2011/12/14

ポスター・ギャラリー (2) アムネスティ




これは最近のもの。韓国の政治団体などの働きかけを受け、アムネスティもこの問題に熱心である。ただし、韓国人は自国の軍隊にも慰安所があった事については絶対に触れないのだろう、欧米人一般に言えることだが、日本語もハングルも読めない彼らは聞かされた以上のことは知らない。もっとも、アムネスティ・ジャパンの関係者(日本人)も様々な慰安婦支援活動に関わっている(それ自体は悪いことではないが)。

彼らは日本の総理大臣宛てに以下のような手紙を送ろうと呼びかけていたこともあった。

女性に対する暴力を止めようと訴えるのも大切だが、特定の国・民族に対するヘイトを煽る人々を制止するのも貴方たちの役目ではないのか?


写真の女性たちをはじめとする、多くの女性たちが軍の性奴隷として召集され、第二次大戦後60 年以上経た今も正義を待ち続けています。
2007 年、米国、オランダ、カナダそしてEU 加盟の27 カ国は、この問題に緊急に対処するよう求める決議案を採択しました。決議案は日本政府が彼女たちに犯した罪を公に、明確かつ正式に謝罪することによって、こうした女性たちの尊厳を回復することを要求したものです。
私は日本政府に対して、以下の通りこの世界的な正義を求める声に応えるよう要請します。

・これらの女性たちがこうむった苦しみを認めて、「慰安婦制度」に対する責任を全面的に認め、十分に謝罪すること

・これらの女性たちに、日本の教科書に性奴隷制度についての正確な記述をすることを含む適切な経済的補償と名誉回復の措置をとること


ちなみにアムネスティのサイトの解説では、「1932年から第2次世界大戦中、8万から20万人と推定されるアジア太平洋各地の女性たちが旧日本軍により、強制的に性奴隷として働かされ、何年間も強かんと虐待の日々に耐え続けてきました」ということになっている。招集(徴用?)された数万人規模の女性を強姦する場所が慰安所であったという認識である。・・・では、米軍用の慰安所についても同じなのだろうか?・・・それについては触れていない。

0 件のコメント:

コメントを投稿