2012/10/09

写真で見る水曜デモ8 記者会見という建前


これのどこが記者会見か?


これは昨年12月に行われた記念すべき1000回目の水曜デモの様子[要確認]。半径100メートル以内でのデモが禁止されているはずの外国大使館前がこの有様。日本大使館の正面の道路が人で塞がれてしまっている。韓国政府もデモではなく記者会見(!)という建前で黙認。驚くことに、これに呼応して日本でも日本人支援者らによる外務省包囲デモンストレーション[bu-jpn]が行われた。
.

4 件のコメント:

  1. >驚くことに、

    いえ、驚くには値しません。外務省を取り囲んだ連中はのぼりを立てていました。生協だのキリスト教団体だの、慰安婦博物館に寄付をしたのと同類のグループと見受けました。

    マスコミは報じなかったけど、外務省の反対側のカウンターデモ隊のほうが人数が多かったと思う。私はカウンターのほうにいて、仲間がテレ朝の取材に応じ、かなり長くしゃべったのに全部無視。その代わりにカウンター側にいたグループが外務省側へ行こうとして警備の人ともめる場面を放送していました。こうやって印象操作をしているんですね。

    返信削除
    返信
    1. そうですか。当日あの場にいらっしゃったんですか。私は外務省側で取材(?)してましたが、もしかしたら、どこかですれ違ったかもしれませんね。

      削除
  2. なぜ大使館の活動を阻害する行為に対し、日本政府はきちんと抗議をしないのでしょうか。

    河野談話を認めるとしても、日本政府はこれ以上国民の税金でこの問題の補償をやるわけにはいかないことは明らかであり、ICJで韓国政府と徹底的に議論して日本政府がこの種の脅迫を受けるいわれがないことを韓国国民の目の前に明らかにするべきです。

    返信削除
    返信
    1. 産経新聞によると、時に業務の妨げになるほど喧しく、大使館員が注意しても止めないそうです。

      削除