2012/10/18

引揚者の母は嘘と言う。でもハルモニが証拠

母親は事実を語っていたのに・・・

涙を流して韓国人に恩返しをしたいと言っていた引揚者の母親ですら嘘だと言うのに、当時3歳だった彼女は慰安婦の強制連行(拉致)を信じて疑わない。なぜなら、ハルモニという生きた証拠がいるからだ。

しかし、「恥ずかしい歴史をきちんと教えない日本の教育は問題」「自身も...慰安婦問題を教えたことはない...自分にもよく分からなかったからだ」

「日本政府は...『北朝鮮は横田めぐみさんを拉致した』と興奮して言うことはあっても、元慰安婦たちに『拉致した』という表現は使わない」

なぜ日本政府は朝鮮人慰安婦を拉致(強制連行)したと認めないのか。それは母親が言ったように事実ではないからである。彼女は赤の他人ではなく、亡き母の言葉を信じるべきだった。

「日本政府と極右の人物たちが慰安婦の存在を否定するのが恥ずかしいと語った」「ナヌムの家のおばあさんたちこそ、まさにその証拠」

いい加減にして欲しいと思うが、同レベルでも国会議員でないだけマシか。

7年ということは、内紛でナヌムの家を追い出された村山一兵より古参ということか。

慰安婦:7年間「ナヌムの家」で世話する日本人女性

ナガマ・カズコさん(70)=音訳=は1942年、ソウル市竜山区青坡洞で生まれ、元山(現在は北朝鮮)の近くで暮らしていた。父親が韓半島(朝鮮半島)で体育教師をしていたからだ。ナガマさんが3歳だった45年、日本は敗戦した。ナガマさん一家6人は日本に引き揚げようとしたが、誰も寝る場所を貸してくれなかった。一家は、ロシア兵に捕まり殺される危険を、かろうじて逃れた。

 このとき、25歳の韓国人青年が一家を救ってくれた。日本人に激怒していた周りの人々を説得し、下関まで行く船便を教えてくれたが、特に見返りを求めることはなかった。たった3歳だったナガマさんがこうした経緯を詳細に覚えているのは、母親が「恩返ししたくてももうその青年は見つけられない」と毎日のように涙していたからだ。そんな母親も、テレビに従軍慰安婦の話が出ると「うそだ。実際にあんなことが起きるわけがない」とナガマさんにささやいていた

 認知症を患っていた母親が息を引き取ると、ナガマさんは元慰安婦たちが暮らす「ナヌムの家」(京畿道広州市)に向かった。2004年10月、ナガマさんが62歳になった年のことだった。「私の家族を救ってくれた韓国をありがたく思ったし、元慰安婦の皆さんに申し訳なくて…」という気持ちからだ。

 初対面は衝撃的だった。ナガマさんは「皆さん、日本軍がしたことを覚えていて怖かった。私が日本人だから感じる罪悪感だったと思う。一緒に食事をしているときに涙が込み上げてきた」と話す。元慰安婦たちは日本に帰るナガマさんに「気を付けて行きなさい。そしてきっともう一度来るんだよ」と言って手を振った。

それから7年間、ナガマさんは毎年、ナヌムの家を訪れている。日本に帰ってからも休むことはない。慰安婦関連の討論会を開き、周囲の人々にナヌムの家がどんな場所かを伝えることもある。日本軍からいろいろとつらい目に遭わされた元慰安婦たちは、最初はナガマさんを見て「あの子(日本人)は何でここに来てこんなことをしているのか。来るなと言ってよ」と話していたが、黙々と雑務をするナガマさんを見るうちに、今では「妹のよう」「家族のよう」と話すようになった。

 16日午前、ナヌムの家で会ったナガマさんは、腰を曲げながらも元慰安婦たちを支え、部屋を掃除していた。そして日本語ができるペ・チュンヒさん(89)と一緒に日本の昔の歌を歌った。

 東京で約30年間、小学校教師をしていたナガマさんは「恥ずかしい歴史をきちんと教えない日本の教育は問題」と語った。自身も児童たちに日の丸と君が代の意味を教えたことはあっても、慰安婦問題を教えたことはないという。教師である自分にもよく分からなかったからだ。ナガマさんは、日本人の約80%は慰安婦が正確にどういう意味なのか分からない、と話した。そして「拉致という言葉は強制的に連れていくという意味だが、日本政府はこの言葉をきちんと理解できていない。『北朝鮮は横田めぐみさんを拉致した』と興奮して言うことはあっても、元慰安婦たちに『拉致した』という表現は使わない」と批判した。

 ナガマさんは日本政府と極右の人物たちが慰安婦の存在を否定するのが恥ずかしいと語った。「慰安婦が強制だったという証拠を出せと政治家は言う。ナヌムの家のおばあさんたちこそ、まさにその証拠

京畿道広州= キム・ヒョンウォン記者

朝鮮日報 2010.1017  

8 件のコメント:

  1. おいおい、事実じゃないことを教えないのは当たり前じゃないの。お母さんの言葉が信じられないのか?やっぱ日教組の洗脳だな。

    返信削除
    返信
    1. お母さんこそ生き証人だったんですけどね。

      削除
  2. 韓国の報道を見ていると、被害者の証言が唯一の証拠でも有罪にできるのは当然という論調が目立ちますが、「被告が日本人なら」という条件がついての話なのでしょうか。

    「被告が日本人なら証拠がなくても有罪にできる。」という論調もまま見かけますが、韓国の刑法ではどうなっているのでしょうか。

    韓国の司法制度は、伊藤博文が梅謙次郎を連れて行って近代化したはずですが、日程残滓を整理した時に、昔の拷問と賄賂の制度に戻してしまったのでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 元慰安婦は特別な存在になっていて、彼女たちの証言に反することを言えば、社会的地位のある韓国人でさえバッシングを免れないようです。

      削除
  3. 結局は、彼らが恥じる日帝支配36年だけが、かの国が国家として国民をも盛る意思があったということ。
    李氏朝鮮の伝統に戻ってしまったいま、制度をいかにしようとも、魂が堕落したままなので救いようがない。

    返信削除
    返信
    1. 日本がいちいち相手にしたから、こんな事になってしまった、という側面もあるでしょうね。

      削除
  4. 日本が正攻法で臨むのとは別に、文化的な差異について淡々と語る必要があるかもしれないですね。ソウル特別市(全人口の半数以上が居住)の女子の93%が、整形をしていると言う数字が出たそうです。理由は、就学や就職の競争率の高さなのですが、こうなると文化の違いとしか言いようがありません。どちらが良い悪いではなくて、違いを認識するところから始めないと平行線が続く可能性があります。

    韓国に妙に肩入れをしている米議員や活動家は、韓国の実態をどれだけ知っているのかきわめて疑問です。

    返信削除
    返信
    1. 私も正攻法だけでは駄目だと思うのですが、韓国の社会問題をあまりストレートに訴えると、悪口のように受け取られる恐れがあると懸念しています。

      削除