても重要な関心事であるということです。  日本を含むアジア各国の多数の女性たちが、過酷な状況で自分の意に反して日本軍兵士の性のはけ口とされたことを、「戦時下だったから、倫理的に問題がない」とは、耳を疑う発言です。  言い換えれば、橋下市長の女性に対する人権意識はその程度のものだと言うことができ、そんな人を大阪市長にしているとは恥ずかしい限りです。

■大阪市会で採択された「意見書」に矛盾する発言に説明を求めます!  

こうした国際社会の声に押され、国内でも市民らによる地方自治体での「慰安婦」意見書を求める運動が拡がりました。大阪市においては2010年10月に、「日本軍慰安婦問題の早期解決に関する意見書」が採択され、「河野談話に矛盾しないよう、慰安婦問題の真相究明を行い、被害者の尊厳回復とともに、今なお存在する女性への暴力・人権侵害の解決に向け、誠実に対応されるよう強く要望する」との意見書を政府に提出しています。このたびの橋下市長の発言は、これに真っ向から反するもので、大阪市長として矛盾した対応であり、絶対容認できません。  以上、一刻も早い発言の撤回と謝罪を求めます。

<賛同団体> Ⅰ女性会議岡山、アジア女性資料センター、アジア労働運動研究所、アジェンダ・プロジェクト、アヒンサー 人に地球にやさしい社会をつくる会、「慰安婦」問題解決オール連帯ネットワーク、「慰安婦」問題の解決を求める北摂ネットワーク・茨木、「慰安婦」問題の解決を求める北摂ネットワーク・吹田、「慰安婦」問題の解決を求める北摂ネットワーク・豊中、「慰安婦」問題の解決を求める北摂ネットワーク・箕面、「慰安婦」問題を考える女たちの会・岡山、日本軍「慰安婦」問題を考える会・尼崎、「慰安婦」問題を考える会・神戸、いちはら市民ネットワーク、一般社団法人みもざの会、イマジン@せや、イラク判決を守る会、ウィメンズネット 旭川、NPO法人スクール・セクシュアル・ハラスメント防止全国ネットワーク、過去と現在を考えるネットワーク北海道 代表、川崎から日本軍「慰安婦」問題の解決を求める市民の会、関西合同労働組合 日本管検工業分会、旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委、旧日本軍による性的被害女性を支える会、教育合同労組・愛知、9プラス25改憲阻止市民の会・宝塚、キリスト者・九条の会北九州、KDMLフィルム・ソサイエティ、憲法9条―世界へ未来へ近畿地方連絡会、憲法9条-世界へ未来へ連絡会、公益財団法人日本キリスト教婦人矯風会、子どもたちの未来をそこねる教科書に反対!北九州ネットワーク、子どもと女性のためのカウンセリング・ルームWSM、子どもの人権と教科書の問題を考える新居浜の会、さくら・市民ネットワーク、小弥「君が代」処分を考える会・東京、JR東海労働組合 静岡地方本部、ジェンダーフリーネット茨木、市民ネットワークみはま、市民のひろば、首相靖国参拝「福岡判決」を活かす会、新日本婦人の会 滋賀県本部、セクシャルハラスメントと斗う労働組合ぱあぷる、戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会、戦時性暴力問題連絡協議会、戦争への道を許さない女たちの仙台の会、曽根九条の会、台湾の元「慰安婦」裁判を支援する会、男女平等をすすめる教育全国ネットワーク、東北アジア情報センター、時を見つめる会、特定非営利活動法人 在日外国人問題研究会、なかよし文庫、中崎クィアハウス、奈良 在日コリアン青年の会、21世紀を愉しむ会、日本AALA三鷹支部、日本貨物鉄道労働組合関西地方本部、日本キリスト教会 日本軍「慰安婦」問題と取り組む会、日本軍「慰安婦」被害女性と共に歩む大阪・神戸・阪神連絡会、日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会、日本キリスト教会 横浜長老教会 靖国神社問題委員会、日本基督教団西中国教区靖国神社問題特別委員会、日本軍「慰安婦」問題の解決のために行動する会・北九州、日本軍「慰安婦」問題の早期解決を求める請願実行委員会(京田辺市)、日本軍「慰安婦」 問題の早期解決を求めるネットワーク奈良、日本コリア協会・福岡、日本とコリアを結ぶ会(下関)、<ノーモア南京>名古屋の会、花こころ、早よつくろう!「慰安婦」問題解決法・ネットふくおか、反「入管法」運動関西交流会、ピースサイクル全国ネットワーク、フィリピン人元「従軍慰安婦」を支援する会、ふぇみん婦人民主クラブ、福岡スピーチクリニック、仏教徒非戦の会・福岡、部落解放同盟全国連合会 奈良・古市支部、ペイ・エクイティ・コンサルティング・オフィス(PECO)、平和憲法をひろげる兵庫県民会議、平和と民主主義をめざす全国交歓会、平和をつくる筑紫住民の会、「報道と女性」研究会、mind life mental care room、リブ・イン・ピース☆9+25  (9月5日現在) (HPでは賛同団体のみ公表しています)



※2
2012年8月24日

大阪市長 橋下徹 様

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

日本軍「慰安婦」問題についての見解に関する公開質問状

私たちは日本軍「慰安婦」問題の解決を求めて、全国の仲間とともに活動を進めている市民団体です。
橋下徹大阪市長は、8月21日の記者会見で「竹島」問題に関する見解を問われ、関連して「慰安婦」問題に言及しています。それに関して、事実に反するばかりか、女性の人権をないがしろにする看過できない重大な問題を含んでいると私たちは考え、以下質問するとともに、早急な謝罪と発言の撤回を求めるものです。回答は、一週間以内に文書にてお願いいたします。

(質問1) 日本軍「慰安婦」問題についての日本政府の公式立場は、1993年の「河野談話」にもとづく「軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに荷担していたこともあった」さらに「慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった」というものです。市長は「軍に暴行脅迫を受けて連れてこられたというその証拠がない」と発言されていますが、「河野談話」およびその根拠となった調査結果に異議を申し立てているということでいいのでしょうか。

(質問2) 大阪市は2010年10月に、日本軍「慰安婦」問題の早期解決に関する意見書を採択し、「河野談話に矛盾しないよう、慰安婦問題の真相究明を行い、被害者の尊厳回復とともに、今なお存在する女性への暴力・人権侵害の解決に向け、誠実に対応されるよう強く要望する」と、市議会の意見として政府に伝えたところです。このたびの発言は大阪市長として矛盾した内容ですが、その点についてどのように考えていますか。市議会へは、どのように説明しますか。

(質問3) 今回、市長は「慰安婦」制度について、「今から考えると非常に倫理的に問題な制度かもわからないけど、当時の時代背景において、どうだったのか」と語られています。「慰安婦」制度は当時においても国際法に違反しており、日本の刑法にも違反する犯罪行為でした。現在、国際社会からも「慰安婦」制度は女性に対する最大の人権侵害であるとして、日本政府に早期解決が求められています。日本を含むアジア各国の多数の被害女性たちが過酷な状況下で日本軍兵士の性のはけ口とされたことを、「戦時下だったから、倫理的に問題がない」と言っておられるのでしょうか。改めて、意見をお聞かせください。

(質問4) 市長は歴史教育の必要性を以前から強く主張されています。このたび、「自国にとって都合の悪いことを教えないという教育では、各国との論争もできない」とも言われています。しかし、「慰安婦」問題については、中学校の歴史教科書で年々記述が縮小され、昨年の検定によりあらゆる教科書から消されてしまったということを、ご存知でしょうか。これについて、見解をお聞かせください。

0 件のコメント:

コメントを投稿