2011/12/20

ふてぶてしい日本--韓国メディア



韓国メディア、大統領支持=野田首相との会談を報道

従軍慰安婦問題で李明博大統領が野田佳彦首相に政治決断を強く求めた18日の京都での日韓首脳会談について、19日付の韓国各紙は「MB(李大統領)京都で憤怒」(中央日報1面トップ)などと大きく報じた。
東亜日報の社説は「韓国と日本は自由民主主義と市場経済の価値を共有している」と前置きした上で、「このような国同士が歴史問題で摩擦が生じるのは残念だが、日本帝国主義が犯した反人道的犯罪を解決しなければ、真の友好関係を構築するのは難しい」と主張した。
保守系紙に加え、普段、李大統領に批判的な左派系紙も「決心した韓国、ふてぶてしい日本」(ソウル新聞)「韓日首脳、全面衝突」(京郷新聞)などの見出しを掲げ、李大統領を支持した。 
ソウル新聞は、大統領が日本との慰安婦問題のほか、中国と漁船船長の海洋警察官刺殺事件を抱えていると指摘。「国内問題よりも外交で高い点数を上げてきた李大統領だが、任期終盤に改めて外交力を問われている」と論じた。

時事 2011.12.19

0 件のコメント:

コメントを投稿