2011/12/17

ナヌムの家国際チームの展示会



とにかく、韓国の憲法裁判所と慰安婦像のせいでニュースの量が半端ない。このエントリーも後回しにしている間に展示会の期限が来てしまった。

韓国では国を上げて日本軍慰安婦問題を国際化させようとしている。その為にナヌムの家でも積極的に外国人をボランティアに迎えている。彼らはここで「正しい日韓史」を知り、同志としてグランマァ(お婆ちゃん/ハルモニ)の正義の為に闘ってくれている。そんな外国人の有志たち(The House of Sharing's International Outreach Team)が展示会を開いた。

フェイスブックの公式ページには、284名が参加予定となっている。写真家のレイチェク氏も参加したようだ。

The House of Sharing’s International Outreach Team is organizing a multi-media art exhibition dealing with issues of sexual slavery, human trafficking, and violence and oppression against women. The exhibition will take place from December 10th (Sat) to the 16th (Fri) at Cafe Anthracite (near Sangsu station, line 6).

We will be exhibiting works made by the grandmothers themselves as well as works from artists around the world. We have acoustic performances at opening/closing night and after 1,000th Wednesday Protest. We also have a film screening and workshops throughout the week as well. (Please refer to the attached poster and program schedule)

0 件のコメント:

コメントを投稿