2013/11/10

朝鮮日報東京特派員 「維新、慰安婦の存在否定するPT立ち上げへ」


チャ・ハクポン記者も日本に滞在するようになってだいぶ経つのだから、いい加減「慰安婦の存在を否定するため」などといった妄言を止めないと、人間性を疑われるぞ。

慰安婦:維新の会、「河野談話」検証PT結成へ

旧日本軍による従軍慰安婦の強制動員をめぐって問題発言を繰り返している橋下徹・大阪市長が代表を務める日本維新の会が、慰安婦の存在を否定するための「歴史問題検証プロジェクト・チーム(PT)」を設置することとした。産経新聞が8日報じたところによると、歴史問題検証チームは慰安婦の強制動員に関する歴史的事実を調査し、3カ月以内に報告書を作成する方針だという。日本維新の会が検証チームを作るのは、慰安婦の強制性を認めて謝罪した「河野談話」を修正するためだ。

 一方日本政府は、独島(日本名:竹島)を竹島と単独表記していないことを理由に、グーグルの地図サービス「グーグルマップ」が「グッドデザイン賞」を受けることに反対した、と朝日新聞が報じた。グーグルマップは、一般人の投票などでグッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)の候補になった。しかし経済産業省が受賞に反対したため、大賞は「該当なし」に終わった。

東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員


産経の報道。

「河野談話」PT設立 維新発表、座長に中山元文科相

日本維新の会の片山虎之助国会議員団政調会長は7日、記者会見し、「歴史問題検証プロジェクト・チーム(PT)」を発足させると発表した。歴史認識問題に関し「何が真実かを検証し、国民に周知する」のが狙い。慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」が念頭にあり、安倍晋三首相に対し、談話の見直しを促すことを視野に入れる。

座長は「慰安婦問題は捏造(ねつぞう)」と主張してきた中山成彬元文部科学相が務める。今月中に第1回会合を開き、来年2月に報告書を取りまとめる。

維新は河野談話の根拠となった韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査がずさんだった事実を重く見ており、有識者からの聞き取りのほか、現地調査も行う方針だ。

橋下徹共同代表(大阪市長)の慰安婦発言が蒸し返されるとしてPT発足に慎重な意見もあったが、「正面突破が国益につながる」(党幹部)と判断した。

産経 2013.11.8



維新、従軍慰安婦問題の検証チーム設置へ

日本維新の会は14日、いわゆる従軍慰安婦問題を検証する「歴史問題検証プロジェクトチーム」(座長=中山成彬・元国土交通相)の設置に向けた準備会合を開いた。

 橋下共同代表の慰安婦を巡る発言で党勢が失速したこともあり、「慰安婦問題に関する正しい認識を発信して名誉挽回を図る」(幹部)狙いがある。慰安婦への「おわびと反省」を表明した1993年の河野洋平官房長官談話の内容などについて、有識者から意見を聞き、来年2月をめどに報告書をまとめる予定だ。

読売 2013.11.15

2 件のコメント:

  1. 維新 応援します。

    返信削除
    返信
    1. この問題で、橋下代表には初志を貫徹してもらいたいです。

      削除