2012/10/07

外国人活動家に利用される写真家とフェミニスト

韓国の政治運動は常に日本人に助けられている

アン・セホンは韓国挺身隊研究所の関係者だから、普通の写真家より政治色が強い。あまり安易に表現の自由を絡めるのはどうかと思う。例えば嫌韓をテーマにした写真展をニコンサロンが拒否しても、石丸次郎は「悪法もまた法なり」を貫くのだろうか?

韓国の慰安婦支援団体は「女性の人権」を旗印にすることで、日本人女性を味方に引きこんだし、アン・セホンは「表現の自由」を訴えることで日本の同業者を味方につけた

こういう日本人は、外国の政治運動に巧く利用されているのではないか。

石丸は、例えば朝鮮戦争の慰安婦や、キム・グラ騒動についてアンと話し合ったことはあるのだろうか?赤旗の記事を見ても分かるように、(石丸は知るまいが)アンはダブルスタンダードを使っている。



元慰安婦写真展の中止巡りニコンに抗議

9月に大阪・梅田のニコンサロンで開催予定だった元日本軍「慰安婦」の写真展が中止になった問題で、企画者の韓国人写真家、安世鴻(アンセホン)さん(41)が5日、大阪市役所で会見し、会場使用を認めなかったニコンに謝罪と再発防止を求めた。その後、同サロンを訪れて抗議文を提出した。

東京のニコンサロンでの写真展も一時中止されたが、使用を認めるよう命じた東京地裁の仮処分決定を受けて6~7月に開催。だがその際も「過度の警備で観客の人権を侵害し、監視などで妨害した」と主張。「世界的メーカーが表現の自由を抑圧し、人々を失望させている」と訴え、近く損害賠償を求めて東京地裁に提訴すると話した。

写真家ら87人も連名で抗議声明を出した。呼びかけ人代表で会見に同席したジャーナリスト石丸次郎さん(50)は「強圧的な抗議を受けてイベントを中止したり自主規制したりする流れが続いている。この風潮を止めなければ」と話した。

朝日 2012.10.6

「今後また戦争が起これば新しい『慰安婦』制度が生まれるのではないか」と日本人に憂慮して見せるアン・セホンは、自国(韓国)にもまた慰安婦がいたという事実には触れない。

「慰安婦」写真展大阪で

ニコンに抗議こめ開催

多くの人に知ってほしい

戦後、旧日本軍によって中国に置き去りにされた朝鮮人「慰安婦」の写真展が11日から16日まで、大阪市中央区のギャラリーで開かれます。

韓国人写真家・安世鴻(アン・セホン)さん(41)が2001~05年にかけて中国各地で12人のハルモニ(おばあさん)を取材し、そのなかから約40点を展示する予定です。

同写真展は、6月に東京、9月に大阪のニコンサロンで開催することが決まっていましたが、ニコンサロン側は一部の抗議をうけて「政治活動の一環だ」と開催を中止。安さんが会場使用を認める仮処分を裁判所に申し立て、裁判所が「政治性をもっていたとしてもニコンサロンの使用規定にある『写真文化の向上』という目的にもあっている」と判断したことを受け、東京会場では予定通り開催されました。しかし大阪のサロンでの開催は中止にしたままのため、大阪での写真展は抗議の意をこめて開くものです。

安さんは5日、大阪市役所内で記者会見し、「こういう女性たちがいたということを多くの人に知ってほしい。それを認識しないと今後また戦争が起これば新しい『慰安婦』制度が生まれるのではないか。そうなってはならないと思っています」と述べました。ニコンに対しては近く、損害賠償請求訴訟を起こすといいます。

会見後、「慰安婦」の「強制連行の証拠がない」とする橋下徹市長あてに写真展への招待状を届けました。

会場は、大阪市中央区の「****ギャラリー」(地下鉄「心斎橋」駅徒歩1分、*****が入っているビル)。午前11時~午後7時(最終日は午後5時まで)。問い合わせは080(****)2425(「重重プロジェクト」)まで。

赤旗 2012.10.6


表現の自由となると揺るがせにできない日本人カメラマンたち(カメラマン宇田有三のツイート)。

他にも女性の人権と聞けば黙っていられない日本のフェミニストたち、和解や友好と言えば馳せ参じてくれる良心的日本人。アピールの仕方さえ間違えなければ(天皇批判などはタブー)、日本で協力者を得るのは容易く、活動も簡単である。日本人はこれが一方的な愛であっても気にしない。これは北朝鮮と韓国の関係にも言えることかもしれない。

3 件のコメント:

  1. 日本は敗戦国として、日本の民間人が受けてきた被害について口を閉ざしてきました。限定的に広島と長崎の原爆被害を除いては。
    そのため、戦勝国や中国、韓国には敗戦国である日本がが受けた悲惨な被害について知らなさ過ぎます。もちろんこれは、静かにしてきた日本の責任でもあるのかもしれないし、戦勝国に対する過剰な遠慮があったのだと思います。

    しかし、そのために、戦勝国なら何をやっても許されるという風潮が第2次世界大戦後ずっと続いてきました。愛国無罪の戦勝国バージョンです。アンさんは、日本人が朝鮮半島で受けた暴行についておそらく知らないのだと思います。身近に引き揚げ者が居た日本人ならば分かると思いますが、日本は中国大陸でも朝鮮半島でも悲惨な目にあってきました。サンさんのお勧めしたい図書の一つが、
    So Far from the Bamboo Grove by Yoko Kawashima Watkins です。

    返信削除
  2. 先ほど名前が落ちていました。風です。
    下から2行目の誤植はサンさんではなくて、アンさんでした。補足ですが、日本は戦後、hateで生きる道を選択せず前に進みました。これは正しかったと思います。今でも基本的にはそれで正しいと思っています。しかし、敗戦国であろうが、広島・長崎以外の事実も場合によっては、伝える必要はあるのだなと思うようになしました。日本は原爆を落とされたこと以外は無傷だったと信じている人が大半ですね。

    返信削除
    返信
    1. So Far from the Bamboo Grove by Yoko Kawashima Watkinsは、韓国系が歪曲本としてアメリカで騒いだ本でしたね。

      私も日本がhateを選択しなかったことは正しかったと思います(進駐軍がそれを許さなかったという面もありましょうが)。しかし、東南アジア諸国も日本に対するヘイトを放棄してくれました。中国も一時期まではそうだったのではないでしょうか。そういったことも忘れないようにしたいと思います。

      >日本は原爆を落とされたこと以外は無傷だったと信じている人が大半ですね。

      火垂るの墓を見た孫娘が元軍人である祖父と口をきかなくなったというエピソードを聞いたことがあります。一過性の微笑ましいエピソードでしょうが・・・。押し付けはいけませんが、空襲などの話も語り伝えられるべきだと思います。

      削除