2014/01/16

米下院 歳出法案で国務長官に慰安婦問題の解決促す


米下院 歳出法案で国務長官に慰安婦問題の解決促す

米下院が米国務長官に対し、2007年に下院が採択した慰安婦決議の順守を日本に働きかけるよう促した。

下院は15日(現地時間)の全体会議で、こうした内容を含む2014会計年度の包括的歳出法案を可決した。旧日本軍の慰安婦問題が米議会の正式法案に盛り込まれるのは初めて。

慰安婦に関する内容は国務省海外業務歳出法案の合同解説書のアジア・太平洋部分に記された。2007年7月30日の下院での慰安婦決議案(第121号)通過に注目するとし、日本政府がこの決議で提起された問題を解決するよう国務長官に働きかけを求めた。

法的な強制力がない報告書の形を取っているとはいえ、正式な法案に盛り込まれたという点で、米国務省の外交的な働きかけと日本政府に謝罪を迫る象徴的な効果がありそうだ。ワシントンの外交筋は「慰安婦問題の解決における意味と象徴性は非常に大きい。人類の普遍的な価値である人権問題を解決しようとする米議会の明確なビジョンが反映されたと評価される」と話した。

下院に続き上院も週内に包括的歳出法案を可決する可能性が高いとみられている。可決されれば大統領の署名を経て成立する。

2007年に日系のマイク・ホンダ議員の主導で下院を通過した慰安婦決議は、第2次世界大戦当時の旧日本軍による慰安婦強制に対し日本政府の正式な謝罪を求めている。

聨合ニュース 2014.1.16 
「旧日本軍による慰安婦強制」・・・?

韓国の聯合ニュースは16日、米下院が15日可決した2014会計年度の歳出法案に、日本政府が従軍慰安婦問題に対応するよう促すことを国務長官に求めた報告書が付けられたと報じた。

法的拘束力はないといい、聯合は「国務省の外交努力と日本政府の謝罪へ圧力を加える象徴的な効果が大きい」としている。韓国外務省報道官は16日の記者会見で、この報道について「日本が行った女性の人権侵害を国際社会がどう見ているかが改めて明確になった」と述べた。

報告書は、国務省の歳出法案の解説書に付帯されている。下院が07年に採択した慰安婦問題に関する日本政府への謝罪要求決議の内容を日本に順守させるため、国務長官に努力を求めているという。

時事 2014.1.16
http://www.peeep.us/22be95eb

マイク・ホンダが主導と産経。

慰安婦問題の正式謝罪要請 米歳出法案に盛り込まれる 背景に中韓ロビー活発化

米下院が15日に可決した2014会計年度の歳出法案に、「解説書」という形で、慰安婦問題に対する正式な謝罪を日本政府に働きかけるよう求める項目が盛り込まれた。

 中国、韓国系団体のロビー活動を背景に日系のマイク・ホンダ議員が主導したもので、カリフォルニア州での新たな「慰安婦」碑設置や、バージニア州における教科書への「東海」併記の動きと合わせ、日本の巻き返し戦略が改めて問われている。

 法案に盛り込まれた解説書は、2007年にホンダ議員の主導で下院で可決された、慰安婦問題に関する対日非難決議の履行を日本に働きかけるよう、国務長官に促す内容。07年の決議は、「河野談話」をふまえて正式な謝罪を求めている。

 解説書に法的拘束力はないが、今回、法案に実質的に中韓の主張と意向が反映される結果となったことは、河野談話が「負の遺産」として影響し続けていることを示している。また、官民挙げての中韓の組織的なロビー活動が勢いを増していることの証左でもある。

産経 2014.1.16

4 件のコメント:

  1. http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/17/2014011700845.html
    韓国メディアは大喜びですね。
    ところが、マイク・ホンダは高齢もあり秋の選挙は危ない状況なので
    必死にしがみついたってのが現状でしょう。
    いわゆる慰安婦問題は河野・村山談話で決着させたつもりが
    韓国が蒸し返しを繰り返し二十数年たち、もう日本国民の大半が
    韓国に見切りをつけているとどのメディアの世論調査でも同じ結果。
    2007年の時はダニエル・イノウエ上院議員は、日本は既に
    謝罪済みと反対した法案を蒸し返したのがマイク・ホンダ。
    ダニエル・イノウエ議員が亡くなったのをいいことに

    ソース:ヘラルド経済(韓国語) ‘
    米慰安婦決議案’ホンダ議員、地方区守成赤信号
    http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20140104000011
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1388817996/
    2007年、米国連邦下院の「日本従軍慰安婦決議案」採択に
    主導的な役割を果たし、韓国国民に格別に身近な日系3世
    マイク・ホンダ(民主・72)議員は今年11月の中間選挙で復活できるか。

    米国政治専門紙ポリティコは2日、ホンダ議員が属する
    カリフォルニア州17選挙区を今年の中間選挙で注目すべき
    下院地方区10カ所の中で最初の関心地域に選定した。
    ポリティコは議会では豊かな田舎のお爺さんのような印象で
    温和さを誇るホンダ議員がこの前までは8選確保が
    難しくないと見なされていたが、今は状況が変わったと分析した。

    特に党内で強力な挑戦者が明らかになったと伝えた。
    今年37才の若い弁護士、ロー・カンナ(RoKhanna)がシリコンバレー
    企業家の支援を背景にホンダ議員を脅かしているという。
    カンナ弁護士を支持するグループにはフェイスブック草創期の
    社長を歴任したショーン・パーカーやヤフーの最高経営者(CEO)
    マリッサ・メイヤー、フェイスブック最高運営責任者(COO)
    シェリル・サンドバーグなどがいる。
    もちろんホンダ議員はバラク・オバマ大統領やナンシー・ペロシ
    下院民主党院内代表などの支持と労組勢力の後援を受けているが、
    カンナの存在が大きな負担になっている。
    特にカリフォルニア州が新しく導入した‘ジャングル・プライマリ’
    選挙戦規定が変数になっている。
    この制度の下では民主党はもちろん、共和党、無所属を問わず
    誰でも出馬して50%以上を得票すれば本選挙なしに当選可能だ。
    しかし、50%以上の得票者がない場合は最高得票者と次点者が
    本選挙に進出して優劣をつける。
    従って同じ党の所属でもホンダ議員とカンナ弁護士は党内競争はもちろん、
    本戦にも並んで出馬し激しい競争を行う可能性が大きくなった。

    返信削除
    返信
    1. ホンダ議員が本当に危ないのか、危機感を煽っているのか・・・。

      削除
  2. 膨大な法案に紛れ込んだ「慰安婦」記述、日本側察知できず
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/17/2014011700845_2.html

    >在米日本大使館が反対の働き掛けを強め、決議案採択に向けた作業が行き詰まった。このため、ホンダ議員は歳出法案に慰安婦に関する内容をそっと含めることにした。歳出法案は内容が膨大なので、細かい項目を把握することが困難だ。


    しかしこれは、
    「正攻法では駄目だから皆に分からないようにそっと忍ばせたぜ!」

    「慰安婦問題はドサクサに紛れないと米国では正式な文書に載らないのだ」
    と、言ってるようなものではないだろうか。。。

    返信削除