2011/12/01

慰安婦の帰還


挺対協は、「日本軍性奴隷」を独立有功者並、あるいはそれ以上の国家的アイコンに仕立て上げた。これも一種のショーとしての一面もあるのだろう。ノ・スボクの訃報についてはコチラを。タイで亡くなった韓国人元慰安婦の遺体が祖国に帰還する。

タイで死亡した元慰安婦女性の遺体、韓国に戻る

日本軍の慰安婦として連行され、他郷で生涯を送った故ノ・スボクさん(写真)の遺体が、韓国で永眠することになった。

韓国挺身隊問題対策協議会は「90歳のノ・スボクさんが4日に老患で死亡した」とし「30日にノ・スボクさんの遺体を韓国に迎えることにした」と28日、明らかにした。

ノさんは21歳だった1942年、釜山(プサン)影島(ヨンド)橋付近で洗濯をしていたところ、日本軍に連行され、シンガポールやタイなどで慰安婦生活をした。日本の敗戦後、マレーシアの国連軍捕虜収容所に入り、タイに定着した。

ノさんは84年、タイの韓国大使館を通して韓国の家族を捜してほしいと要請した。

0 件のコメント:

コメントを投稿