2011/12/18

慰安婦像 公明党の見解



3日前のニュースだが、公明党の立場を知る資料として・・・。全国で採択が相次いでいる「慰安婦問題解決の為の意見書」の採択運動を展開しているグループは、公明党を狙って説得工作を行なっていると聞く。

公明 韓国の銅像に冷静対処を

公明党の山口代表は、記者会見で、いわゆる従軍慰安婦の問題を象徴する銅像がソウルの日本大使館の前に設置されたことについて、韓国の国内問題だとして、事態の推移を見守り冷静に対処すべきだという考えを示しました。
この中で公明党の山口代表は、いわゆる従軍慰安婦の問題について「基本的には日韓基本条約によって解決済みというのが日本政府の立場だ。国際法上も、この条約の効力が尊重されている」と述べました。そのうえで、この問題を象徴する銅像がソウルの日本大使館の前に設置されたことについて、「『賠償請求権について日本と交渉しないのは憲法違反』という憲法裁判所の判断も影響しているようだが、これは韓国の司法と政府の問題だ。われわれが干渉するようなことは申し上げない。いずれにしても日韓関係は過去の歴史を正しく認識して共有する努力が重要だ」と述べ、事態の推移を見守り、冷静に対処すべきだという考えを示しました。(以下略)

NHK 2011.12.15

0 件のコメント:

コメントを投稿